« 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ | トップページ | 礼儀も知らぬ、阿呆で幼稚なオバハン大統領 こんなのと付き合うのは敵いませんねぇ! »

2014/03/26

理化学研究所・小保方晴子「STAP細胞」研究論文 嘘で固めた世紀の大発見だったのか!?

これは日本の科学研究に対する信用問題でもある。事実を追求し明らかにして貰いたい。

科学者として事実に対する真摯な姿勢や倫理観が根本的から問われる展開になった。
論文発表者の小保方晴子さんへの疑惑は次々に生じているし絶える事がない。

何よりも、発表論文の査読を飛ばした理化学研究所の姿勢も科学者として理解できない。
これだけでも満天に無責任と恥をさらけ出している。
科学者としての良心は持ち合わせがないのか?

報じられている事が真実なら「嘘」で固め「嘘」を固めたという事になる。
理化学研究所の信用そのものが地に落ちる。

日本のメディアは相手が「反論」しない、あるいは「反論」できないとみるや、一気に嵩にきて襲いかかる。
そして嫉みからか、一斉に過去を掘り下げ「ある事、ない事」を探しだし脚色を加え叩く。

曰く「早稲田大学 大学院」へ学位請求した「博士論文」は、序論(はじめに:研究の目的などを記述)が米国の公的機関がHP上へ公開している論文の20Pにわたるコピーだとか。
またぞろ、ご本人が「論文のコピーや実験データを示す写真の加工や使い回しがいけない事だとは、知らなかった」と発言しているとか。
(ネイチャーに「STAP細胞」論文が掲載されたと一連の発表以降、ご本人は姿を現していない)

この報道を見る限り、小保方晴子さん発表の「STAP細胞」論文は、ほぼ無効だろう。
しかし、「ES細胞」であろうと「STAP細胞」であろうと、継続的に地道な研究が続けられ一定の成果を得られる状況を切り開いて貰いたい。
地球の生命体の研究発展に停滞はあり得ないのだから。

小保方晴子さんは、身辺を整理し心を落ち着けて、
理化学研究所で、科学者の良心を持って、今日に至った事態を説明し質問に答えるべきと考える。
(それは人としての責任であろうと考える)

引用開始→ STAP細胞、別マウスで作製か…異なる遺伝子
(2014年3月26日07時28分  読売新聞)

理化学研究所は25日、小保方おぼかた晴子ユニットリーダー(30)が作製し、山梨大に保管されていたSTAPスタップ細胞が、小保方リーダーが使ったはずのマウスと異なる種類のマウスから作られていたことを明らかにした。

理研は、食い違いが起きた経緯や論文への影響について調べる。
理研発生・再生科学総合研究センターによると、論文共著者の一人である若山照彦・山梨大教授が、小保方リーダーから渡されて手元に保管していた2種類のSTAP細胞由来の幹細胞について、遺伝子を分析した。その結果、若山教授が小保方リーダーにあらかじめ提供した「129系統」と呼ばれるマウスと異なる2種類のマウスから作られていたことが判明した。若山教授は分析結果を理研関係者にメールで連絡した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ STAP細胞「存在そのもの疑わざるを得ない」
(2014年3月25日23時01分  読売新聞)

八代嘉美・京都大特定准教授が25日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、STAPスタップ細胞の論文問題について「一連の騒動で信頼性が揺らいでいる」と話した。

論文の核心部分で見つかった画像の切り貼りや、別の実験の画像を流用していることについて、「(論文の)証拠能力が著しく下がる」と指摘。他の研究チームが再現実験に成功していないことと合わせ、STAP細胞の存在そのものを疑わざるを得ないと説明した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ | トップページ | 礼儀も知らぬ、阿呆で幼稚なオバハン大統領 こんなのと付き合うのは敵いませんねぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ | トップページ | 礼儀も知らぬ、阿呆で幼稚なオバハン大統領 こんなのと付き合うのは敵いませんねぇ! »