« 社会運動は世の東西や体制を問わず、本質が伏せられ何処かで誰かに煽動され発生し拡大する | トップページ | 石炭火力の燃焼効率を技術革新(IGCC方式からIGFC方式)で変えれば解決できる事だ! »

2014/06/06

ベトナムへの友情と対中支援 米豪日が結束し海自輸送艦でベトナム・カンボジア・フィリピン訪問

良い事だ!
素晴らしい事だ!
もっともっと、象徴的な協力支援を続けよう!
ベトナムとフィリピンを積極的に支援しよう!
中国を牽制しよう!

カンボジアで強力な権益を保ち続ける「中国と北朝鮮」を追い払おう!
併せて「韓国」も追い出そう!

米国は一日も早くフィリピンのスービック海軍基地を回復し南シナ海への展開をすべきだ。

引用開始→ 米豪軍乗せた日本海自艦、ベトナム入港 3カ国結束で中国牽制
(産経MSN2014.6.6 19:04)

南シナ海に臨むベトナム中部ダナンの港に6日、米軍とオーストラリア軍の隊員計約140人を乗せた海上自衛隊の輸送艦「くにさき」が入港した。ダナン市内で医療支援と文化交流を行うのが目的だ。

南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域では中国の石油掘削作業を発端に、中国とベトナムの公船などが衝突を繰り返し緊張が高まっている。ダナン訪問は地域の海洋安全保障に関与を強める日米豪3カ国が結束して中国を牽制(けんせい)する格好となった。

活動は米軍が中心となり、アジア太平洋地域で医療活動などを行う「パシフィック・パートナーシップ」の一環。自衛隊は7月15日までの予定でベトナム、カンボジア、フィリピンを訪問する。

くにさきには海自の人員約150人と米軍の約130人、オーストラリア軍の約10人が乗り込み、米海軍横須賀基地を5月29日に出航した。海自当局者によると、海自輸送艦が米軍やオーストラリア軍の要員を大規模に運ぶのは初めてという。(共同)←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

|

« 社会運動は世の東西や体制を問わず、本質が伏せられ何処かで誰かに煽動され発生し拡大する | トップページ | 石炭火力の燃焼効率を技術革新(IGCC方式からIGFC方式)で変えれば解決できる事だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会運動は世の東西や体制を問わず、本質が伏せられ何処かで誰かに煽動され発生し拡大する | トップページ | 石炭火力の燃焼効率を技術革新(IGCC方式からIGFC方式)で変えれば解決できる事だ! »