« ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に | トップページ | 豪栄道 いよいよ大関へ、関脇14場所、強いのか弱いのかと言われながら »

2014/07/27

北朝鮮は懲りずにミサイルを発射!

まぁ懲りないヤツらだワ!

日朝交渉を維持するためにも「軍」を抑えなきゃならないんだろうね。
統治の一環だろうけれど、どうなんだ!?
8月には両睨みで「核」実験も再開するのか?

引用開始→ キム第1書記 現地でミサイル発射指導か
(NHK7月27日10時49分)

北朝鮮が26日夜、日本海に向けて短距離弾道ミサイルを発射した際、キム・ジョンウン第1書記が現地で指導していたとみられることが国営メディアの報道で分かり、キム第1書記としては、朝鮮戦争の休戦協定が締結された日にあたる27日を前に、アメリカと韓国をけん制し、国威の発揚をねらったものとみられます。

韓国軍によりますと、北朝鮮は26日夜、軍事境界線に近い西海岸のファンヘ南道リョンヨン郡付近から日本海に向けて「スカッド」とみられる短距離弾道ミサイル1発を発射しました。

27日朝、北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン第1書記が26日に「南に駐留するアメリカ軍基地の配置と、ロケットの発射計画を見たあと、発射訓練を現地で指導した」と伝えており、26日夜の発射を指したものとみられます。

このうち朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」には、キム第1書記がミサイルの飛行コースや射程を示す線が引かれた地図を見ている写真や、発射されたミサイルを見上げる写真などが掲載されています。27日は朝鮮戦争の休戦協定が締結されてから61年にあたり、キム第1書記としては、それを前にミサイル発射を指導する姿を見せることで、アメリカと韓国をけん制し、国威の発揚をねらったものとみられます。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に | トップページ | 豪栄道 いよいよ大関へ、関脇14場所、強いのか弱いのかと言われながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に | トップページ | 豪栄道 いよいよ大関へ、関脇14場所、強いのか弱いのかと言われながら »