« 北朝鮮が、拉致、再調査「1年以内で」と空手形じゃないだろうな、しぶといからなぁ!? | トップページ | 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! »

2014/05/30

お調子者の橋下徹の口車に乗せられ、憐れな政治ゴロが徒党を組んだ「日本維新の会」のお粗末!

もとより泡沫政治ゴロに過ぎない、お調子者の橋下徹を持ち上げ続けたマズゴミの責任を問う事が最初だろう。
その場の思いつきを繰り返し発言する事で風を得て、巧みに時流を形成してはみたものの、中身がないから一巻の終わりじゃないか。

この程度のお調子者を持ち上げた石原慎太郎は本当に耄碌しちゃったんだよ。

別立てのSNSにコメントで、
「平沼さんも郵政なんかに拘らず、自民党に戻ればよいのに」とか、無責任なアホ発言も届けられたが。軽々にモノを言うな!バカ野郎!

平沼赳夫さんは、極東軍事裁判で極刑に処せられた平沼騏一郎元首相のご子息である。
日本の根源を解体するための現在の「日本国憲法」を廃止し、
日本の誇りを取り戻し「自主憲法制定」にその政治生命を賭しているのだ。

事情も分からないドアホが、軽々にモノ言うのは自由ではあるが、世の中には許せる事と許せない事がある事くらい弁えろ。

まず、口先八丁の橋下徹を踏み潰せ!
利権回復と利権拡大しか能のない松井一郎を踏み潰せ!
先ずは、そこからだ!
「コエダの党」の江田憲司なんざぁゴミである!
日本にとって百害あって一利なしだ。
それは橋下徹も同じ事だ。

政界をスッキリさせるためにも、ゴミクズ議員を一掃しろぃ!

引用開始→ 「第3の道」途絶え中間派、“草刈り場”に 
(産経MSN2014.5.30 13:11)

日本維新の会が29日に正式に分党を決めたことを受け、進路を決めていない「中間派」への勧誘は石原慎太郎、橋下徹の両共同代表サイドから強まった。橋下氏は「きれいに分かれることで合意した」と強調したが、分党後の勢力は今後の野党再編の影響力にも直結する。それだけに石原、橋下両サイドは切り崩しに躍起となっている。

「石原、橋下両サイドから勧誘の電話が来ているが、まだ決められない」

衆院当選1回の維新議員は困惑気味に、こう語る。中間派は「草刈り場」となっているのが実態だ。

維新は発足当初、大きく3つのグループに分かれていた。橋下氏率いる地域政党「大阪維新の会」、石原氏らの太陽の党系、山田宏、中田宏両衆院議員ら日本創新党の勢力だ。だが、合流から約1年半がたち、もはやその色分けは難しい。「石原新党」への参加を望む大阪選出の衆院1回生議員は「維新から離れたくない」と嘆く。

山田、中田両氏らは一時、維新でも石原新党でもない「第三の道」を模索した。だが、29日夜の執行役員会では、維新と石原新党以外の選択は認めない方針を確認。政党交付金を手にすることができない「第三の道」は途絶え、山田氏はその後に出演したBS日テレ番組で「結いの党と合流するところには行かない」と石原新党に加わる意向を示した。

その山田氏は30日に維新、みんな両党の有志議員による勉強会「自主憲法研究会」を設立する。「自主憲法」は石原氏が分党を決意したこだわりのテーマ。維新から約20人が参加し、石原氏とみんなの浅尾慶一郎代表が顧問に就く。山田氏は同番組で「(石原新党が)みんなと統一会派を組む方向で行くだろう」との見通しを示した。ただ「維新の参加者全員が石原新党に行くとは限らない」との声も漏れる。

石原氏は記者会見で橋下氏を「希有(けう)な存在だ。今でも期待している」と持ち上げ、橋下氏も「時間を忘れるぐらい学ばせてもらった」と応じ、今後の連携に含みを持たせたが、分党は文字通り決定的な分かれとなりそうだ。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

|

« 北朝鮮が、拉致、再調査「1年以内で」と空手形じゃないだろうな、しぶといからなぁ!? | トップページ | 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮が、拉致、再調査「1年以内で」と空手形じゃないだろうな、しぶといからなぁ!? | トップページ | 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! »