« 外国人労働力の「一時的な活用」と「移民政策」は全く異なる次元のテーマだ! | トップページ | 韓国・珍島の観光フェリー転覆沈没事故で怪しい朝鮮人の驚愕の民族的資質が次々に現れる »

2014/04/24

「すきやばし次郎」で喰った鮨はこれまでで最高に美味かったとオバマはお世辞を!

それも言うなら "「すきやばし次郎」で喰った鮨はこれまでで一番安かった "  だろうが。
相も変わらず、口の利き方を知らないバラック小屋のチキン野郎だ。
だって、(下世話なハナシだが)ただで喰ってだ、TPP交渉は有無を言わせぬ猛烈な加圧で狙いどおり押切り圧勝を、ほぼ手に入れようってワケだ。

次に、「集団的自衛権」の行使容認を醸成する空気ができた事で、戦闘機やミサイルなどの航空戦力を大幅に売り込める。
その上、在日米軍の大幅削減も可能になるし、オイシイところだけは好きなようにできる。
その代償に '「尖閣諸島」は「日米安全保障条約」の適用範囲 " と、従来の見解を述べるだけで良いのだから。
こんな「楽ちん」の国賓訪日はあり得ない。全くオフの「休暇」みたいなものだ。

" 日本は密約を含め詳細な交渉内容は「特定秘密」で公開しないし、まぁ、安倍晋三は意外にタフで良い野郎だよ!" と、まぁ、こんなところだ。

引用開始→ オバマ大統領、銀座のすし店で安倍首相と夕食
(2014年04月24日 03時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun)

オバマ米大統領が23日夜、アジア歴訪最初の訪問地として、専用機で来日した。

米大統領が国賓として来日するのは、クリントン氏以来18年ぶり。24日の安倍首相とオバマ氏の首脳会談では、安全保障と経済両面で強固な同盟関係を確認し、日米両国がアジア太平洋地域の安定に主導的役割を果たすことを打ち出す。環太平洋経済連携協定(TPP)の日米協議を巡り、甘利TPP相と米通商代表部(USTR)のフロマン代表は23日、首脳会談を前にした大詰めの協議を東京都内で行った。

オバマ氏は到着直後の23日夜、東京・銀座のすし店で、首相との非公式の夕食会に出席し、約1時間30分にわたり、TPP問題などを協議した。日本側から谷内正太郎国家安全保障局長と佐々江賢一郎駐米大使、米側からはスーザン・ライス大統領補佐官、キャロライン・ケネディ駐日大使が同席した。

関係者によると、TPP問題を巡り、大統領が「安倍首相のリーダーシップにかかっている。決断してほしい」と求めたのに対し、首相が「日本は相当に関税を削っている」などと反論する場面もあったという。

24日に東京・元赤坂の迎賓館で行われる首脳会談では、日米同盟の強化やTPPを含めたアジア太平洋地域の日米協力などが主要な議題となる。

首相は23日の夕食会後、記者団に対し、「日米同盟関係は揺るぎない強固なものだというメッセージを、世界に発信するような首脳会談にしたい」と意欲を語った。←引用終わり
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

中華毒入饅頭珍民低国の秦剛は、相も変わらず口を極めた強欲で恥知らずなモノ言いを繰り出している。
「毛沢東」印の中華毒入饅頭を食い過ぎると、脳毒に冒され臭禁屁を口から出すらしい。
「口を慎め」と、そっくりそのままお返ししておこう!

引用開始→ 中国「断固として反対」…尖閣に「安保適用」で
(2014年04月24日 07時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun)

【北京=五十嵐文】中国外務省の秦剛チンガン報道局長は23日の定例記者会見で、オバマ米大統領が読売新聞の書面インタビューで、尖閣諸島に日米安全保障条約第5条が適用されると明言したことについて、「断固として反対する」と述べ、反発した。

秦局長は、「日米同盟は冷戦時代の2国間の取り決めであり、中国の領土主権と正当な権益に損害を与えるべきではない」と主張した。さらに「米国は、領土主権問題ではどちらの側にも立たないという立場を厳守し、言行を慎み、地域の平和と安定に建設的な役割を果たすべきだ」と語り、米国が尖閣諸島をめぐる日中対立に関与しないよう強く求めた。

秦局長は「国家の領土主権と海洋権益を守るという我々の決心と意志を揺るがすことはできない」とも述べ、今後も東シナ海などでの海洋活動を継続する方針を強調した。←引用終わり
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

漏れ出すウワサによると、
①対日市場で:牛肉・豚肉などの関税率は押切られ事前の予想どおり「10%台で決着」させるらしい。決定的な交渉力を欠くオーストラリアは対日で「良い面」の皮にされただけ!
②対米市場で:自動車関税は踏み込む事ができず白旗の模様。
*形振り構わずの米国に立ち向かう術も無く、ただただ一方的に敗退の模様!

