« NHKの内閣支持率世論調査 安倍晋三の内閣は ほぼ安定している! | トップページ | 理化学研究所お笹井芳樹副センター長が「STAP細胞」論文共著者として「お詫び」会見を行う »

2014/04/16

オバマの国賓訪日に合わせて「TPP交渉を妥結させる必要はない」!

オバマは日本にとり役に立つのか!?
屁のカッパかも知れない無礼者だとの見方は変わらない。
周辺を偏狭で思い込みの激しいお友達が固め、あまりにも偏狭で視野狭窄も手伝い、これまでの6年ほど、世界の混乱に輪を掛けているだけじゃないか。

プラハで「核兵器の無い世界を」と演説し注目を集めたが、その結果はどうなんだ!?
ノーベル賞を貰ったけれど、本当にそれは何が理由なのか?
「期待料」だったと言う擁護者もいるが、オバマが合衆国大統領に就いて以降、地域の事情も考えず「民主主義」を原理的に押しつけるだけで、世界は混乱を極めている。

オバマのアフガン政策の矛盾は、各部族から武器を取り上げ(この費用は日本が300億円支払った)、ようやく武力抗争のないアフガンになろうとする時点で、
「国際部隊を撤収させ治安を守るため」という理由付けで、再び各部族に武器を渡し「治安部隊」という名の武力組織を形成させている。
それが次々と武力抗争を引き起こす状況になった。
これは一体ナンなのか?

米国の政策や戦略なんて、常に一貫性が無いじゃないか!?

オバマの国賓訪日で、ヨメのミシェルは来ないという。
3月にブッサイクな娘と一緒に中華毒入饅頭珍民低国へ招かれ、臭禁屁とそのヨメから一週間にわたり好待遇の歓迎を受け、様々な知恵を吹き込まれた事で、もう心は真っ赤な毛沢山語録で埋め尽くされているそうな。

中華毒入饅頭をさんざんぱら喰って間もない時期に、わざわざ日本へ不味いアベカワモチを喰いに出かけるまでもないと考えているようだ。

シカゴ自慢だけが頼りのチキン・オバマは、シカゴが財政破綻した事もあり、あと2年をナンとか生きながらえる必要があるワケで、嫌いな日本へタダだからと言いながらアベカワモチを喰いに出向いてくるらしい。

ワザワザ、来なくても良いんだよ!
来るなら「TPP」じゃなくって、中国をぶちかます「日米共同宣言」だろう!

それはしたくないってなら、来て貰いたくないね!
歓迎しない! まぁ別の意味では「無視」っていう手荒な歓迎になるかもね。

何もオバマの国賓訪日に合わせて「TPP」交渉を妥結させるために譲歩する事はないんだよ!
分かっているのか!?

この度のオバマの国賓訪日は、
「米国は日本の大切な友人で、米国は大切な日本のためならナンでもします」って宣言する事以外には無いんだ。
口先だけのアベカワモチが続けられるかどうか、これがかかっているんだよ!

引用開始→ TPP日米協議が再開 17日から閣僚交渉
(日本経済新聞2014/4/16 12:04)

【ワシントン=羽田野主】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の日米協議が15日、ワシントンで再開した。訪米した大江博首席交渉官代理は同日午後、カトラー米通商代表部(USTR)次席代表代行と会談。24日の日米首脳会談を前に、日本と米国がそれぞれ関税を守りたい農産品と自動車について、詰めの話し合いをした。

大江氏は現地で記者団に「対立点は絞られつつある。間合いを狭めたい」と語った。森健良経済外交担当大使もカトラー氏と自動車関税などを巡り協議した。17日には甘利明経済財政・再生相が訪米し、フロマンUSTR代表と閣僚レベルの協議に臨む。

交渉の行方は予断を許さない。米国は日本の牛肉と豚肉の輸入関税をできる限りなくすように働きかけており、甘利氏は15日、「(両国の主張に)かなり距離があるのも事実だ」と語った。

菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、TPP交渉について「まとめるには双方が歩み寄ることが必要だ。そのなかで満足できる解決策を見いだせるように知恵を絞りたい」としている。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« NHKの内閣支持率世論調査 安倍晋三の内閣は ほぼ安定している! | トップページ | 理化学研究所お笹井芳樹副センター長が「STAP細胞」論文共著者として「お詫び」会見を行う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKの内閣支持率世論調査 安倍晋三の内閣は ほぼ安定している! | トップページ | 理化学研究所お笹井芳樹副センター長が「STAP細胞」論文共著者として「お詫び」会見を行う »