« 韓国政府も追い込まれてるから、韓国旅客船沈没、会長一族の全員逮捕、資産没収は当然だろう | トップページ | オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す »

2014/05/29

維新の会は空中分解だ! そもそも橋下徹と野合した石原慎太郎が耄碌していたんだ!

もとより、石原慎太郎が、チョロいバカゾウの橋下徹に「統合」でナメられた事が原点だろう。
オツラに薄情と画いている薄唇の「コエダの党」と合併統合するなんて、「野合」そのものだろうが、如何にもアオカンやらコスプレやらスワップが大好き橋下徹ならではだ。
最初からオツムの狂った口先政治ゴロの橋下徹と、特定団体の利権回復と拡大だけが目的で、提灯持ちで下足番の松井一郎ならではだ。

「自主憲法制定」を掲げて衆議院の総選挙を行い得票して、全く逆で正反対の「コエダの党」に結ばれようって、さすがに出が出だけにオツムも根性も腐りきっている。

分党じゃなくって、分裂空中分解だろうが。
石原慎太郎に向かって、「出て行けよ!」とほざいた大阪のオバカは、テメェ~の首でも洗って待ってやがれ!
次は叩き落として踏みつけてやらぁ~!

石原慎太郎は橋下徹が小澤一郎に抱え込まれるのを懼れた事が、今日に至る混乱の始まりだった。
その点で「本当に耄碌したな」と、当時思ったのだが。
当初のコンセプトどおり、平沼赳夫+石原慎太郎(+田母神俊雄)である事を大切にして貰いたい。(別に支持しているワケじゃないけれど、政治家は原則が大事だ)

引用開始→ 石原氏が新党結成表明
(2014年5月29日(木)16時6分配信 共同通信)

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は29日午後、国会内で記者会見し、橋下徹共同代表と日本維新の「分党」に合意したことを踏まえ、新党結成の手続きを進める意向を表明した。日本維新は同日夜に執行役員会を開き、分党を正式決定する。30日には両院議員懇談会を開き、党所属国会議員から意見聴取する。

石原氏は会見で、結いの党との合流に反対する理由について、憲法観などで隔たりが大きいと強調。橋下氏が合流を目指していることに関し「野党再編の引き金になるとは思えない」と述べた。「憲法を変えて、この国を立て直したい」とも語った。←引用終わり
Copyright (C) 2014 共同通信社
©NIFTY Corporation

引用開始→ 石原氏、分党を表明「結いとの合流、合点いかない」
(日本経済新聞2014/5/29 15:34)

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は29日午後、国会内で記者会見し、「結いの党との合体は選択の方向が違い、合点がいかない」と述べ、維新を分党する方針を正式に表明した。結いは憲法観や集団的自衛権行使に関する考え方が異なるとして「自分が政治生命をかけている問題で節を曲げるのは(有権者への)背信行為だ」と強調した。

石原氏は28日に名古屋市内で橋下徹共同代表(大阪市長)と会談した際に分党を申し入れたと説明。分党した後、石原、橋下両氏のそれぞれの政党が候補者の選挙区調整することを確認したと明らかにした。

石原氏は維新が結いとの合流協議を進めるなかで「憲法や集団的自衛権の問題をめぐって見解に大きな食い違いが生じた」と語った。「憲法を変えて国を立て直したいと考えたことが国会議員になった理由だ」と述べ、「自主憲法制定」を認めない結いとの合流が受け入れられないとの考えを重ねて述べた。

維新と結いとの合流については「再編の引き金にはならないと思う」と否定的な見方を示した。28日に8人の党所属議員から分党に向けた提案を受けて決意したことも明らかにした。一方で「橋下くんと出会ったことは快事だ。たもとを分かつのはつらい」と語った。

安倍晋三政権に関しては「高く評価している」と強調。新党の立ち位置に関し「自民党より保守的と言われても主張すべきは主張しないといけない」と語った。規模については「先のことは分からない」と述べるにとどめた。自らに近い藤井孝男国会議員団総務会長が橋下氏側との分党に向けた交渉を担当するとした。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 韓国政府も追い込まれてるから、韓国旅客船沈没、会長一族の全員逮捕、資産没収は当然だろう | トップページ | オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国政府も追い込まれてるから、韓国旅客船沈没、会長一族の全員逮捕、資産没収は当然だろう | トップページ | オバマは懲りないねぇ 南シナ海はもとより東シナ海での中国の暴挙を「口先非難」で茶を濁す »