« 橋下徹よ、売られた喧嘩は買ぉうたろか!徹底的に追い詰め、足腰立たん袋叩きにして返したる! | トップページ | ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども »

2014/02/27

ベトナム航空キャビンクルーが盗品を密輸し警視庁に逮捕され!

日本でベトナムへの支援を展開してきた一人の者として、慚愧に堪えないとしか言いようがありません。
いずれの国にも不心得者はいますが、ベトナム航空は国営航空であり、キャビンクルーの採用にしてもコネが横行している状況で、ベトナム国内においても背後関係を精緻に究明する必要があると考えています。

以前は、コーパイ(副操縦士)が不正に手を染め、著しく国の名を汚しました。

この度の事件も、日本国内に在住しながら「熊掌」に組織化されている者が関与しているものと推察します。
もちろん、ベトナム国内においても「熊掌」は組織的に追い詰められているようですが、いずれの国でも暗黒組織を壊滅させる事は容易ではありません。
生業や組織を様々な姿に変え、巧妙にビジネスを展開しながら影響力を行使できる組織や人員を掘り起こし傘下に組み入れながら、脱法行為は勿論の事、不法行為に及ぶ機会を狙っています。
闇の世界の組織は、折りからのグローバリゼーションの波に乗り、国境を超え相互の連携や結束を強め組織的利益の拡大に動いています。

この度の事件も、調達と捌きだけに限定せず、知的財産権としての商標などの観点からも捉え返す必要があると受け止めています。

日頃より、ベトナム関連に温かいご支援を頂戴しております皆様方へ、この度の不祥事をベトナムの朋友として深くお詫び申し上げます。

引用開始→ ベトナム航空CAに逮捕状 日本での盗品受け取り密輸疑い 万引団と仲介の女逮捕 警視庁
(産経MSN2014.2.27 08:30)

ベトナム航空の客室乗務員(CA)らが日本国内でベトナム人窃盗グループが万引した化粧品などを受け取り、国外に密輸していた疑いが強まり、警視庁組織犯罪対策1課が盗品等有償譲り受け容疑で国外にいるCAの逮捕状を取ったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。盗品を窃盗グループから受け取り、CAらに渡していた仲介役の30代の女が同容疑で逮捕されていたことも判明。組対1課はCAに盗品との認識があり、他にも複数のCAが関与しているとみて詰めの捜査を進めている。

組対1課は昨年12月、東京都内の化粧品店や衣料品店で商品を万引したとして、ベトナム人の20代の男4人を窃盗容疑で逮捕。盗品の大半がベトナム人の30代の女の自宅に郵送されていたことを突き止め、今年1月に女を盗品等有償譲り受け容疑で逮捕した。

男らは、短時間でスーツケースに商品を大量に詰めて逃走する手口で、万引を繰り返していたとみられる。

盗品は大手化粧品メーカー「資生堂」やカジュアルウエア「ユニクロ」の中でも人気商品に偏っており、女が商品を指定するなどしていたとみられる。

女らがCAらが宿泊する成田空港近くのホテルに段ボール箱を郵送。CAらが女に現金を振り込み、段ボールの空き箱を捨て、スーツケースを持ってホテルを出る姿も確認された。タグ付きの盗品もあることから、CAらは盗品と認識した上でスーツケースに移し替えていたとみられる。

出国手続きの際の荷物検査では麻薬や拳銃などの発見に重点が置かれ、衣料品などの点検は甘いとされる。組対1課は、CAらがこうした手続きの仕組みを悪用して組織的に大量の盗品を国外に持ち出し、ベトナム国内で転売するなどしていたとみている。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 橋下徹よ、売られた喧嘩は買ぉうたろか!徹底的に追い詰め、足腰立たん袋叩きにして返したる! | トップページ | ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橋下徹よ、売られた喧嘩は買ぉうたろか!徹底的に追い詰め、足腰立たん袋叩きにして返したる! | トップページ | ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども »