« メキシコから訪日した賓客を迎えたお話の一部だけを都合良く | トップページ | ウクライナ大統領選挙は順当に終了 親ロシア派と結果は尊重のプッチン・プーチンはどう出る? »

2014/05/25

東シナ海で中国軍機が自衛隊機に異常接近する! 臭禁屁暴走し続ける軍を制御統括できず

防衛省は、事実の公表が遅い!
半日経ってから公表するって如何にもではないのか!?

中華毒入饅頭珍民低国を率いる臭禁屁は、中華毒入饅頭狂散倒の軍隊である珍民怪呆群を全く制御できない状態に追い込まれているようだ。
もう国家を打倒し中華毒入饅頭狂散倒を解体する以外に途はないようだが、それ以外に救いようがないみたいだ。

国際社会はその一点に注目している。
アフガニスタンの再建で揉めに揉め、争い続けながら、カルザイという大統領は「カネ」を見せられちらつかされると、わざわざ他国の援助金を使い上海まで出向いて中華毒入饅頭珍民低国の臭禁屁の「屁」を嗅いで平気な様子だ。
やがて中華毒入饅頭狂散倒の指令を受けるようになるだろう。

アフガンは大義の無い中華毒入饅頭珍民低国を支配する中華毒入饅頭狂散倒の臭禁屁に支配される事だろう。
米国とその尻馬に乗せられた欧州社会も日本も、ここまでの裏切り行為を平然と行うクソ野郎を占拠で仮にも大統領に就けてやって、コケにされ本当に良いツラの皮だ、

それにも腹が立つけれど、臭禁屁のアホヅラから溢れ出るクソ自信だ。
全く珍民怪呆群の房総を統御できないのを世界に曝し続け、一体全体どうなんだ!?

南シナ海で、フィリピンとベトナムを相手に一悶着を興し、東シナ海では日本と一悶着興そうと明確な挑発に出て来た。
インド洋には、例のマレーシア航空機が行方不明になった事を受け捜索するのだと口実を付け、艦船を展開している。
遅れてきた阿呆の国だと、国際社会は小馬鹿にしていると、本当に戦争を仕掛けてくるのだ。
現在は、その理由を創り出すために「チョッカイ」をかけ相手の反応を見ているのだ。
やるときは、一気に叩き潰す覚悟が要る。

こんな時に、究極の売国奴村山富市が死に場所を求めて手下の吉田(社民党党首)を引き連れ中華毒入饅頭珍民低国を支配する中華毒入饅頭狂散倒は臭禁屁の屁を嗅ぎに出かけるそうだ。
売国奴は売国奴に相応しい行動に出るようだ。

引用開始→ 中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近
(NHKnews 2014年5月25日2時51分)


K10047038311_1405250258_1405250306_
中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近

東シナ海の日中中間線付近で24日、監視飛行中の自衛隊機に中国の戦闘機が相次いで近づき、一時、30メートルから50メートルまで接近しました。
防衛省によりますと、中国機が100メートルを切る異常な近さで自衛隊機に接近するのは初めてだということです。

防衛省によりますと、24日午前11時ごろ海上自衛隊のOP3C画像データ収集機が東シナ海の日中中間線付近で監視飛行していたところ、中国軍の戦闘機が後ろから追い抜くように接近したということです。

さらに正午ごろには、ほぼ同じ空域で監視飛行していた航空自衛隊のYS11電子測定機に対しても、中国軍の戦闘機が追い抜くように接近したということです。

接近したのは中国軍のSu27戦闘機で、OP3Cに対してはおよそ50メートル、YS11に対してはおよそ30メートルまで近づいたということです。
防衛省によりますと、中国機が100メートルを切る異常な近さで自衛隊機に接近するのは初めてだということです。

自衛隊が撮影した写真では、中国機の翼の下に、白いミサイルのようなものが確認できます。
防衛省によりますと、自衛隊機への被害はないということです。
関係者によりますと、自衛隊の2機は、中国海軍とロシア海軍が東シナ海で行っている合同演習などを監視するため飛行していたということです。

現場は日本と中国の防空識別圏が重なる空域で、防衛省によりますと、中国機による無線での警告などはなかったということです。

「危険な行為」と中国側に申し入れ
小野寺防衛大臣は、「偶発的事故の発生につながりかねない危険な行為であったと認識しており、政府として、外交ルートを通じて中国側に申し入れを行った。わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜くため、今後も警戒監視活動に万全を期していく。また、日中の防衛当局間で、海上での安全確保について話し合うことは重要で、不測の事態を回避するためにも、海上連絡メカニズムの早期の運用開始を目指して、中国側に働きかけていく」というコメントを出しました。

東シナ海で緊張高める動きも
東シナ海では、去年1月、中国海軍の艦艇が日本の護衛艦などに射撃管制レーダーを照射し、11月には、中国が尖閣諸島を含む広い空域に防空識別圏を設定するなど、緊張を高める動きが出ています。

また、日中間の不測の事態を回避する取り組みは、おととし6月、日中の防衛当局間で、ホットラインの設置や、現場部隊どうしが交信できる無線チャンネルの設定などで合意したものの、その後の日本政府による尖閣諸島の国有化以降、進展していません。
一方で、先月、海上自衛隊と中国海軍など太平洋地域の各国海軍は、相手の艦艇に射撃管制レーダーを照射するといった行為を避けるなどとした、不測の事態を回避するための行動基準を定め、合意していました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« メキシコから訪日した賓客を迎えたお話の一部だけを都合良く | トップページ | ウクライナ大統領選挙は順当に終了 親ロシア派と結果は尊重のプッチン・プーチンはどう出る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メキシコから訪日した賓客を迎えたお話の一部だけを都合良く | トップページ | ウクライナ大統領選挙は順当に終了 親ロシア派と結果は尊重のプッチン・プーチンはどう出る? »