« 単純労働の現場で人手不足は深刻だが、建設業界というか日本は都合の良い国だよ | トップページ | 寝虎! あぁ~ 阪神不随のタイガース 寒いねぇ~、もう既にストーブリーグへ突入ですか? »

2014/04/06

北海道の教育学力や体力低下は「北海道教職員組合」に原因がある!

ようやく本質を突く議論が緒につくか。
これまで、誰もが心の底では思いながら口にしなかった。
だが、客観的なデータを検証しての指摘だろう。
誰が考えてもオカシイものはオカシイのだから。

データは取り方、読み方により様々な見解を得る事ができる。
例えば、全道を画一化し評価すると、環境や条件の違いがあるにも関わらず考慮されていないと「北教組」は頑強に主張し、下村文科大臣の発言は組織攻撃だと喧伝する事だろう。
またぞろ息をするように「ウソを吐く」徳永エリを打ち立て予算委員会で内閣を攻撃するだろう。

日本国民の多くは、もうウンザリさせられている。
「日教組」の主張には、バカバカしくって付き合いきれない。
同様に「社民党」の福島瑞穂の子供じみた寝言には付き合いきれない。
照屋寛徳の寝ボケには辟易させられている。
またこいつらの亜種亜流の山本太郎には虫唾が走る。
やっとヤッシーこと田中康夫ゴミクズを摘まみ出せたところだが。
ゴミクズは再現も無く次々に現れる。

その素地を造り出しているのが「日教組」だろう。
横路孝弘の北海道も酷いが、死に損ないの村山富市の大分も酷い。川端達夫の滋賀も同様に酷いのである。
教職員組合が、現場の教職員を傘下に収めるだけではなく教育委員会をも支配している。
従って、何か事を企案しようとすれば、教育委員会は元より地域の教職員組合の同意を求めるという無茶苦茶が罷り通っているようだ。
従って、イジメによる、子供達の自死などの事件性が疑われる事が発生しても、外形的に正確な原因は何で、どのような構図で事件に至ったのかについて、全員で誰が責任を隠蔽し合う構造が出来上がっている。

大きな事件に至ってしまった学校の多くは、二重権力が構築されているんじゃないのか?
校長や教頭はお飾りで、教組の分会には口を出せず、教組の分会が管理者に要求する事は全て受け入れ穏便に校務運営ができるように計らう体制が、ほぼ完璧に出来上がってしまっている。

バカげた事だ。
公教育を平等に受ける権利は日本国民全員が持つ固有の権利だ。
それを一方的に歪められる地域があるのだから、国は歪みを正さなければならないのは当然だ。
それに抵抗するのは、日本国民に対する侮辱である。

引用開始→ 道内の子供の学力下位「北教組に原因」…文科相
(讀賣新聞2014年04月06日 10時15分)

下村文部科学相は5日、北海道旭川市で開かれた今津寛衆院議員(自民、道6区)の政経セミナーで講演し、道内の子どもの学力や体力が全国でも下位であることについて、「北海道の教育には問題がある。一番の原因は北海道教職員組合にあり、北海道に求められているのは教育の正常化だ」などと語った。

また、五輪相として、2020年東京五輪・パラリンピックの参加国が行う事前合宿について「日本全体で受け皿となるよう調整する」と述べ、道内の自治体も事前合宿を誘致できるよう、内閣府で調整する考えを示した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun

|

« 単純労働の現場で人手不足は深刻だが、建設業界というか日本は都合の良い国だよ | トップページ | 寝虎! あぁ~ 阪神不随のタイガース 寒いねぇ~、もう既にストーブリーグへ突入ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 単純労働の現場で人手不足は深刻だが、建設業界というか日本は都合の良い国だよ | トップページ | 寝虎! あぁ~ 阪神不随のタイガース 寒いねぇ~、もう既にストーブリーグへ突入ですか? »