« 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! | トップページ | 2020年の「東京オリンピック」のためと言えば、全てが許されるワケではない! »

2014/06/01

石原慎太郎は騒がしい保守を、橋下徹は出庄に見合う先祖返りを、それぞれ選べば良いのだ

保守には「真正保守」もあれば「騒がしい保守」もある。
右翼には「理論右翼」もあれば「街頭右翼」もあるし「ネトウヨ」もある。
真面目に考える人から騒ぎたいだけの人までそれぞれだ、

石原慎太郎の思考形態や表現行動に近いのは「田母神俊雄」だろう。
「西村真悟」も遠くないが、広汎に人を惹き付ける人物としての器量では、どこかに限界がある。
その点、田母神俊雄は有力なように見受ける。

まぁ、石原慎太郎も後継の人物を得られたのだから結構な事ではないか!?

橋下徹は、出庄に見合う先祖返りで、江田憲司の「コエダの党」から前原誠司+細野豪志の「民主党」って、阿呆は阿呆らしく何処までも無原則だ。
数合わせが好きな無能で無責任の集団じゃないか!

世の中には、小澤一郎を消し去れないオバケ二世(偽)がうようよしているんだ。

引用開始→ 石原新党、キーマンは田母神氏 国家、歴史観に共通点…3月に連携確認
(夕刊フジ2014.05.31)

日本維新の会の「分党」をめぐり、去就が注目されている田母神俊雄元航空幕僚長(65)が31日夕、ブラジルや米国での講演旅行を終えて帰国する。維新の石原慎太郎共同代表(81)と国家観、歴史観が共通するうえ、1月の東京都知事選では組織も持たずに61万票以上を獲得したこともあり、新党立ち上げのキーマンとみられている。

「田母神氏は都知事選後、真性保守新党を自ら立ち上げるための準備を進めてきた。党綱領もほぼ書き終えている。ただ、このタイミングで維新が分党するとは予想していなかった」

こう語るのは田母神氏の側近だ。

維新国会議員団は30日午後、両院議員懇談会を国会内で開き、石原氏と橋下徹共同代表の合意に基づき、維新を「分党」する決定を執行部が説明した。衆参62人の所属議員に対し、6月5日までに、どちらのグループを選択するか意思表示を求める予定だ。

こうしたなか、石原氏が、平沼赳夫代表代行(74)ら国会議員の同志とともに、新党のキーマンと考えているのが田母神氏とされる。

石原氏は都知事選でも「田母神さんはとっても強い人。(政治には)サムライが必要だ」などと個人的に支援。3月に会食した際は、石原氏が「国政に入ってほしい」と呼びかけ、田母神氏も「国政に挑戦したい」と応じるなど、今後の連携を確認したという。

前出の側近は「田母神氏は、石原氏と平沼氏を尊敬している。ともに新党を立ち上げて、次の国政選挙を目指すことになるはずだ。『日本を取り戻す』として都知事選に挑戦し、都内だけでなく全国の方々から熱い支援を受けた。この思いを大切にしたい」と語る。

田母神氏は6月2日夕、都内で「新生日本を創るために」と題する講演を行う。ここで、新党立ち上げや、国政挑戦の決意表明が聞けそうだ。←引用終わり
Copyright © 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! | トップページ | 2020年の「東京オリンピック」のためと言えば、全てが許されるワケではない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米空軍の無人偵察機「グローバルホーク」の三沢基地配備を歓迎する! | トップページ | 2020年の「東京オリンピック」のためと言えば、全てが許されるワケではない! »