« 台湾は中国に「中国と台湾の連携は困難」と表明 強欲な中国を牽制する動きが活発に! | トップページ | 阪急・十三駅 西改札口の営業を再開! »

2014/06/01

日米の分断を目指し日本をより強く非難する 中国独特の子供じみた汚い昔の論法だ

先祖返りを狙っている臭禁屁だが、本当に毛沢東の時代に戻ったのか?

繰り出す論法が、手垢に塗れ臭気プンプンの子供じみた「日米分断」に出てきた。
バカか、アホかと、言えば気が狂っているとしか言えない。

同じく批判を受けて、
ヘーゲルの指摘や批判には、柔らかく反論し、
日本の首相である安倍晋三の指摘や批判には、激しくヒステリックに口を極めて反論する。
それは子供の喧嘩と同じで、アホに点ける薬は無いとしか云いようもない。

オツムが足りないチキンのバラック・オバマは、これまた輪をかけた呆気だから、分断されようとしている事(罠)にも気付かず、毒入饅頭をたらふく喰わされ珍民に成り下がっている、阿呆ヨメのミシェルに言いくるめられるのではないか。

一応、中華毒入饅頭珍民低国の珍民怪呆群の副参謀総長たる人物がバカ面を曝し、この種の事を言ったという記録を残しておいてやる。

引用開始→ 「安倍首相は中国を挑発」 中国軍幹部、米にも反発
(日本経済新聞2014/6/1 12:14)

【シンガポール=共同】中国人民解放軍の王冠中副総参謀長は1日、シンガポールのアジア安全保障会議で演説し、中国をけん制した5月30日の安倍晋三首相の発言に対し「中国を挑発しており、決して受け入れることはできない」と反発した。

ヘーゲル米国防長官による中国非難発言についても「覇権主義や威嚇、脅迫に満ちており、アジアの不安定要素をもたらす」と強く批判した。

その上で日米が「共同で歩調を合わせて中国に挑戦を仕掛けた。中国は最小限の反応をしているだけだ」と主張した。

王氏は、習近平国家主席がアジア相互協力信頼醸成会議(CICA)首脳会議で提唱した中国主導の安全保障秩序の構築も呼び掛けた。

中国批判を強める米国への対抗軸を打ち出して、東南アジア諸国連合(ASEAN)に中国包囲網に加わらないようくぎを刺す狙いとみられる。

安倍首相は5月30日、アジア安全保障会議の基調講演で、中国による東シナ海上空への防空識別圏設定などを念頭に「力による現状変更の試み」に懸念を表明。ヘーゲル長官も31日、中国が南シナ海で一方的行動を繰り返し、地域を「不安定化させている」と非難した。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 台湾は中国に「中国と台湾の連携は困難」と表明 強欲な中国を牽制する動きが活発に! | トップページ | 阪急・十三駅 西改札口の営業を再開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾は中国に「中国と台湾の連携は困難」と表明 強欲な中国を牽制する動きが活発に! | トップページ | 阪急・十三駅 西改札口の営業を再開! »