« マレーシア航空 MH17便は、ブク地対空ミサイル(SA-11)で撃墜されたとの分析を米国は支持 | トップページ | ホンダ アメリカで量産ジェット機を初公開 »

2014/07/29

スカイマーク「A380」6機をドタキャン 起死回生の空振三振スリーアウト・チェンジで終わるか!?

まぁ冷静に考えれば、スカイマークが成田=NY線を開設できても維持できる見込みは殆ど無いに等しいんだから、最初から「ホォ~!?!?」だった。

西久保社長の突撃ラッパは盛大である。
それは実に良い事なんだけれど、でも自らの思い入れだけで世界の事情が変わるワケじゃないですからね。
次々に、イノベーターは現れ、挑戦し激しい競争を強いるワケですから、昨日の成功は今日の失敗にもなりますからね。

どうなんでしょうね!?
NY線に目を付けたトコロは、驚きましたが挑戦意欲を讃えたかったですね。
でも維持できるかどうか、通常の「スカイマーク」の経営戦略で語るのではなく、長距離大陸間移動LCCとしてA380を投入し運航しようって発表なら、熱く支持できますけどね。
600人搭乗輸送で、成田=NYを片道2・5万円って打ち出せば「オォ~!さすが」と言われるのになぁ。
そんな事を言っちゃダメですかねぇ、西久保社長?
スカイマークには、それくらいの破壊力を期待しているのですが。
中途半端な金額設定はダメですよ。
A380をキャンセルせずに、そのまま購入して、破れかぶれでも破壊的価格でもNY線を運航してほしいですね。

引用開始→ エアバス、損害賠償訴訟も スカイマークA380解約交渉
(日本経済新聞2014/7/29 11:22)

スカイマークが国際線の参入に向け欧州エアバスから購入予定だった超大型旅客機「A380」について、解約交渉を始めたことが29日、明らかになった。格安航空会社(LCC)の参入などで業績が悪化し、購入資金が確保できない恐れが出てきたため。エアバスが違約金の支払いを求める損害賠償訴訟を検討していることもわかった。違約金は数百億円規模になるとの見方もある。

スカイマークはA380を使って国際線への参入を目指していたが、計画変更は避けられない見通し。

スカイマークは6機の購入費用の一部として今年3月末までに200億円超をエアバスに前払いしている。エアバスはこの前払い金についても返還に応じないことを主張しているもようだ。

両社は2011年に6機のA380を総額1915億円で売買する契約を結んだ。当初の計画では今年10月に1機目が引き渡され、スカイマークは同社初の国際線として今年末にも成田―ニューヨーク線に就航させる計画だった。

ただ、LCCの相次ぐ参入による競争激化や円安に伴う燃油費の上昇で、スカイマークは14年3月期の単独決算で5期ぶりの最終赤字に転落。A380の購入に向けた借り入れの見通しが立たなくなっていた。同社は今年6月に購入計画の見直しを表明。エアバスとの間で購入機数の削減や引き渡し時期の延期などの交渉を進めていた。

スカイマークは29日、「キャンセルした場合には、常識を逸脱した法外な違約金を提示してきた」とのコメントを出した。エアバス側が契約変更の条件として「大手航空会社の傘下に入ることを提示した」ともしている。

スカイマークは1996年の設立で、規制緩和による新規参入航空会社の第1号。大手に比べ割安な運賃を武器に路線網を拡大し、現在は羽田―福岡線など約30路線を運航中。

A380は総2階建て、座席数500席超の世界最大の旅客機で「空飛ぶホテル」の異名をとる。エアバスは07年にシンガポール航空に納入したのを皮切りに、ルフトハンザドイツ航空や大韓航空など世界の航空大手に130機以上を引き渡している。日本の航空会社ではスカイマークが初めて導入する予定だった。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« マレーシア航空 MH17便は、ブク地対空ミサイル(SA-11)で撃墜されたとの分析を米国は支持 | トップページ | ホンダ アメリカで量産ジェット機を初公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マレーシア航空 MH17便は、ブク地対空ミサイル(SA-11)で撃墜されたとの分析を米国は支持 | トップページ | ホンダ アメリカで量産ジェット機を初公開 »