« オバマの国賓訪日に合わせて「TPP交渉を妥結させる必要はない」! | トップページ | 韓国らしい韓国ならでは、珍島での「船の座礁・転覆・沈没事故」だ! »

2014/04/16

理化学研究所お笹井芳樹副センター長が「STAP細胞」論文共著者として「お詫び」会見を行う

誰が正しいとか、「STAP細胞」があるのか無いのか、マズゴミはネタを得たとばかりに本流でもない事に力を注ぎ、素人を巻き込み3ヶ月近く騒ぎ続けるのだろう!?

「STAP細胞」は仮説であり、仮説を実証するために研究を行い実験を繰り返しデータを集め、一つひとつ検証し「存在を証明」するワケで、その証明を成し得た時に「素晴らしい発見」とか「世紀の大発見」とされるワケである。

自然界で自然に存在する現象を新しい理論(仮説)を説明するために、予め了解された定型の論述手法で「持論」を展開し、それを読みこなした側が得心すればそれで良いのが学術論文の世界である。

そこには「捏造」「改竄」「虚飾」がないという前提の下に、当該研究の正しさが担保されているといえる。 「STAP細胞」があるのか無いのかなどと、素人が自分の事のようにギャァギャァ騒ぎ立てる事ではないのだ。

理研が1000万円もするカッシーニのソファを買っているとか、研究費というカネを使いすぎているとか、個人的な吝嗇やら妬みを軸に、本筋とは関係の無い事を非難し始めたらキリがない。
それはその昔、バナナ・レン呆(蓮舫)が間抜けな質問「2位じゃダメなんですか」と言った事を論い、激しく非難したレベルと大差ないと指摘しておく。

駆け出しの研究者が、小保方晴子女史の「STAP細胞」論文に従って実証実験に挑んでみたが、再現できなかったという事が問題になり、その点を先日の小保方晴子女史による会見で質問を受けた際に、「(STAP細胞の作成には)特別な条件やレシピがあり、それについては明かしていない」と言ってのけたのだった。

それなら「世紀の大発見」でもナンでもなく、単なる「研究途上論文」に過ぎないし、常時性を述べたワケでもないのだ。
しかし問題は、その席上で小保方晴子女史は「200回以上成功している」「(名前は明かせないが)第三者は作成に成功している」と恥も外聞も無く言い放った。
「それなら研究ノートはどうなのだ?」との質問に、これまた「あと3~4冊あります」と言い出す始末で、理研は預かった2冊のうち1冊はアニメのようなモノが書かれていただけで、とても研究を記録した(定型性のある)実験ノートと呼べる代物では無いと説明している。

これで、ほぼ小保方晴子女史の科学研究に対する「STAP細胞論文」も含め信頼は消滅したと言える。
まだご本人は、再挑戦したいと言っているが、何よりも再前提の早稲田大学大学院で受けた「博士学位」の返上(取り消し)を申請している。 (当然の事だと受け止める) 理研での任期付研究者としての前提条件が崩れているのだから、一体全体、何を言っているのかと云う事になる。

それらを受けて、笹井芳樹副センター長の「お詫び会見」である。 報じられる記事からして、件の「STAP細胞」論文が「査読」も含め極めて杜撰であった事を認めている。
(「コラコラコラム」は一貫し、手続き上の不適正を指摘してきた)

もう、この件はこれで幕にすれば良いのではないか?
今後は理研が「STAP細胞」論文に従い適正な方法で研究手順に従い作成実験を行い検証すれば良いだけの事だ。
そして作成できたなら、それは「STAP細胞」が存在する事を実証できるワケで、世界の先端再生医療科学にとり画期的な事だし、人類の生存の上からも、改めて素晴らしい発見という事になる。
それは日本の科学技術研究の大きな成果だし、それを進めた理化学研究所の能力であり、一時でも研究に参与した小保方晴子女史も栄光の一部が分けられるであろうと考える。

引用開始→ 理研・笹井氏、STAP問題「心からおわび」 論文共著者が謝罪
(日本経済新聞2014/4/16 15:16)

STAP細胞の問題を巡り、論文の共著者である理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は16日午後、都内で記者会見を開いた。

笹井氏は冒頭「大変多くの混乱とそごによる多くのご心配、疑惑を招く事態となったことを心からおわび申し上げる」と謝罪した。
「STAP研究に期待を寄せて下さるたくさんの皆さまの信頼を損ねる結果となったことにおわびを申し上げる」とも述べた。

笹井氏は「共著者として沈痛の極みだ」と心境を語った。
そのうえで、STAP論文の不正問題を巡り「日本の科学全体に対する信頼を損ねることになりかねない状態になり、研究所内外の研究者、国際コミュニティーの研究者に心よりおわび申し上げる」と重ねて陳謝した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

 

引用開始→ 笹井氏、STAP論文不正「生データ見る機会なく」
(日本経済新聞2014/4/16 15:49)

STAP細胞論文の問題を巡り、共著者の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は16日午後、都内で記者会見し、論文の不正を見抜けなかった原因として「参加したのは論文の仕上げの段階で、(実験に関する)生データやノートを見る機会がなかった」と述べた。

論文執筆については「論文の最終段階で協力した」と指摘。「執筆のアドバイザーとして参加していたつもりなので、当初は調査に加わっていなかった」と語り、同氏が研究に参加したのは「2年間の(研究)過程の中で、最後の2カ月強だった」と明らかにした。

小保方晴子氏については「直属の部下ではないので、生徒に言うようにノートを見せなさいとは現実的にいえなかった」と説明。
「自分は文章全体を俯瞰(ふかん)する立場。その責任は重大」との認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→ 「STAP現象は最も有力な仮説」 理研・笹井氏
(日本経済新聞2014/4/16 15:10)

STAP論文問題をめぐり、共著者の一人で理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は16日の会見前に配布した資料の中で、「STAP現象があるということが現在最も有力な仮説だ」と説明した。〔共同〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« オバマの国賓訪日に合わせて「TPP交渉を妥結させる必要はない」! | トップページ | 韓国らしい韓国ならでは、珍島での「船の座礁・転覆・沈没事故」だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマの国賓訪日に合わせて「TPP交渉を妥結させる必要はない」! | トップページ | 韓国らしい韓国ならでは、珍島での「船の座礁・転覆・沈没事故」だ! »