« 虚構新聞をユーモアと考えず事実と誤解するヒトは、少しばかりオツムが毀れているのでは? | トップページ | 名護市長選挙の結果 予想どおりとはいえ真に厄介な事になった! 辺野古の分離を進めよう! »

2014/01/19

日韓海底トンネルなんて、日本には「百害あって一利なし」建設決議の対馬市議会は狂ったか!

日本の辺境は狂い始めている。
まず辺境はだいたい狂っているのだけれど。
対馬の土地を買い占める韓国資本という話が報じられ警告されてから久しい。

韓国資本が買い占めている土地が、自衛隊駐屯地の隣接地である事も詳しく報じられているが、売ってしまう対馬の愚衆にも問題があるが、手を拱くだけで何もしない日本国政府の無能は目に余るものがある。

その姿勢にも呆然とするが、対馬の市議会というのものは殆ど「狂っている」としか言いようがない。何で「日韓海底トンネル」建設だ!?
バカか?本当にバカに付ける薬はないと言うが、本当にバカに付ける薬は無さそうだ。

こんな自治体は潰してしまえ!
それは言い過ぎだろうと言われるなら、日本国政府は「国境の島」「辺境を守る」政策を打ち立てなければならない。
併せて、その地域に棲まいする者は「国境を守る」高い意識を持てと教導する事が求められる。

文鮮明などという「キィ~印」のドアホが唱えた、
「世界基督統一神霊協会」などという胡散臭いクソドモに土地を買い占められ、あるいは進んで売り渡す。
対馬の愚衆ドモは腐っている。腐りきっている。土地を売った者(元の所有者)を公表し国を挙げて糾弾する必要がある。

引用開始→【島が危ない 第1部・再び対馬を行く(1)上
日韓海底トンネル構想 進む土地買収 根を張る「韓国」
(産経MSN2014.1.19 08:41)

長崎県対馬市で、自衛隊施設の隣接地などが韓国資本に買収されている実態を連載「対馬が危ない!!」で明らかにしてから5年余り。ようやく、外国資本による不動産売買を規制する新法制定が具体化してきた。その対馬を昨年暮れ再び訪ねたが、5年前よりも島は疲弊し島民の生活に「韓国」が深く根を張っていた。対馬に限らず、国境の離島では経済的疲弊と過疎化が進んでいる。人が住んでこそ堅持される安全保障。第1部では、対馬の「いま」を報告する。(宮本雅史)

昨年9月上旬、対馬市内のホテルで、ある会合が開かれた。実質的な主催者は韓国系宗教団体「世界基督教統一神霊協会」。いわゆる「統一教会」である。

全国から30人余りが参加し、うち10人近くは韓国人だった。会合は非公開で行われたが、関係者は、会合の様子をこう話す。

「幹部らしい男性が『われわれは対馬で何万平方メートルの土地を買った。対馬だけではなく、福岡や壱岐でも買った』と切り出したので驚いた。『日韓トンネル』『自分たちの夢だ』という言葉も飛び交っていた」

×    ×

対馬市厳原(いづはら)町阿連。市立今里小学校前から、対馬名産、対州ソバのソバ畑を横目に林道に入る。ソバの実を摘んでいた老女によると、この先の山が韓国資本に買収され、工事用のダンプカーがよく出入りしていたという。

「海底トンネルの出入り口ができるらしいね」

林道を進んでいくと、斜面には蜂蜜を採取する「蜂堂」と呼ばれる杉などの丸太を切り抜いたニホンミツバチ用の巣箱がたくさん設置されている。

道路は掘削された岩がむき出しになっていたが、ところどころ舗装され、排水溝も整備されている。林道を上り切ると、突然、朝鮮半島との間の対馬海峡が眼下に広がる。岩でタイヤを傷つけないように注意しながら曲がりくねった道を進むと、広大な平地に突き当たった。

統一教会の幹部が、ホテルで「買収した」と説明した土地だ。すでに山を大きく切り崩し、整地されていた。人の気配はなかったが、出入りはあるようだ。たばこの吸い殻が散らばり、事務所らしき建物の机上には2カ月前の日経新聞が置かれていた。

地元の建設会社によると山林が買収されたのは数年前で、4ヘクタールにのぼるという。「しばらく前に見に行ったが、道路ができ、車が出入りできるようになっていた」と驚きを隠さない。

×    ×

韓国・釜山-対馬-壱岐-佐賀県唐津市を結ぶ海底トンネル構想なるものがある。30年以上も前に、統一教会の故文鮮明総裁が提唱した計画だが、いまだに継続しているようだ。

この日韓海底トンネル構想について、対馬市商工会の浦田一朗会長(70)は「(統一教会のグループに)図面なんかも見せてもろうたし、唐津と韓国から少しは掘っているという話も聞いた。でも、日本と韓国が手を結んでやろうというならできるでしょうけど、そうじゃなかったらできんですよ。夢みたいな話だからみんな真剣にはならんですね」と冷ややかに話す。しかし、対馬市議会は昨年3月26日、「日韓海底トンネルは、島国日本とアジア大陸を結び、東アジア一体化と平和を求める歴史的な試み」として「日韓海底トンネルの早期建設を求める意見書」を可決した。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 虚構新聞をユーモアと考えず事実と誤解するヒトは、少しばかりオツムが毀れているのでは? | トップページ | 名護市長選挙の結果 予想どおりとはいえ真に厄介な事になった! 辺野古の分離を進めよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虚構新聞をユーモアと考えず事実と誤解するヒトは、少しばかりオツムが毀れているのでは? | トップページ | 名護市長選挙の結果 予想どおりとはいえ真に厄介な事になった! 辺野古の分離を進めよう! »