« オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す | トップページ | お調子者の橋下徹の口車に乗せられ、憐れな政治ゴロが徒党を組んだ「日本維新の会」のお粗末! »

2014/05/30

北朝鮮が、拉致、再調査「1年以内で」と空手形じゃないだろうな、しぶといからなぁ!?

日本国の首相としての安倍晋三が、首相として踏みとどまれるか、それとも以前のようにアベカワモチに堕するか、見ものといえば言葉は悪いが実際は見ものですね。

最初の「アメ玉」、制裁解除メニューは下げすぎじゃないの?
北朝鮮もいきなり強く鋭く踏み込んできたものだ。

どこまで誤魔化しが利くか?
どこまで誤魔化せると踏んでいるのか?
いや、それとも、もう日本には誤魔化しの手は使えないと観念しての事か?
宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使は失脚しなかったわけだな。
余人を以て代えがたいのだろう、結構粘り強い人物だから油断はできない。

引用開始→ 北朝鮮拉致、再調査「1年以内で」 官房長官
(日本経済新聞2014/5/30 11:33)

菅義偉官房長官は30日の閣議後の記者会見で、北朝鮮が約束した拉致被害者や拉致の疑いのある特定失踪者を含む日本人の安否に関する包括的かつ全面的な再調査の期限に関し「せいぜい1年以内だ。だらだらやるものではない」と強調した。これまでの政府間交渉でも日本側が「時間をかけるべきではない」と主張し、北朝鮮側も同意したことを明らかにした。

政府は29日、北朝鮮が日本人拉致被害者らの再調査を約束したと発表。北朝鮮が特別な権限を付与した調査委員会を立ち上げて調査を開始した段階で、人的往来や送金、船舶の入港規制などの日本独自の制裁の一部を解除するとの合意文書を交わした。菅氏は、制裁を解除した場合も北朝鮮の対応次第では再び制裁を科す可能性を示した。

安倍晋三首相は30日午前、北朝鮮の再調査について「固く閉ざされていた拉致被害者救出の交渉の扉を開くことができた。これからも北朝鮮が約束を実行するよう強く促していく」と強調した。シンガポール訪問に先立ち、首相官邸で記者団の質問に答えた。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

「だいぶ前進あった」 日本の制裁解除に期待って、
これまで、交渉や調査の前進を一方的に停めて破棄したのは、北朝鮮の側だろうが!
よく言うよ!
日本は、その点を含め踏み込んだ責任追及をしたのか!?

引用開始→ 北朝鮮大使「だいぶ前進あった」 日本の制裁解除に期待
(日本経済新聞2014/5/30 11:42)

モスクワ=田中孝幸】北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使は29日、スウェーデンでの日朝政府間協議後からの帰国中にモスクワの空港で記者団に「これまで長い間会談をやってきたが、今回はだいぶ前進があった」と語った。

政府間協議では北朝鮮が拉致被害者や特定失踪者について全面的な再調査を実施し、再調査開始の段階で日本が北朝鮮に科している独自制裁の一部を解除することで合意した。宋氏は「双方が一定の問題で共通の理解を持った」と強調。日本が「誠実に(合意を)履行することを期待する」と述べ、制裁解除に期待を示した。

再調査については「我々がすべきことは全部する」と語った。これまでの北朝鮮側の多くの努力を日本側が認めたことを評価したうえで、再調査に臨む姿勢を明らかにした。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

次は、米国の壁が待ち受けている!
アベカワモチにならないためには、この壁をどう突破するかだ。
その時に、北朝鮮が何を仕掛けてくるかだ!
まず、朝鮮総聯中央本部ビルの明け渡しは、政治問題ではない事を明らかにしておけ!

米国は、口先介入するな、と明言しろ!

引用開始→ 米、日本の制裁緩和を警戒 日朝協議で透明性を重視
(日本経済新聞2014/5/30 11:35)

【ワシントン=吉野直也】米国務省のサキ報道官は29日の記者会見で、北朝鮮が日本人拉致被害者の再調査に応じたことに関連し、日本政府の拉致問題への取り組みを支持する一方で「透明性」を重視する方針を示した。北朝鮮の再調査に伴う制裁緩和論を警戒する立場を示唆した。

サキ氏は北朝鮮が日本人拉致被害者の再調査を約束したことに関して「日本との日ごろの対話から事前に知っていた」と明かした。北朝鮮との政府間協議を通じた日本の拉致問題への対応には「透明性のある形で拉致問題を解決しようとする日本の取り組みは支持する」と従来の見解を繰り返した。

日本が制裁を緩和すべきかどうかは「情報を持ち合わせていない」と明確な言及は避けた。ただ、日朝が制裁緩和の議論をする計画があるのかどうかを「注意深く見守る」とも語り、警戒する姿勢をにじませた。

米政府は日韓中ロと協力して北朝鮮に制裁を科し、核・ミサイルを含めた包括的な解決をめざすのが基本的な立場。再調査をきっかけに日朝が突出して接近し、北朝鮮への圧力が弱まることへの懸念もある。米政府には20年以上も挑発と接近を繰り返しながら核・ミサイルの開発を進める北朝鮮への不信が根強い。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す | トップページ | お調子者の橋下徹の口車に乗せられ、憐れな政治ゴロが徒党を組んだ「日本維新の会」のお粗末! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す | トップページ | お調子者の橋下徹の口車に乗せられ、憐れな政治ゴロが徒党を組んだ「日本維新の会」のお粗末! »