« アホ~に付ける薬は無いが「ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力」マレーシア機をミサイル撃墜! | トップページ | 「しまなみ海道」自転車無料化で考える地域活性化は、「ハード整備」と「知恵とソフト」が最も重要 »

2014/07/20

小保方晴子は博士学位に値しないが早稲田大学がザルで与えた学位記を取り消せない!

小保方晴子の「博士学位」不正認定と論文騒動、早稲田大学についての概要まとめ:

「コラコラコラム」は、この問題が世に報じられ問われた時から一貫して、
早稲田大学大学院の研究能力と学位認定に伴う機能や能力について、教育研究に多少なりとも関係性を有する側として、重大な疑義があると指摘し続けている。

それに対し、何故か知らないが「学位認定」について「無知」と考えられる皆さんから、多くの感情的な反論や、事実を踏まえないウワサなどに軸足を置いたご意見を頂戴してきた。
早稲田大学大学院が正常な研究能力や学位認定に伴う力量を備えていたなら、先ず以て小保方晴子は理化学研究所へ採用される事はなかったと推定できる。
しかも、それにより引き起こされた「世界三大不正研究」と公知されるに至った「STAP細胞」不正研究は生じず、日本の「先端生命科学研究」の信頼性は保たれたと考えている。
それは、早稲田大学が組織した調査委員会の報告を読む事でも、因果関係の一端を理解する事ができる。
出発点となった早稲田大学の責任は重大である。
(コラコラコラムは一貫して当該責任を追及している)

ここに、早稲田大学の調査委員会が述べている概要を紹介すると共に、早稲田大学の鎌田薫総長の表明も加え、分かりやすい置き換えと共に、主要報道記事をまとめておきたい。
(長文のまとめ<A4で6P9000字>で恐縮ですが読了願えればありがたく存じます)

小保方晴子の博士学位記は、ほぼドロボォ~行為であり、草稿などは、とうてい正常な博士学位記請求論文の資質を備えるなどと言える代物ではない。
その理由は、小保方晴子が提出した論文そのものが余りにも稚拙であり拙劣と言わざるを得ないためである。
しかしながら、早稲田大学大学院は、この論文を詳細に査読せず子細に検証する事すらせず、博士学位記を与えたものである。
また、後年(3年後)に「正本」を提出した。

また、小保方晴子は稚拙であっても論文執筆について、それなりに実験や実証に取り組んだ事が覗える、その結果、博士学位記の請求論文を執筆したのである。
それを精査もせず早稲田大学は「博士学位記」を授与したのだから、それを取り消す事はできない。

もっと分かりやすく言えば:
ドロボォ~に博士学位を授与したのは間違いだけれど、ドロボォ~もそれなりに努力したのだから、警戒もなくドロボォ~に気付かず盗まれた側に問題がある。従って博士学位を取り消す事はできない。
交換ウワサされるとおり、盗まれた方が「バカ田大学」なのであると。

早稲田大学総長 鎌田薫コメント

本学は、3月31日に設置した「先進理工学研究科における博士学位論文に関する調査委員会」(以下、委員会)より、本日、調査報告書をご提出いただきました。

報告書の内容につきましてはこれから早急に精読した上で、委員会の報告結果を十分に尊重しながら、本学としての対応を決定してまいりたいと存じます。

小林調査委員会委員長はじめ委員の皆様には、本委員をお引き受けいただきましたこと、また三箇月を超える長期間に及んだ調査に真摯にご対応いただきましたことを、深く感謝申し上げます。

早稲田大学総長
鎌田 薫

<<毎日新聞>>
引用開始→ 早大・小保方氏報告書:指導教授が博士論文の個別指導せず
(毎日新聞 2014年07月19日22時02分)

撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者、小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーの博士論文執筆にあたり、指導教員だった常田聡・早稲田大教授が、小保方氏が草稿を示す直前の約2カ月間、個別に指導していなかったことが19日、分かった。

早大は同日、博士論文の疑惑を調べた大学の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)による調査報告書全文をホームページ(http://www.waseda.jp/jp/news14/140717_committee.html)に公開した。

報告書は「適切な指導が行われていれば、博士号に値する論文を作成できた可能性があった」と、常田教授らの責任を厳しく指摘した。また、報告書によると、小保方氏は博士論文で、複数企業のホームページの細胞などの写真や、他の研究者が作成したイラストを無断で使用したことも判明。英語のつづり間違いも多数あった。

