« 橋下徹に拾われた中川暢三・元加西市長(兵庫県)が大阪市長選挙に手を挙げ噴飯モノの茶番劇 | トップページ | お調子者の大阪市長・橋下徹への支持率世論調査(毎日&MBS)の数値、讀賣、産経もほぼ同じ! »

2014/02/23

"ウクライナ" ロシア革命から100年、ロシアかEUか国家分裂へ 人も文化も融合できず

机上のというか理論上の理想論は、大いに語り合えば良いが、
ウクライナの状況は、画餅に過ぎない理想と現実の厳しさによる乖離を見事に見せている。

日本は、隣国の他人から金員を巻き上げる事に忙しい「朝鮮半島」に依拠するゴロツキから、嘘八百を並べ立て自らの虚栄を充たすゴロツキの言い掛かりに悩まされ続けている。
直接的な原因は「日韓併合」だろう。
だが、その正否を冷静に論ずるには、相手側がカッカし過ぎ落ち着いて事実を検証できないからハナシにならない。

それとは異なるが、ウクライナである。
ウクライナはスラブ系の民族による国家である。
基本的にはロシアの文化圏に包含されるスラブ民族による国民国家だ。
ロシア革命が起き、その波は派生的にウクライナへも伝播するワケだが、それよりも早くレーニンが率いたボルシェビキの一派による工作を受け、あれよあれよと言う間に、
「ソビエト社会主義共和国連邦」の一構成国家に組み入れられてしまう。

「ソ連邦」という主義主張の思想統制連邦国家を形成するために、穀倉国家としての「ウクライナ」の役割は大きくなり、「ソ連邦」を支える農業国家としての役割を担い続けた。
工業化を否定され高効率の農業を要求され続け、ロシア人に搾られ続けたのが「ウクライナ」であった。
ロシア人は、ウクライナへも移植され、差し詰め「ウクライナ」はロシアの「植民地国家」として従属させられた。

以降100年が経過した。
レーニンが打ち立てた「ソビエト社会主義共和国連邦」は行き詰まり、ゴルバチョフにより解体され、EUのような独立国家共同体としてロシアを中心に歩む途を選んだ。
それは、ロシア経済が弱体であるため成果を得る事はできず、国を形成する国民の利益や幸せが満たされる事はなく、理想の実現は遅々として進まずである。

周辺の東欧諸国で、EUへの加盟を果たした国々は、苦しくとも経済的にはロシア中心の経済圏に残るより、未来に対する明るさがあり幸せな表情を見せている。
「ウクライナ」の国民が、
それなら「我々も、EUに加盟しようじゃないか!」と考え、それを求めるのは自然な事だ。
しかしながら、立ちはだかるのは「ロシア」に依拠し続ける事を主張する勢力であり、ありとあらゆる手段を講じ、政治的にも「ウクライナ」がロシア経済圏を離脱しEU加盟を阻止し続けたのである。
既に20年の歳月が流れた。

いよいよ、従来の「ウクライナ」には断末魔の日がきたのかも知れない。
「ウクライナ」は植民ロシア人の地域とスラブ系の人達の地域対立から「分裂国家」の途を歩むのか?
「チェコスロバキア」は「チェコ」と「スロバキア」に別れた。
しかし、それは元より別の国家であった。
「ウクライナ」は元より「ウクライナ」である。

花はどこへ行った
野に咲く花はどこへ行く

引用開始→ ウクライナ大統領が首都脱出 議会は解任決議
(日本経済新聞2014/2/23 1:13)

【モスクワ=石川陽平】反政権デモを続ける野党勢力と警官隊の衝突で多数の死者が出た旧ソ連・ウクライナで、ヤヌコビッチ大統領が首都キエフを離れ自らの支持基盤である東部に脱出した。キエフ中心部は野党勢力が掌握し、最高会議(国会)は22日、大統領を解任し、5月25日に大統領選を実施する決議を採択した。ウクライナはキエフなど親欧の中・西部と親ロシアの東・南部に分裂する様相が強まっている。

ウクライナの国会(定数450)は22日夕、大統領の解任と、大統領選を前倒しする決議を328人の議員による賛成多数で採択した。大統領の首都脱出により、国会は野党勢力が掌握しており、同日午前から大統領の即時退陣を要求する決議を審議していた。

地元メディアによると、ヤヌコビッチ大統領は21日夜、東部の主要都市ハリコフに脱出した。身の安全を確保し、支持者と対応を協議する狙いとみられる。

国会の解任決議に先立ち、ヤヌコビッチ大統領は22日、地元テレビ局に対し、野党勢力の動きを「クーデターだ」と指摘、辞任しない考えを表明した。国会が決めた法案には署名しないとも述べており、解任決議は違法だと主張するとみられる。

