« 日韓海底トンネルなんて、日本には「百害あって一利なし」建設決議の対馬市議会は狂ったか! | トップページ | ウソで固めた「大阪都」構想 検証会議は答弁側の知事が質問者へ仮定質問し怒鳴る喚くの殴り合い »

2014/01/20

名護市長選挙の結果 予想どおりとはいえ真に厄介な事になった! 辺野古の分離を進めよう!

注目を集めた名護の市長選挙は、大方の予想を裏切ることなく幕を閉じた。
この結果を受けて、国の政策が別段修正を強いられるワケではない。

稲嶺進市長は名護の民意を得たと主張されると良い。

沖縄の選挙は不思議な選挙だ。
いつも感情を剥き出しにして敵意を持って、まるで殴り合いの様相だ。
名護に限らず、いずれもヒートアップしてしまう。
静かに議論し結論を探り合う事ができない(苦手)な、未熟で未発達な人の集合体かと思う。

呑み喰いは当たり前、罠を仕掛けるのも当たり前、時には本当に殴り合い、バカバカしいけれど選挙は命がけである。

その命がけの選挙戦に、国家の安全がかかると言っても良いテーマが懸かってしまった事が真に残念と言わなければならない。
幼児に、国の戦略や政策を判断させる。これほどバカらしい話はない!

辺野古の地域を名護市から分離する方法を、国は特例法創出し適用してでも「辺野古特区」を真剣に考えるべきである。
バカげた反対運動を封印してしまうために。

引用開始→ 辺野古への基地移設、淡々と進めたい…菅長官
(2014年1月20日12時12分  読売新聞)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非が争点となった沖縄県名護市長選で、移設反対派の現職・稲嶺進氏が再選されたことについて、菅官房長官は20日午前の記者会見で、「選挙結果は大変残念だが、普天間の固定化は絶対に避けなければならない。淡々と進めていきたい」と述べ、移設を予定通りに進める考えを強調した。

菅氏は「埋め立てについては(沖縄県)知事から昨年、承認をもらっている。できるかぎり説明し、理解を求めながら進めていきたい」とも述べた。

一方、稲嶺氏は20日午前、名護市内で記者団に、「辺野古の陸にも海にも基地は造らせないという信念を貫く」と語った。

防衛省は「当面は工事の行方を左右するような市長の許認可権限は見あたらない」としていて、ボーリング調査や設計を今月中に発注し、速やかに工事に入る構えだ。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 日韓海底トンネルなんて、日本には「百害あって一利なし」建設決議の対馬市議会は狂ったか! | トップページ | ウソで固めた「大阪都」構想 検証会議は答弁側の知事が質問者へ仮定質問し怒鳴る喚くの殴り合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日韓海底トンネルなんて、日本には「百害あって一利なし」建設決議の対馬市議会は狂ったか! | トップページ | ウソで固めた「大阪都」構想 検証会議は答弁側の知事が質問者へ仮定質問し怒鳴る喚くの殴り合い »