« ケミカルな生化学の最先端研究をコミカルな大嘘にすり替えた小保方晴子女史はオバカタだった! | トップページ | ウクライナ東部の「反暫定政権行動」の事態は収拾できず ロシアは欧州連合+米国と睨み合い »

2014/04/12

G7はロシア外しですが、G20ではメンバーだ、それでウクライナ救済とロシア制裁を議論する?

国際社会という町内会はナンとも厄介ですねぇ。
一方で非難の応酬やら恫喝やら威迫やら、お互い牽制し合うワケですが。
G20会合で、ロシアは明々白々の主要メンバーですよね。
そこで「ウクライナ経済」の破綻懸念を協議するワケだ。
でぇ、その前後に先進国クラブとしてG7会合を開催し、そこではロシアへの経済制裁を議論してんだから、通過儀礼とは云え本当にオカシナ世界ですよね。

ロシアは、ウクライナへ供給している天然ガスについて、ウクライナの支払いが滞っているとの理由で供給を削減すると、強気の牽制に出てきた。
ウクライナを経由し欧州連合への供給もあるワケだから、ウクライナへの供給量を削減あるいは停止すれば、欧州連合各国への供給も削減あるいは停止になるワケだ。

ウクライナの国家財政破綻も世界経済には深刻な事態を招くだろうが、それ以上にロシアがガスの供給量を削減すれば、その段階で欧州連合各国が受ける打撃は甚大なんじゃないかな。

ウクライナ東部のドネツクではロシア編入を求める市民が市庁舎を占拠し、「ドネツク共和国」宣言まで、あと一歩という状況らしい。
ウクライナ暫定政権は、暫定首相をドネツクへ派遣し、占拠者グループの代表と話し合いに入る一方で、11日を以て治安部隊を投入し強制排除するとも宣言している。

この神経戦を受け、欧州連合とNATOは、ロシアがウクライナ国境に軍を集中させ、いつでも国境を越える準備をしていると衛星写真を示し、更に大きく強い牽制に出ている。
どう出るか、吉と出るか、凶と出るか。
真に興味が尽きない「ウクライナを巡る第三幕」が開こうとしている。
序盤というか「第一幕」はプーチンの圧勝だった。
「第二幕」はオバマに乗せられた欧州連合+米国を軸とした側に宣伝戦での凱歌が上がる。
ここでウクライナ東部の市民が独立を求め「第三幕」が始まろうとしている。

まぁ、ウクライナからは目が離せない状況で世界は推移している。

引用開始→ 「世界経済に影響」 G20、ウクライナ問題で声明へ
(日本経済新聞2014/4/11 13:44)

【ワシントン=森本学】日米欧と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が10日夜(日本時間11日午前)開幕した。ウクライナ問題への対応を誤った場合に世界経済に悪影響を及ぼす「地政学的リスク」の懸念を共有し、11日に採択する共同声明でも言及する方向だ。G20直前に日米欧の主要7カ国(G7)は非公式の財務相・中銀総裁会議を開き、ウクライナ問題を協議した。

G20財務相会議は2日間の日程で、11日に共同声明を採択して閉幕する。日本からは麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席。ロシアのクリミア編入後、米欧とロシアが公式の場で協議するのは今回が初めてとなる。ウクライナ問題を巡って対立が深まる米欧とロシアが足並みをそろえられるかが焦点だ。

麻生財務相は初日の討議後、記者団に対し、会合ではロシアを含めG20としてウクライナ支援の必要性で一致したとの見方を示した。ウクライナを巡る世界経済の不透明感の低減へ「G20が緊密に連携することが必要だと申し上げた」と語った。日本として国際通貨基金(IMF)によるウクライナ支援への支持も表明した。

黒田総裁は10日午後、G20会議に先だって記者会見し、ウクライナ情勢を巡る米欧とロシアの対立を「ひとつの世界経済のリスクだと思う」と指摘。G20会議で議論するとの見通しを示した。

前回2月のシドニーでのG20会議で合意した成長目標についても本格的な議論に着手する。

シドニーでは今後5年間でG20全体の国内総生産(GDP)を2%以上底上げする数値目標を設定。11月のG20首脳会議(サミット)での行動計画とりまとめへ、構造改革を加速させる必要性があるとの認識の共有を目指す。

アメリカの量的緩和の縮小が新興国経済に与える影響や、先進国の長引く低インフレが世界経済に及ぼす影響なども点検する。

G20会議の開幕に先立って開いたG7の非公式の財務相・中銀総裁会議は終了後に議長を務めた英国が声明を公表。ウクライナ問題を含め、世界経済全般について議論を交わしたと明らかにした。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ケミカルな生化学の最先端研究をコミカルな大嘘にすり替えた小保方晴子女史はオバカタだった! | トップページ | ウクライナ東部の「反暫定政権行動」の事態は収拾できず ロシアは欧州連合+米国と睨み合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケミカルな生化学の最先端研究をコミカルな大嘘にすり替えた小保方晴子女史はオバカタだった! | トップページ | ウクライナ東部の「反暫定政権行動」の事態は収拾できず ロシアは欧州連合+米国と睨み合い »