« 日本経済新聞も「商業開発と流通の関係」については残念ながら素人記事を書くのか!? | トップページ | ウクライナが抱える債務超過をロシアに分担させず欧米社会が全て引き取るなら一挙に解決! »

2014/03/07

Newsweek が報じた「ビットコイン創始者」とされる人物は自ら「無関係」と否定!

Newsweek
お得意のミスリードか!?
誤報なら笑って済まされない。
先に転載引用した記事は捏造なのか?
見過ごす事はできなくなってきた。

面白がっているワケじゃなく、真実を知りたいだけなのだが、
何が真実で、何処に問題があり、何を糾すべきなのか?
全く分からない。分からないのに、手を出し損をさせられたと騒ぐヒトがいる。
殆どの財産を交換したヒトが居るようで、損失を受け生きていけないと云っているらしい。
本当に何が何だか分からない。

引用開始→ 仮想通貨創始者とされる男性「無関係」
(NHK News 2014年3月7日 15時16分)

仮想通貨ビットコインの仕組みを生み出し、謎の人物とされていた男性をアメリカの週刊誌が突き止めたと報じましたが、この男性は、6日、「自分はビットコインとは無関係だ」と述べ、真偽を巡って波紋が広がっています。

仮想通貨ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人物が書いた論文を基にインターネット上で作られたとされていますが、実在する人物なのか謎に包まれていました。
この人物についてアメリカの週刊誌「ニューズウィーク」は6日、ロサンゼルス近郊に住む64歳の日系アメリカ人のドリアン・サトシ・ナカモト氏だとして本人を突き止めたとする記事を掲載しました。

しかし、ナカモト氏は6日、記者団に対し、「自分はビットコインとは無関係だ。ニューズウィークの取材に対しては現在はエンジニアの仕事はしていないと答えただけだ」と述べて、関与を否定しました。

ニューズウィークの記事を受けて、ナカモト氏の自宅前には大勢の報道陣が詰めかけ、ナカモト氏の車を追跡するなど一時騒然となり、ビットコインの生みの親の真偽を巡って波紋が広がっています。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ ビットコイン業者が自殺か
(2014年3月7日(金)10時46分配信 共同通信)

【シンガポール共同】シンガポールで仮想通貨ビットコインの取引所を運営する28歳の米国人女性が2月下旬に、シンガポールの自宅アパートの前で死亡していたことが6日、分かった。地元警察は「事件性の疑いは認められない」と発表。ニュース専門テレビ、チャンネル・ニューズ・アジアは「自殺とみられる」と伝えている。

死亡したのは、ビットコインの取引所の一つでシンガポールに拠点を置く「ファーストメタ」の最高経営責任者(CEO)を務めていたオータム・ラドキーさん。

ロイター通信によると、ラドキーさんは2012年にシンガポールに入国し、取引所を経営していた。←引用終わり
Copyright (C) 2014 共同通信社
©2014 NIFTY Corporation

|

« 日本経済新聞も「商業開発と流通の関係」については残念ながら素人記事を書くのか!? | トップページ | ウクライナが抱える債務超過をロシアに分担させず欧米社会が全て引き取るなら一挙に解決! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本経済新聞も「商業開発と流通の関係」については残念ながら素人記事を書くのか!? | トップページ | ウクライナが抱える債務超過をロシアに分担させず欧米社会が全て引き取るなら一挙に解決! »