« 野々村竜太郎は公金横領で詐欺だろう議員辞職は当然だ返還すれば許されるワケではない | トップページ | 沖縄を直撃する超大型台風8号 備えを固めるも通過を待つ以外の方法は見当たらず! »

2014/07/07

2014年も梅雨明け前に超大型の「台風8号」沖縄から西日本を直撃か

世の中の自然現象で先ずお断りしたいもの、
①巨大地震
②巨大台風
③集中豪雨
④豪雪風雪
⑤雷雨竜巻
⑥熱波干魃

少なくとも、以上の6つは基本的に遠慮し敬遠申し上げたいですね。

引用開始→ 台風8号、沖縄に特別警報へ 「数十年に1度の強さ」
(日本経済新聞2014/7/7 11:37)

大型で非常に強い台風8号は7日、勢力を強めながら、沖縄の南海上を北西に進んだ。8日には中心付近の最大風速が54メートル以上の猛烈な台風になって沖縄に接近する恐れがある。

気象庁は7日、台風が「数十年に1度の強さ」で自然災害が見込まれる際の「特別警報」を同日夜にも沖縄を対象に発表することを検討。実際に発表されれば、昨年8月末の運用が始まって以降、台風による基準では初となる。

台風は、8日午前に沖縄県の宮古島に接近した後、進路を東寄りに変えて、6日から大雨が続く九州付近へ進む見通し。気象庁は、暴風や高波のほか土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫などの災害に厳重な警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、沖縄では8日にかけて風が強まり、最大風速が久米島で55メートル、沖縄本島で50メートルの猛烈な風が吹き、最大瞬間風速も75メートルに達するところがある見通し。波の高さは最大で14メートルになると予想される。鹿児島県の奄美地方でも風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。

九州は6日から7日にかけ、梅雨前線の影響によって、鹿児島県さつま町で1時間に88.5ミリの猛烈な雨を観測するなど各地で大雨となった。長崎、熊本、鹿児島各県では総雨量が200ミリや300ミリを超える地点も相次ぎ、一部には土砂災害警戒情報が出された。

台風は7日午前9時現在、沖縄の南海上を時速約20キロで北西へ進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径200キロ以内が暴風域となっている。〔共同〕←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 野々村竜太郎は公金横領で詐欺だろう議員辞職は当然だ返還すれば許されるワケではない | トップページ | 沖縄を直撃する超大型台風8号 備えを固めるも通過を待つ以外の方法は見当たらず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野々村竜太郎は公金横領で詐欺だろう議員辞職は当然だ返還すれば許されるワケではない | トップページ | 沖縄を直撃する超大型台風8号 備えを固めるも通過を待つ以外の方法は見当たらず! »