« ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども | トップページ | ファストリテイリングが米国のJクルーを買収するってか!? »

2014/03/01

マウントゴックスが経営破綻し仮想通貨ビットコインは文字どおり仮想闇へ消える!

マウントゴックスが破綻し、民事再生を東京地裁に申請したという。
法律の形式上はそれを装うのだろうが、再建というか経営基盤そのものである「信用」が崩壊してしまった後に残されるモノは何も無い。
従って、東京地裁へ民事再生を申請しても、現実に再建できる保障はない。

マウントゴックスってなんだ?
社長のカルプレスって男はゴリラみたいな野郎で、誰がどう見ても覚悟のない無責任なアホヅラそのものじゃないか。
取り敢えず、マウントゴリラが姿を現し、お詫び会見をしてみたってワケだ。

引用開始→ マウントゴックスが再生法 「ビットコイン流出も」
負債総額65億円、債務超過に
(日本経済新聞 2014/2/28 19:12)

仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」(東京・渋谷)は28日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立て、受理されたと発表した。流動負債の総額は65億111万円で、「債務超過の状況にある」と説明している。

負債拡大の原因については「不正アクセスによってコインが流出した可能性がある」としている。不足している預金は最大28億円に上るとみられるが、詳細は調査中という。〔日経QUICKニュース(NQN)〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

モノも云いようで「金庫破りされた」って、言い種がオモシロイねぇ!?
ッタク、なんだろうね!?
バッカじゃないのか!

引用開始→ 「金庫破り」で盗難 ビットコイン、資金管理ずさん
(日本経済新聞2014/3/1 0:00)

仮想通貨の取引所を運営するMTGOXが28日に民事再生手続きを申請した。「未来の通貨」の中心となる取引所だが、ハッキング被害にあったうえ、顧客から預かった現金をきちんと管理せず、客の預かり金28億円も宙に浮いていた。

「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」。MTGOXのカルプレス社長が謝罪(28日)
MTGOXが運営する仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」では、利用者は仮想通貨をやりとりするため、自身の口座にお金やビットコインを預ける。マウントゴックスのビットコインは、ハッカーから「金庫破り」に遭って盗まれていた。

だが、マウントゴックスは客から預かった現金そのものもきちんと管理してこなかった。同社によると2月24日、利用者の現金預かり金と、預金残高が食い違い「預金残高が最大で28億円不足している」ことがわかった。突然取引所を閉鎖した背景には、ずさんな資金管理も背景にあった。

「(客からのお金は)適正に管理されていたと思う」。28日に都内で開いた記者会見で、代理人の弁護士は釈明した。だが同社関係者は「客の預かり金と会社の経費がきちんと区分管理されていなかった」と指摘する。

負債は総額65億円。この中には失われたビットコイン114億円は含まれていない。同社弁護士は会員のビットコイン資産について「再生計画の中で返済の条件を決める」としているが、弁済は同社が事業再建し、再び利益を上げられることが前提だ。問題を抱えたMTGOXを手助けするスポンサーが見あたらなければ、盗まれたとされるビットコインの返済は行き詰まる。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

誰を刑事告発するの、それを捜査させれらるのは日本の警察ですかい?
オカシナ話だよね。
「自分の利益は自分のモノ、自分の被害は公権力に」ってナンだよ?

引用開始→ マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失
(日本経済新聞2014/2/28 22:16)

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

MTGOXのマルク・カルプレス社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。消失したのは顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコイン。金額にして「114億円程度」としているが、他の取引所の直近の取引価格(1ビットコイン=550ドル前後)で計算すると、470億円前後になる。

流動負債の総額は65億円で「債務超過の状態にあると判断した」という。同社は25日昼ごろからサービスを停止していた。顧客12万7000人の大半は外国人で、日本人は0.8%、約1000人という。

民事再生法の申請に至った理由は、「ビットコイン」と「預かり金」の消失で負債が急増したため。2月初旬、システムの不具合(バグ)を悪用した不正アクセスが発生し、売買が完了しない取引が急増。「バグの悪用により(ビットコインが)盗まれた可能性が高い」と判断した。

「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」。MTGOXのカルプレス社長が謝罪(28日)
さらに、2月24日、利用者からの預かり金を保管する預金口座の残高が最大で28億円程度不足していることも分かった。「今後膨大な取引を調査する必要がある」。原因はおろか確かな金額も確定できていないという。会社の経費などに使われた可能性もありそうだ。

同社は「被害届の提出と刑事告発を検討している」と説明した。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

1億損しようと、10万円儲かろうが、そんな事は自己責任だろうが!
裏切られたなんて、聞いたような口を利くもんじゃないよね!

引用開始→ ビットコイン取引所破綻に利用者ら「裏切られた」「自己責任」
(日本経済新聞2014/3/1 0:30)

仮想通貨ビットコインが「不正アクセスによって消失した」などとして取引所「マウントゴックス」の運営会社が民事再生法の適用を申請した。資金を預けていた利用者は28日、突然の経営破綻に失望し、憤りを隠さなかった。

1千万円単位の資金を運用中で、詳しい説明を求めて来日した英国人のコリン・バージェスさんは「顧客は裏切られた。とても失望したし、悲しい。うんざりだ」と吐き捨てるように話した。

「(お金は)おそらく戻ってこないだろう」とした上で「何らかの犯罪があったとしたら、厳しく処罰されるべきだ」と強い口調で語った。

経営破綻という最悪の事態を迎えたことに、東京都内の利用者の男性は「訴訟を起こしたいが、会社に資金がなければ難しいだろう」とあきらめた様子。同社にビットコインを預けていた日本デジタルマネー協会の本間善実・代表理事(45)は「もともとリスクが高いものだと思っていたので仕方ない。これを機に適切な規制が進めばいい」と話した。

大阪市のウェブサイト制作業、川上宏之さん(38)は昨年から円換算で10万円相当を投資していた。「マウントゴックスはハッキングされるという噂が前からあった」とし、同社にビットコインを預けていなかった。川上さんは「ビットコインは管理に気を付けないといけない。自己責任で扱わなくてはいけない商品だ」と突き放した。

運営会社が入居しているとされる東京・渋谷のオフィスビルには、マルク・カルプレス社長の記者会見を受け、多くの報道陣が集まった。だが、カルプレス氏や従業員だけでなく、資金を預けていた利用者の姿も確認できなかった。〔共同〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども | トップページ | ファストリテイリングが米国のJクルーを買収するってか!? »

コメント

日経新聞「仮想通貨ビットコイン 便利さ、記者も使って実感 国際決済一瞬で」なんて大見出しでかいておいて、破綻後はこのことに一切触れない。節操のない新聞社だと改めて実感した。

投稿: HORI | 2014/03/01 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビットコインに小踊りした者は利益も損失も自己責任だ! 儲かりゃ自慢し損すりゃ騒ぐオバカども | トップページ | ファストリテイリングが米国のJクルーを買収するってか!? »