« イラク内戦 反政府武装勢力がイラク最大の油田製油所の大半を制圧した模様 | トップページ | 嫌われるために嫌韓理由を増幅させる目的で「竹島」沖合(日本領海)海域で実弾射撃に出たバ韓国! »

2014/06/19

「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない!

カジノを前提とした複合観光施設などと言い換えて、凡そ人生そのものがサル以下になったりシェンシェ~になったりのバクチ人生議員が、推し進めようとしている「カジノ法案」は今国会では採決見送りとなった。

いずれ、採決するのだろうが、早い話が国が「バクチ」を奨めようってだけじゃないか。
進めている側のヤツらのオヅラというか面子を観るとヒドイねぇ~!

日本は「バクチ国家」を目指してはイケナイ!
そんな事に頼らず、もっともっと他にイッパイ魅力的で可能な事が山ほどある。
「他の国がやっている、他の国へ出かけてカネを使うのは如何か?」とは噴飯物の言い種だ。
オツムのイカレた人生の落伍家やら、やはり毀れた首長やら、その他モロモロの腹黒アリどもがバカ丸出しで蝟集している。

オッと、この引用記事を掲げる日本経済新聞は推進広報機関紙そのものだ!
もともと「ネオコン」なのだが、安倍晋三をイマイチ信用できず怪しいと受け止める理由は、吟味もせず「カジノ法案」を推進し、平然と破綻している「新古典派経済学」に乗ろうとする事に象徴され「アベカワモチ」として本来の馬脚を顕しているからだ。

引用開始→ 「カジノ法案」、今国会の採決見送り 継続審議へ
(日本経済新聞2014//6/19 0:33)

カジノを中心とした統合型リゾートを推進する「特定複合観光施設(IR)区域整備推進法案」が18日、衆院内閣委員会で審議入りした。治安悪化を懸念する公明党内に配慮し、審議開始が遅れていた。22日の今国会会期末が迫っており、自民党は採決を見送り継続審議とし、秋の臨時国会での成立を目指す。

共同提出者の細田博之自民党幹事長代行は18日の同委で「国民不安も大きく、丁寧に議論を深めていくことが大事だ」と述べた。

同法案は昨年12月、自民党、日本維新の会、生活の党の3党が共同提出した。施設整備への政府の支援を明記し、施設関係者を規制する「カジノ管理委員会」を内閣府の外局に置くことを盛りこんだ。安倍晋三首相は5月末、シンガポールのカジノ施設を視察し、政府は月末にまとめる成長戦略にもIR設置の検討を盛りこむ方向だ。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« イラク内戦 反政府武装勢力がイラク最大の油田製油所の大半を制圧した模様 | トップページ | 嫌われるために嫌韓理由を増幅させる目的で「竹島」沖合(日本領海)海域で実弾射撃に出たバ韓国! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イラク内戦 反政府武装勢力がイラク最大の油田製油所の大半を制圧した模様 | トップページ | 嫌われるために嫌韓理由を増幅させる目的で「竹島」沖合(日本領海)海域で実弾射撃に出たバ韓国! »