« 日本国内の「中国かぶれ・売国脳」ドモへ、これでもまだ目覚めぬか! | トップページ | 東京高裁も売却を支持! 朝鮮総聯よ責任をとり中央本部ビルから退去せよ »

2014/05/12

ASEAN10で、カンボジアとラオスは中国の属国植民地らしい!

ASEAN10は「関係する全ての当事国が行動を控えるよう」にとの共同声明で、
この2カ国の状況が再び明らかにされた。
カンボジアは脳毒に冒されたシハヌークが中華毒入饅頭狂散党と珍民低国征腐から受けた借りを、いま利息を付けて返却させれている。
それにも気付かないカンボジア政府と議会そしてカンボジアの民草に悲しさを禁じ得ない。

ラオスも同じだ、ASEANスポーツ大会(SEAGAME)の会場建設で全面的に中華毒入饅頭珍民低国の申し出を受け、その全てに無償援助を得た(頼った)事で、その瞬間から中華毒入饅頭珍民低国の属国植民地に成り下がった。

ASEAN10は気付くべきである。
中華毒入饅頭珍民低国は、インドシナ半島部でラオスとカンボジアを支配する事によりインドシナ半島の南北に実質的な中国領を完成させ、日本が建設中のASEAN東西回廊(ミャンマー・ヤンゴン~タイ・チェンマイ~ラオス・サバナケット~ベトナム・ダナンを結ぶ物流ハイウェイ)とASEAN南北回廊(タイ・バンコク~カンボジア・プノンペン~ベトナム・ホーチミン/ブンタウを結ぶ物流ハイウェイ)を分断できるのだ。

Aseanway

ASEAN ハイウェイ(効果的な陸上輸送網で物流の効率化で共通市場の形成を)

そして南シナ海の海上支配である。
インドシナ半島は実質的に全部が「中華毒入饅頭珍民低国」領と同じ事になるワケだ。

現在、タイの政治をひっくり返そうと、タイの野党(民主党)を工作員が焚きつけ騒乱を収める気配が無い。
中華毒入饅頭珍民低国は「狂散党」の意に沿う政権造りに必死で取り組んでいる。

「南シナ海」の領有権争いに目を奪われているようだが、中華毒入饅頭珍民低国を押さえる中華毒入饅頭狂散党の狙いはASEAN大陸部と南シナ海を自国の内海に編入し「自由自在」に振る舞う事なのである。

タイの王室もカンボジアの王室も、ハッキリ言って無知で無責任な単なる「阿呆」だ!
マレーシアは、マレーシア航空機の行方不明事件で「中華毒入饅頭珍民低国」に大きな借りを作ってしまった(やはりあのMH航空機謎の不明事件は中華毒入饅頭珍民低国の仕掛けによる仕業かも知れない)。

ミャンマーは、ある時期に「気がついた」そこで中国離れを自ら考えるようになった。
無知で無定見で無原則なアッフォ~どもは、ASEANのリーダーは自由な国シンガポールだと主張するだろう。
シンガポールなんて、65%は華人(中国人)の国だ、いつでも工作員が自由に行動できる事を知らない「似非インテリの寝言の戯言」に過ぎない。

基本的には、息の長いタームの仕掛けによる事案(タイ・カンボジアの領有工作)と、短期決戦で象徴的に仕掛けた事件(MH航空機行方不明)、そして十分な準備をした上で仕掛ける実力行使(ベトナム領海での実力行使)、これらは中華毒入饅頭狂散党の政治戦略を受けた指導による軍事戦略としての一貫性があるのだ。

日本の似非インテリは言うに及ばず、ASEAN10は、カンボジアとラオスそしてタイも含めて、亡国の民は脳毒に冒されきっているらしい。情けない!

|

« 日本国内の「中国かぶれ・売国脳」ドモへ、これでもまだ目覚めぬか! | トップページ | 東京高裁も売却を支持! 朝鮮総聯よ責任をとり中央本部ビルから退去せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本国内の「中国かぶれ・売国脳」ドモへ、これでもまだ目覚めぬか! | トップページ | 東京高裁も売却を支持! 朝鮮総聯よ責任をとり中央本部ビルから退去せよ »