報告書は17日に鎌田薫早大総長に提出されたが、概要のみの公表だった。早大は「個人情報などに配慮した修正作業や各委員の了解を得るのに時間を要した」と説明している。【大場あい】←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

<<朝日新聞>>
引用開始→ 小保方氏の博士号取り消さず 早大「草稿誤り提出」認定
(朝日新聞2014年7月17日18時22分)

理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)が3年前に早稲田大に提出した博士論文について、早大の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)は17日、文章の盗用などの不正行為はあったが、論文は誤って草稿が提出されたもので、「博士号の取り消し要件に該当しない」と認定する報告書をまとめた。論文の指導や審査をした教授らについては「非常に重い責任がある」と認定した。

報告書によると、博士論文には文章の盗用などの著作権侵害が11カ所、意味不明な記載が2カ所、論旨が不明瞭な記載が5カ所、別の論文の記載内容との不整合が5カ所、形式上の不備が3カ所あった。論文の信頼性および妥当性は著しく低く、審査体制に重大な欠陥がなければ、博士の学位が授与されることは到底考えられなかった、とした。

一方で、小保方氏の「完成版の博士論文を製本すべきところ、誤って草稿を製本し、大学に提出した」との主張を認めた。小保方氏側から提出を受けた「完成版」の内容も検討した上、博士論文が取り違えられたと認定した。論文の元となった実験も実際に行われたと認定した。←引用終わり
Copyright © 2014 The Asahi Shimbun Company. All rights reserved.

<<讀賣新聞>>
引用開始→ 小保方氏、画像転載「何の問題意識もなかった」
(讀賣新聞2014年07月19日 21時57分)

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、早稲田大に提出した博士論文に、インターネット上の画像を無断で転載したことについて、「当時は何の問題意識も持っていなかった」と、早大の調査委員会に話していたことが19日わかった。

早大がこの日、早大のホームページに公開した調査委の報告書全文で明らかになった。

報告書全文は79ページ。小保方氏からの聞き取り内容のほか、論文作成上の問題点や指導体制の不備を指摘している。調査委は17日に報告書の概要を公表し、小保方氏の博士論文の「信ぴょう性と妥当性は著しく低い」と指摘する一方、小保方氏の博士号は取り消す必要がないとの判断を示している。←引用終わり
2014年07月19日 21時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

<<朝日新聞>>
引用開始→ 小保方氏論文の調査結果要旨 早大調査委
(朝日新聞2014年7月17日18時50分)

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが2011年に、早稲田大学で博士号を得た論文について、早大の調査委員会が17日、発表した調査結果の要旨は次の通り。

作成過程の問題点】 他人の書いた文章を自分が書いたかに思わせるように表示した著作権の侵害行為は11カ所、意味不明な記載は2カ所あった。論文のもとになった実験は、実在していたと認定。「誤って下書き段階の博士論文を製本して提出した」という小保方氏の主張を認定する。

論文の信憑(しんぴょう)性】 多数の問題箇所があり、内容の信憑性、妥当性は著しく低い。論文の審査体制に重大な欠陥がなければ、博士論文として合格し、小保方氏に博士の学位が授与されることは到底考えられなかった。

学位取り消しに該当しない理由】 学則では、不正の方法により、学位を受けた事実が判明した時に学位を取り消す。過失は不正の方法に該当しないとみなす。著作権の侵害行為にあたる不正の方法は、序章に6カ所。これらは学位の授与に重要な影響を与えたとはいえず、学位の授与との因果関係はない。

指導や審査過程の問題点】 論文の作成指導をした教員、審査をした主査・副査には義務違反があり、重い責任がある。早稲田大学以外で研究する学生への指導や、異なる分野への指導に限界があった。製本された博士論文の内容を確認する体制がなかった。第三者的立場で審査する人がいなかった。

結論】 転載元を示さずに他人が作った文書を自分で作成したかのように利用する行為は、決して許されない。小保方氏について、学位取り消し要件に該当しないと判断したことは、この問題点の重大性を低減するものではない。

ひとたび学位を与えたら、取り消すことは容易ではない。学位審査に関与する者は、その重さを十分に認識すべきだ。←引用終わり
Copyright © 2014 The Asahi Shimbun Company. All rights reserved.

