« 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! | トップページ | 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! »

2014/06/20

嫌われるために嫌韓理由を増幅させる目的で「竹島」沖合(日本領海)海域で実弾射撃に出たバ韓国!

後ろから中華毒入饅頭珍民低国の臭禁屁に唆され、
それを実行しようというのも、さすがにオバカを大統領に冠するだけの国ですねぇ。

パックン・クネクネ、もうどうしようもないって、こういうのを言うのでしょうね。

挑発行為って、もう、その類いじゃないですよね。
こういうのを明らかな宣戦布告無き侵略行為って言うのです。

普通の神経や思考回路を持つなら、
国際社会へ「領有権問題」があるのだと主張している側が、
敢えて「軍事訓練領域」に加える事はしないものです。

バ韓国ですから、自国領域である事を国際社会へ示し知らしめる目的で、姑息にも僅か加え、日本の反応を試そうと試みているワケでしょうが。
これに対し、日本は明確な意志を示す必要があります。
スカスカスガーの眠たい寝言と変わらない会見指摘なんぞで「茶」を濁す事柄じゃないのです。

安倍晋三内閣は、領土領海領空を守り国民の生命財産を守り切ると公言しているワケですから。
主権を侵され領土領海を侵されて看過する事は許されません。
武力で対抗する事もありましょうが、
何らかの実利に影響を与える「制裁」を検討し実施する必要があります。

引用開始→ 韓国、竹島沖で射撃訓練開始 新たな火種の懸念
(日本経済新聞2014/6/20 10:54)

【ソウル=小倉健太郎】韓国海軍は20日午前、島根県竹島(韓国名・独島)沖の日本領海を含む海域での射撃訓練を始めた。事前通報を受けた日本は中止を要請したが、韓国側は「訓練は韓国固有の領土である独島周辺海域で実施されるものだ」として実施する考えを示していた。日本政府による河野談話の検証結果発表を前に、日韓の新たな火種になりそうだ。

訓練海域は竹島南西沖の東西約150キロ、南北約55キロの長方形。このうち北東端の一部(南北約6キロ、東西約3キロ)が日本領海と重複しているという。韓国国防省関係者は「2012年にも同じ海域で訓練をしたがその際は日本から抗議や中止要請はなかった」と説明している。同省広報担当官は20日の記者会見で「訓練は計画通り進行している」と話した。

朴槿恵(パク・クネ)大統領が新首相に指名した文昌克(ムン・チャングク)氏は同日、韓国の記者団に対し「日本がなぜ文句をつけるのか理解ができない」と話した。聯合ニュースが報じた。

海上保安庁は18日に航行警報を出し、訓練海域付近を通る船舶に注意を促している。日本領海を含む海域で他国が射撃訓練を行うとして航行警報を出すのは異例だ。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! | トップページ | 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カジノ法案」採決見送りへ 日本はバクチ国家を目指してはならない! | トップページ | 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! »