« STAP細胞 再現実験というか実証実験というか 疑惑は解明されなければならない! | トップページ | 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! »

2014/06/19

イラク内戦 反政府武装勢力がイラク最大の油田製油所の大半を制圧した模様

それみた事か!
内戦は、最初の段階に一発で仕留め制圧できなければ、
その後は勢いを増す事で、手強くなり制圧は難しくなる。

イラクのマリキ政権は勝てるかと懐疑的な見解を示したのはそのためだ。

最初は、米国も放置できないと考えたのだろう。
オバマは、イラクのマリキ政権(政府)を支援するとの声明を出した。

動かしたのはペルシャ湾へ原子力空母と駆逐艦2隻を派遣し、空爆姿勢を明らかにてみたものの、前後してヘーゲルが「イラク支援のために、イラクに挙国一致を求める」と到底できない条件を出した。

次に、オバマは「地上軍は投入しない」と前述を翻し訂正に出た。
(いつもの口先だけである事を露呈させた)

イランがイラクのマリキ政権を米国と協議しても支援すると表明。
米国は表面的に歓迎を示すが、実際に米国は何もしていない。

もうバグダッドの陥落は時間の問題だ!

それでもオバマは何もしない事が明らかになった。

引用開始→ イラク過激派、国内最大製油所の大半を制圧
(讀賣新聞2014年06月18日 21時08分)

【カイロ=久保健一】イラクのイスラム教スンニ派の過激派組織「イラク・シリアのイスラム国」(ISIS)が18日、中部バイジの製油所を攻撃し、ロイター通信によると、生産ラインや監視塔を含む施設の「75%」を制圧した。

戦闘は同日朝、施設入り口付近で始まった。イラク軍にも大きな被害が出た模様だ。イラク当局者は、戦闘で過激派戦闘員約40人を殺害し、車両6台以上を破壊したとしている。

製油所は日量30万バレルの石油精製能力を持つ国内最大の製油所。製油所は11日以来、過激派に包囲されており、17日には操業が停止され、外国人スタッフはヘリコプターで退避した。←引用終わり
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

イラクの武装反政府テロ組織との内戦で、オバマは口先で「空爆」すると言ってみたものの結局は、バラック小屋の大将に過ぎぬチキン・オバマの正体を露呈する。
中国もロシアも大笑いだろう! 日本人よ目を覚ませ!

引用開始→ オバマ大統領、イラク空爆見送り=米
(時事通信2014/06/18-14:12)

【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、オバマ大統領がイラク空爆を当面見送る決断をしたと報じた。←引用終わり
©Jiji Press

こんなヤツを本当にどこまで信用するのか?
フィリピンのアキノ大統領も口先オバマを信用できないと、
24日に、急遽「日比首脳会談」を求め、日帰りでマニラから東京を往復する

|

« STAP細胞 再現実験というか実証実験というか 疑惑は解明されなければならない! | トップページ | 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« STAP細胞 再現実験というか実証実験というか 疑惑は解明されなければならない! | トップページ | 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! »