<<日刊ゲンダイ>>
引用開始→ 学位取り消し回避に「ありがとう」 小保方研究費もうやむや
(2014年7月19日(土)10時26分配信 日刊ゲンダイ)

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2011年に早稲田大大学院で博士号を取得した論文について、早大の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)は17日、「学位取り消しには当たらず」という結論を出した。小保方さんの代理人の三木秀夫弁護士は「厳しい結論を回避できてほっとしている」とコメント。小保方さんからは「ありがとうございます」とのメールが来たことを明らかにした。

調査委員会が「大甘」判定したのは博士論文には序章部分のコピペや実験画像の間違いなどはあったものの、この論文は草稿だったことから、「故意」ではなく「過失」と認定。早大は学位取り消しの要件を「不正の方法により学位の授与を受けた事実が判明したとき」としていることから、シロ判定を出したようだ。

国民にしてみれば、仰天の温情判決で、この報告書を受けて、正式に学位についての扱いを決める早大の鎌田薫総長は「報告書の結論を慎重に吟味するが、そのまま学位論文として存続させることは困難」とコメント。困惑しきりで、学位論文を取り消すことや審査のやり直しを示唆した。

当たり前の話である。小保方さんは早稲田大学大学院時代に、日本学術振興会の「研究奨励金」を毎月20万円ももらっていた。大学も最大年間150万円ほどの研究費を受けていた。すべて税金。その金で書いた論文がコピペのデッチ上げでは「学位もカネも返せ!」だろう。←引用終わり
(日刊ゲンダイ2014年7月18日掲載)
Copyright (C) 2014 日刊ゲンダイ
©NIFTY Corporation

早稲田大学が当該テーマについて
その見解を表明したホームページです:

http://www.waseda.jp/jp/news14/140717_committee.html

「白を黒と言いくるめ、あるいは黒を白と言い換える」
確かに、弁護士という者は「見事である!」。その一語だ!

法的に間違いが無いという案件と、倫理上また学術上で許容される問題は、全く別の代物である。
この種の「不公正」を「公正」と厚顔にも言い換え平気な弁護士という代物は、市井の志民から見ると実に噴飯物で有り、社会の害悪としか言いようが無い。

まさに小保方晴子代理人の三木秀夫弁護士といい、早大調査委員長の小林秀明弁護士といい、市井の志民には遠いバーチャル世界に生きる「法匪」に過ぎない。
それで、一人の弱い人間の権利を守り抜いたと主張するなら、それでオジェジェを稼いで「生きる」事に喜びを感じているとするなら、人間として屑ではないか。

|

« アホ~に付ける薬は無いが「ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力」マレーシア機をミサイル撃墜! | トップページ | 「しまなみ海道」自転車無料化で考える地域活性化は、「ハード整備」と「知恵とソフト」が最も重要 »

コメント

国立大の法学部を卒業した者ですが、早稲田大学の
余りにもお粗末な調査&決定に唖然としています。

”今回の件で、小保方氏の学位を取り消すとすると、他の数多くの博士学位も取り消さねばならなくなり、早稲田大学の博士号全般について信用を失墜する”との懸念が、今回の決定の背景・理由であると考えざるを得ません。

結論から言いますと、既に早稲田大学は、本来的な大学の体を成しておらず、ごまかし横行のエセ大学と言わざるを得ません。

具体例をあげて申しあげますと、
”最初の提出論文は草稿”であり、3年後に正本が提出
された、ということですが、
そうであれば、正本が提出される前に、つまり論文が出される前に学位が与えられた、ということになります。

この点について、早稲田の人間は違和感を感じないのでしょうか? 普通人であればおかしいと思うはずです。

3年後に提出されたと言われる”正本”なるものの存在
にも?が付きますが、仮にそれが真実であるのであれば、一旦 学位を取り消して、正本の内容をよく吟味した上で、再度学位を与えるか否かを決めるのが筋だと思いますね。

投稿: 藤原和夫 | 2014/07/20 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アホ~に付ける薬は無いが「ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力」マレーシア機をミサイル撃墜! | トップページ | 「しまなみ海道」自転車無料化で考える地域活性化は、「ハード整備」と「知恵とソフト」が最も重要 »