« マル暴 闇の世界は簡単に引っ込まないってオハナシ | トップページ | STAP細胞(仮説) あればあるでヨロシイ! 一連のゴタゴタを引き起こした責任は取るべきだ! »

2014/06/05

小保方晴子女史の「STAP細胞論文」騒動について総括的に考える

本人も、ネイチャーへ投稿した主論文(アーティクル部分)の取り下げも副論(レター部分)の取り下げ申請に続き同意したと。
これにより「STAP細胞」研究は白紙に戻る。

如何に「自分は正しい」と自己主張してみたところで、
次々にその展開論理が破綻(検証を受け論破され)し続けるのだから、もう依って立つべき点が無い。

この件が露見したとき、
理化学研究所は野依理事長が「未熟者が・・・・・、為した事だ」と一刀両断に切り捨てた。
「僅かな実験ノートは、ポエムであった」と指摘した発言には強い違和感があった。

どのような違和感かと言えば、
① 科学研究論文は、発表前に十分な「査読」をすべきであろうが、理化学研究所は論文の懸賞を行った上で発表させたのか。
② 未熟者の小保方晴子を任期付き研究職として任用したのは何処の誰か(理研ではないのか)。
③ (以前から記述しているが)小保方晴子女史は、早稲田大学で学部を終えているので、この際「卒業論文」を1本残している。次に早稲田大学の大学院へ進み修える際に「修士論文」を記している。そして同大学院の博士課程では、「博士学位(Ph.D)」を得て修えるまでに少なくとも、学会で研究論文としての「紀要論文」を最低2本、そして「博士学位請求論文」を1本書き上げている。最低でも合計5本は「論文」を残しているはずだ。
その過程で、指導教員による「主査」1名、「副査」2名が論文に目を通し検証した上で細かく指導したと思われるのだが、この度の一連の論文発表の流れや、次々に露呈する小保方晴子女史の日々の研究姿勢を知る(報じられる範囲だが)につれ、一体全体「早稲田大学とその大学院」は、果たして大学や大学院を名乗れる中身を有するのかと、大きな疑問が生じている。
④ 理化学研究所は、なぜ小保方晴子女史を採用したのかと問われると、早稲田大学大学院で「先端生命科学」の「博士学位(Ph.D)」を受けている。大学院生の一時期(約1年)ハーバード大学大学院へ研究留学し、若くしてマル号を持つ気鋭の人材と評価し考え任期付き研究職員とし、先端生命科学の研究に資すると考え採用した。
と言う事だろう。この種の強い違和感に包まれたのだった。

世間は、可哀想だ、そこまで突き詰める事は無い、などと、禺にも着かないメディアが煽るままの情緒論で防衛に出た。当方も上記の原則的な疑問を提起する際、非論理的な情緒論による批判を浴びた。

日本の科学研究に伴う信頼や信用を地に堕とした事が明らかになった。
ただ素晴らしい事は、情緒的な小保方晴子女史防衛論よりも、科学研究としての事実の検証および解明が真摯に行われ、全体としての不正が論理的に明らかにされた事である。その意味で日本の科学研究レベルの高さ、学術研究の意欲の高潔さが結果として明らかにされた点である。

小保方晴子女史の処遇がどうなるかという感情的な問題では無く、科学研究および学術研究の場で、手抜きやコピペを繰り返していた事実が明らかにされ、後のいさめとなるであろう事を重視したい。

なお個人的な見解を述べると、小保方晴子女史は既に早稲田大学大学院へご自身の「博士学位請求論文」そのものを取り下げ申請していると聞く。
その時点で小保方晴子博士は存在しないのであり、理化学研究所が学歴および学位記また研究業績により、任期付き研究職員として任用する前提条件が崩れている点を指摘しておきたい。
小保方晴子女史は「学歴詐称」を冒したと言えなくも無いのである。
世間で、議論するのは情緒論でもナンでも構わないが、大切な事は「事実」に基づき裏付けられる「真実」を議論すべきであると考える。

|

« マル暴 闇の世界は簡単に引っ込まないってオハナシ | トップページ | STAP細胞(仮説) あればあるでヨロシイ! 一連のゴタゴタを引き起こした責任は取るべきだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マル暴 闇の世界は簡単に引っ込まないってオハナシ | トップページ | STAP細胞(仮説) あればあるでヨロシイ! 一連のゴタゴタを引き起こした責任は取るべきだ! »