« 稀代のお調子者・大阪市長の橋下徹 茶番選挙で選出されても「信任を得たと言えず」と殊勝な事を言い | トップページ | 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ »

2014/03/25

クリミア争奪 第二幕はどのようなストーリーを見せるか? 興味は尽きない!

序章と云うか第一幕は、プーチン・ロシアの圧勝だった。
それではメンツがないと、チキン・オバマがEUに呼びかけ対抗戦を考えているようだ。
まずはG7首脳に働きかけ、皆でロシアを懲らしめようじゃないかと呼びかけた。
大陸に位置する4カ国の側は、取り敢えず顔出しとお付き合いは、快哉を叫び応えた次第。

それでは生ぬるいと欧州大陸の横に位置する英国は、この際、
「プーチンのロシアを除け者にしようぜ!」と働きかけている。

本来は米国のチキン・オバマが言うべき事を汲み、最終的な解決の余地を残す狙いを込め英国はキャメロンと「仲間はずれ」宣言を言っちゃった。

プーチンは、
" この夏にソチで開く予定の「世界ボスの談合」は準備万端を整えて待っているが、来たくないと言うなら別に来て貰わなくて良い " と余裕の大人ぶりを見せている。

" クリミアについてEUはガタガタ煩いけれど、元はロシア領だったものをフルシチョフがウクライナへ預けたようなものだから、いま、回収して元へ戻すだけで、何が悪いのか " と完全回収した今となってはロシア議会も含め涼しい顔だ。

" 経済制裁なんて、ちゃんちゃらおかしい。ヘソが茶を沸かす。寝言を行えばその結果の全てはEUと米国へブーメランとして戻るだけだ " と全く意に介さない。

実に興味深い展開になってきた。
もう、当分は目が離せない。

国際政治はパワーバランスである事が理解できないチキン・オバマは右往左往するだけである。
遂には、臭禁屁の袖を引き泣き尽く始末だ!
バカかオバマは!?

臭禁屁から毒ガスを見舞われ「屁っぇ~!」って土下座し、中華饅頭低国への叩頭外交に転換するのか!

米国内で誰かチキン・オバマに引導を渡す者はいないのか?
オバマはオバカだ!
それが明白になったいま、誰も米国の言う事など信用しない。信用できない。
米国市民は、恥辱を感じている事だろう。

米国が「モンロー宣言」をした段階で、第2次世界大戦に至る戦争による世界再配分が生じた事を忘れたのか?

引用開始→ ロシアのG8除外に言及 G7首脳宣言を採択
(日本経済新聞2014/3/25 4:22)

【ハーグ=永井央紀】ウクライナ危機を巡り、主要7カ国(G7)はオランダのハーグで24日午後(日本時間25日未明)、緊急の首脳会議を開いた。首脳宣言(ハーグ宣言)は、ウクライナ南部クリミア半島の編入に動くロシアが事態をさらに悪化させた場合、制裁強化の用意があると指摘。ロシアが方針転換しない限り、主要8カ国(G8)の枠組みから事実上、除外することに言及し、クリミア編入の撤回を迫る。

G7緊急首脳会議は、日米欧などの首脳らが核テロ防止対策を話し合う核安全保障サミットに合わせ、オバマ米大統領の呼びかけで開催。クリミア編入を既成事実にしつつあるロシアへの圧力強化でG7が協調する姿勢を打ち出すことを狙う。

首脳宣言は「クリミアを併合しようとするロシアの違法な試みを非難し、これを承認しない」としたうえで「この明白な国際法違反は世界中の法の支配に対する深刻な挑戦で、すべての国にとって懸念となるべきだ」と強く批判。「ロシアが引き続き現状をエスカレートさせる場合、制裁を含む行動を強化する用意がある」と盛り込んだ。

そのうえで「我々は、ロシアが方向を変更し、G8で意味のある議論をする環境に戻るまで、G8への参加を停止」と明記。クリミア撤退などロシアが態度を改めなければG8体制から当面、除外する方針を打ち出す。ただロシアをG8体制から「永久追放」するかを巡ってはG7各国の姿勢に濃淡があり、首脳会議で各国が意見を交わした。

財政危機に陥っているウクライナへの追加支援も取り上げる。ウクライナ政府の改革を称賛し、憲法改革や自由で公正な大統領選挙の実施に支持を表明。国際通貨基金(IMF)の協力が重要だとしたうえで、G7各国が「ウクライナに強固な金融面での後ろ盾の提供を約束することで結束」すると強調した。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved

.

引用開始→ G7首脳会議、ソチ・サミットへの不参加決定
(日本経済新聞2014/3/25 5:02)

【ハーグ=永井央紀】ウクライナ危機を巡る主要7カ国(G7)の緊急首脳会議は24日午後(日本時間25日未明)、ウクライナ南部クリミア半島の編入に動くロシアへの対応に関する協議を終えた。G7は6月にロシアのソチで開く予定だった主要8カ国(G8)首脳会議に参加せず、同時期にベルギーのブリュッセルでG7首脳会議を開くことを決めた。

G7は首脳会議で、ロシアの行動を「違法」と非難し、協調して行動していくことで一致した。ウクライナの経済安定のために結束することも確認。今後、連携を密にして外交的な解決を目指すと決めた。6月に開くG7首脳協議でもウクライナ問題を中心議題とする。

安倍晋三首相は首脳会議で、「力を背景にした現状変更は断固許すことができない。これはウクライナの問題だけでなくアジアなど国際社会全体の問題だ」と主張。複数の首脳から強い賛同を得た。首相はウクライナへの15億ドルの経済支援も表明した。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 稀代のお調子者・大阪市長の橋下徹 茶番選挙で選出されても「信任を得たと言えず」と殊勝な事を言い | トップページ | 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稀代のお調子者・大阪市長の橋下徹 茶番選挙で選出されても「信任を得たと言えず」と殊勝な事を言い | トップページ | 米国のチキン・オバマ ついに臭禁屁に擦り寄り「米中で世界を二分」をと毒ガス(屁)を見舞われ »