JAではないが、結局は「大き裏切り行為」だとしか言いようが無い。
外交交渉とは、条件交渉だから、常に100%の勝利などという事はあり得ないのだが、それにしても、譲る必要の無い事は譲ってはならないのだ。

日本は、第2次世界大戦で「ポツダム宣言」を受け入れ敗戦したが、その敗戦を逆手に取り、いまも合法的に従属を強い支配し続ける米国からの自立を真剣に考えず、外交防衛で自らの意思を発揮もできず対米従属だけを繰り返し、実質的には植民地支配されているのだ。
「日米同盟」という「傭兵政策」はそれなりに認めるが、「傭兵」は所詮「傭兵」なのであり、本当の危機に際し「役に立たない」かも知れない。
また「役立たせる」ために、一国としての自尊心を傷つけられ、これだけ多くの犠牲を強いられている。

日本は、日本の歴史的誇りを大切に真に自立し、成り上がり国家に過ぎない衰えたチカラで圧したがる米国との有効な関係性は保ちつつも、米国からの自立を真剣に取り組むべきである。

引用開始→ 日米閣僚、豚肉関税で詰め 未明にかけ3時間超協議
(日本経済新聞 2014/4/24 4:19)

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日米の閣僚による関税協議は24日未明まで日米首脳会談での大筋合意に向けて最終調整を進めた。甘利明経済財政・再生相は内閣府で米通商代表部(USTR)のフロマン代表と23日深夜から約3時間20分にわたって断続的に協議。残る焦点となっている日本の豚肉関税の扱いについてギリギリの妥協点を探った。

甘利氏はフロマン氏との会談後、記者団に協議の進展状況について「ノーコメント」と述べるにとどめた。フロマン氏は質問には応じなかった。

甘利、フロマン両氏は23日午後にも約4時間半協議したものの、なお溝は埋まらなかった。23日夜に安倍晋三首相とオバマ米大統領が24日の日米首脳会談に向け両閣僚に交渉を加速させるよう指示したことを受け、異例の再会談に臨んだ。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

私的夕食会という談合会場になった「すきやばし次郎」(小野二郎氏)を簡単にご紹介:

引用開始→ 品書きは「おまかせ3万円~」…夕食会のすし店
(2014年04月24日 07時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun)

安倍首相がオバマ米大統領の「おもてなし」の舞台に選んだ老舗すし店「すきやばし次郎」とは、どんな店なのか。

すし職人の小野二郎さん(88)が1965年に創業。レストランを星の数で格付けする「ミシュランガイド」では、東京版が出版された2007年以降、毎年三つ星を獲得した。小野さんは、世界最高齢の三つ星シェフとしてギネス認定もされている。

米国人監督が小野さんの日常を追ったドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」が12年にアメリカなど各国で上映された。最近は来店客の多くが外国人観光客という。

カウンターは10席ほど。名店とあって、店のホームページによると、品書きには「おまかせコース 3万円~」とだけ書かれている。カウンターに座ると、旬の素材を生かした厳選の約20カンが出されるという。←引用終わり
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

日本の世論に配慮した国内向けには「点稼ぎ」に極めて儀礼的な、物わかりの良い優しいお利口さんを演じるオマケ(文字どおりブラックユーモア)もあります。

引用開始→ 米大統領、午後に横田夫妻と面会 首相も同席
(2014/04/24 09:30 【共同通信】)

来日中のオバマ米大統領は24日午後、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの父滋さん、母早紀江さんらと東京・元赤坂の迎賓館で面会する。安倍晋三首相も同席する。

日本政府としては、オバマ氏と拉致被害者家族との面会により、日朝協議再開への米側の理解を得たい考えだ。オバマ氏も拉致問題解決へ協力姿勢を示すとみられる。

横田さん夫妻のほか拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表らが面会する。飯塚氏が3月下旬に首相と官邸で面会した際、オバマ氏に会えるよう要請していた。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2014 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

|

« 外国人労働力の「一時的な活用」と「移民政策」は全く異なる次元のテーマだ! | トップページ | 韓国・珍島の観光フェリー転覆沈没事故で怪しい朝鮮人の驚愕の民族的資質が次々に現れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国人労働力の「一時的な活用」と「移民政策」は全く異なる次元のテーマだ! | トップページ | 韓国・珍島の観光フェリー転覆沈没事故で怪しい朝鮮人の驚愕の民族的資質が次々に現れる »