« 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! | トップページ | 都議会の「ヤジ」報じられる中身に「品」はないが背景と要因を考えないの 珍民裁判ですか? »

2014/06/20

公正な研究って当たり前 世の中には汚い手を使う邪なヒトが山積していますけどね!

心の歪んでいるヒトは、まず姿勢も含め歪んでますからね。
研究の結果というか延長上にある「成果」を認めようとせず、
「成果」そのものを仮説にしてしまい、架空の「成果」を妄想する内に「妄想」が大きな「現実(錯覚)」になり「名誉」(欲)が加わり、「架空の仮説」と「現実の成果」を区別できなくなるヒトが現れるから手に負えないんですよね。

まぁ、これまで山のように「小汚い手立て」をご自分の「邪念」を実現し手に入れるため、汚い限りを尽くす何人かの人物を目にしましたからね。

情けないですよ。
それを薄々感じながら、情に絆され「受け入れ」「承認」してしまうヒトは、日本人に限らず外国人には多いですからね。

それって「汚職」なんだけど「恥辱」でもあるワケで、
でも、その種の「贈賄」による「買収」が普通の国から来た研究者は、どこが悪いですか?
可哀想でしょ! などと言い逃れるからねぇ。
笑ってしまいますよ! ホントに!

引用開始→ 公正な研究活動推進の必要性指摘 14年版科学技術白書
(日本経済新聞2014/6/20 10:45)

政府は20日、2014年版の科学技術白書を閣議決定した。STAP細胞の論文問題をはじめ、研究不正が相次いでいることを受け、倫理教育の強化など、公正な研究活動を推進する取り組みの必要性を指摘した。

白書はSTAP論文のほか、高血圧症治療薬を巡る臨床データ改ざんや東京大元教授らが画像を不適切に取り扱ったケースを例示。再発防止策を推進して「科学に対する社会の信頼確保に努めていくことが重要だ」と明記した。

今年のテーマとしてはイノベーション(技術革新)を担う人材育成を掲げた。国内の博士号取得者数は減り続け、博士課程に進学する学生はピークだった04年の約4分の3に減った。34歳以下の若手研究者はポスト不足で、半数が任期付きで雇用されており、研究者の流動性を高めることが必要との認識を示した。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! | トップページ | 都議会の「ヤジ」報じられる中身に「品」はないが背景と要因を考えないの 珍民裁判ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法人税減税を進めるなら JAの解体と専業農家への直接支払いで米価を下げよ! | トップページ | 都議会の「ヤジ」報じられる中身に「品」はないが背景と要因を考えないの 珍民裁判ですか? »