ウクライナでは2013年11月、政府が欧州連合(EU)と包括的に関係を強める連合協定の調印手続きを突然凍結。親欧路線の転換に反発した野党勢力や市民が大規模な反政権デモを起こした。2月18日に再び激しくなった警官隊との衝突で少なくとも77人が死亡。欧州諸国やロシアが仲介し、21日に大統領と野党勢力が事態収拾への合意文書に署名していた。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→ ウクライナ大統領、出国失敗か インタファクス通信
(日本経済新聞2014/2/23 2:10)

【キエフ=共同】インタファクス通信によると、ウクライナ最高会議(議会)のトゥルチノフ議長は22日、ヤヌコビッチ大統領がロシアに航空機で出国しようとしたが、ウクライナの国境警備当局に阻まれたと語った。

国境警備当局者は、ヤヌコビッチ氏が滞在していた東部ハリコフ州の州知事とハリコフ市長が国外に出たと明らかにした。行き先はロシアとみられる。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→ ウクライナ、反政権デモが首都掌握 分裂の危機
(日本経済新聞2014/2/23 1:38)

【モスクワ=石川陽平】反政権デモと警官隊の衝突で多数の死者が出たウクライナで、国家分裂の危機が深刻になってきた。反政権の野党勢力が首都キエフで権力基盤を急速に固めており、同日釈放されたティモシェンコ元首相は次期大統領選に出馬する意向を表明した。一方、最高会議(国会)から解任決議を突きつけられたヤヌコビッチ大統領は支持基盤の東部に脱出して対抗する構え。ウクライナは「二重権力」になりつつあり、東西分裂が深まれば「内戦」につながる恐れもある。

首都キエフ中心部では22日、武装した過激派グループが主要な政府施設を占拠する動きが加速している。大統領官邸や政府ビル、議会に加え、内務省など主要な省庁も支配下に置いた。同日の国会では反政権の野党第1党「連合野党・祖国」議員を内相に任命。大統領に代わって新内閣の人事を決め、政府の実権も握る考えだ。

連合野党・祖国のパルビー国会議員は22日、地元メディアに「キエフは22日、独立派(反政権デモ)の支配下にあり、かつてないほど秩序が保たれていると示すことが重要だ」と表明した。警察に代わり反政権デモの「自衛団」が警備にあたっている。

一方、イリイン参謀総長は22日、「国内紛争に引き込まれることはありえない」との声明を発表し、軍は中立を守ると述べた。

政治危機が長期化するウクライナでは21日、野党勢力とヤヌコビッチ大統領が2015年3月に予定された大統領選を14年12月までに前倒しして実施することや憲法改正など危機の解決策で合意。だが、野党勢力は22日、即時辞任の方針を鮮明にしており、前日の合意は事実上、白紙に戻った形だ。

国会は22日、反政権デモを率いる野党勢力が優位を確立した。大統領側近のルイバク国会議長が辞表を提出し、新たに連合野党・祖国幹部のアレクサンドル・トゥルチノフ氏を議長に選出した。与党「地域党」の議員の多くは22日の国会審議を欠席し、離党者も続出している。

国会はまた、21日に採択した各法案に大統領が署名しないため発効しないとして、政府や議会に大きな権限がある04年採択の憲法に戻るとした決議を採択した。大統領の署名なしで法案が効力を持つとしている。分離独立の試みを禁じた決議を採択し、独立状態に向かう親ロの東・南部をけん制した。

国会は22日、大統領の解任と15年3月に予定した大統領選を前倒しして5月25日に実施する決議を採択した。ただ、決議の合法性には疑問が残り、大統領選では現政権の支持基盤である東・南部が投票をボイコットする可能性がある。

大統領選が実施された場合、ヤヌコビッチ大統領と新たに選出される大統領の二人が並立。国内は東西地域が完全に分裂した形となり、「二重権力」の状態になる。

タス通信は同日、連合野党・祖国党首ティモシェンコ元首相が次期大統領選に出馬する意向を表明したと報じた。すでに出馬表明している野党第2党ウダルのクリチコ党首らの立候補が取りざたされる。今回の反政権デモで重要な役割を果たした民族主義政党「自由党」からも候補者が出る可能性がある。

ヤヌコビッチ政権を支えてきたロシアは野党勢力を批判しながらも、事態収拾への動きを見守る構えだ。すでに首都中枢を親欧派の野党勢力が掌握している状況では介入が難しい。もともとヤヌコビッチ大統領とプーチン・ロシア大統領の個人的関係は悪く、他にロシアの利益をある程度守れる政治家を探しているとみられる。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 橋下徹に拾われた中川暢三・元加西市長(兵庫県)が大阪市長選挙に手を挙げ噴飯モノの茶番劇 | トップページ | お調子者の大阪市長・橋下徹への支持率世論調査(毎日&MBS)の数値、讀賣、産経もほぼ同じ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橋下徹に拾われた中川暢三・元加西市長(兵庫県)が大阪市長選挙に手を挙げ噴飯モノの茶番劇 | トップページ | お調子者の大阪市長・橋下徹への支持率世論調査(毎日&MBS)の数値、讀賣、産経もほぼ同じ! »