« オバマはダメでも、米国としては有利なカードを手に入れた国賓訪日と日米首脳会談だったと評価! | トップページ | またぞろ野合の数合わせを狙って蠢く、コエダの結いの党+日本維新の会お調子者の橋下徹 »

2014/04/25

日米首脳会談と日米共同声明(要旨)について考える事

まぁ、両国の事務方がよく練り上げた「日米共同声明」だと言える。
オバマを相手に「トラストミー」は「ダウトミー」だった、鳩山由紀夫のオバカ発言を機に迷走を始めた日米の関係をようやく元の信頼基盤まで修復できたという事に過ぎないのだが。

小澤一郎のシナリオと振り付けによる、鳩山由紀夫、菅直人の中国擦り寄り反米政権の売国政策の数々。日本がこの間に喪ったモノやコトの大きさを考えると救いようもない。
沖縄の混乱は、喜納昌吉と鳩山由紀夫+菅直人および仙石由人の結託だし、小澤一郎に擦り寄ることで名を成そうとした細野豪志の仕業である。
(この一連の事項を忘れても許してもならない)
(小澤一郎に擦り寄り名を成した政治家はいない:用済みと切り捨てられるから)

腰抜けの外務省を叱咤激励し、在米国大使館人事を大幅にやり替え、事務方トップ人事も大胆に組み替えて臨んだのだ。ここまで盛り返すのは大変だったろうと考える。

今回の混乱の要因は、小澤一郎が差したる国家戦略も持たず自分のオジェジェ稼ぎで「日米離反・反米容中」路線を野望し、野党勢力の結集を図りなどと騒ぎ立て、朝日新聞とテレビ朝日を巻き込み政治の画策をし始めて10年だ。
この後釜を、大阪のお調子者コト橋下徹が安倍晋三に擦り寄り秋波を送りながらも相手にされない時は小澤一郎一派との連携を狙っているから、日本の政治バカはどこまでも救いようがない。
諸悪の根源は、小澤一郎であり朝日新聞(テレビ朝日を含む)である。
日本のオバカ有権者は、何も考えないから「朝日脳」による深刻な汚染を受けたままだ。
またぞろ選挙で寝言を言うバカに投票するかも知れないからだ。
この際、徹底的に除染(粛正)しなけりゃダメだ!

引用開始→ 日米共同声明のポイント
(日本経済新聞2014/4/25 11:57)

【TPP】
○環太平洋経済連携協定(TPP)に関する2国間の重要な課題について、前進する道筋を特定した

○全てのTPP交渉参加国に対し、協定を妥結するために必要な措置をとるために可能な限り早期に行動するよう呼びかける。前進はあるものの、TPPの妥結にはまだなされるべき作業が残されている

【尖閣諸島】
○日米安全保障の下でのコミットメントは、尖閣諸島を含め、日本の施政下にある全ての領域に及ぶ。米国は尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する

【東シナ海・南シナ海】
○事前に調整することなく東シナ海での防空識別圏の設定を表明するといった、東シナ海および南シナ海で緊張を高めている最近の行動に強い懸念を共有する

○威嚇、強制または力による領土、海洋に関する権利を主張しようとするいかなる試みにも反対する。この地域での各国の政府および軍の信頼醸成措置の確立を強く促す

【日米同盟】
○日本の「積極的平和主義」と米国のアジア太平洋地域へのリバランス(再均衡)は、ともに同盟が主導的役割を果たすことに寄与する

○米国は集団的自衛権の行使に関する日本の検討を歓迎し、支持する

【在日米軍基地】
○普天間基地のキャンプ・シュワブへの早期移設および沖縄の基地の統合は、長期的に持続可能な米軍のプレゼンスを確かなものとする。日米両国は、沖縄への米軍の影響を軽減するコミットメントを再確認する

【エネルギー】
○米国は包括的、平和的かつ安全な原子力の利用および再生可能エネルギーの導入加速を含む日本の新しいエネルギー基本計画を歓迎した

【ASEAN】
○外交上、経済上および安全保障上の東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力を深化するコミットメントを新たにする ←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→ 安倍首相「画期的な声明」=TPP妥結へ全力
(2014年4月25日(金)12時4分配信 時事通信)

安倍晋三首相は25日午前、日米共同声明について、首相官邸で記者団に「両国にとって画期的な声明となった。日米同盟がアジア太平洋の平和と安定を確保するため、主導的な役割を果たすことを内外に示すことができた」と述べ、オバマ米大統領との首脳会談の成果を強調した。

米国との合意を先送りした環太平洋連携協定(TPP)交渉に関しては「諸懸案について前進していく道筋を確認することができた」と説明。「日米がリーダーシップを発揮し、TPP交渉が妥結するよう、他の参加国に働き掛けていく」と述べ、交渉妥結へ全力を挙げる考えを示した。←引用終わり
Copyright (C) 2014 時事通信社
©NIFTY Corporation

|

« オバマはダメでも、米国としては有利なカードを手に入れた国賓訪日と日米首脳会談だったと評価! | トップページ | またぞろ野合の数合わせを狙って蠢く、コエダの結いの党+日本維新の会お調子者の橋下徹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマはダメでも、米国としては有利なカードを手に入れた国賓訪日と日米首脳会談だったと評価! | トップページ | またぞろ野合の数合わせを狙って蠢く、コエダの結いの党+日本維新の会お調子者の橋下徹 »