« 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた | トップページ | 従軍慰安婦の「河野談話」検証に伴うその後 まさに正論なので記録のためにアップする! »

2014/07/04

自分で「自殺に追い込まれないか不安」って、野々村(嫌疑)よ、一体どのヅラで言うのか?

人は自死する自由もあれば、犬に喰われて死ぬ自由もあるかと。
それを決めるのは本人自身であるぞよ。

他人のせいにするなよな!
オマエが撒いたタネだろうが、先ずは兵庫県議会議員を潔く辞職せよ!
それから、死ぬなり、生き恥をさらすなり、生きるなり、勝手にしやがれ!

引用開始→ “号泣”野々村県議「自殺に追い込まれないか不安」 取材自粛を求め雲隠れ
(夕刊フジ2014.07.04)

2011年の兵庫県議選で当選した野々村氏が出馬当時、大阪府立北野高校で後輩だった橋下徹大阪市長(45)に応援演説を要請していたことが分かった。

野々村氏は県議選で「西宮維新の会」代表を名乗っていたが、橋下市長は3日の会見で「応援に来てと要請があったが、丁重にお断りした。日本維新の会、大阪維新の会とはまったく関係ない」と答えた。報道陣には「僕に言う(追及する)みたいに突っ込んでくださいよ。僕も泣いたら突っ込まないんですか」と皮肉っていた。

一方、兵庫県庁には野々村氏に対し辞職などを求める抗議の電話やメールが、4日朝までに約1000件殺到。当の野々村氏は会見翌日の2日、報道各社に「心身ともに疲れ果て自殺に追い込まれるのではないかと不安」と文書で取材の自粛を申し入れ、雲隠れしている。←引用終わり
Copyright © 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた | トップページ | 従軍慰安婦の「河野談話」検証に伴うその後 まさに正論なので記録のためにアップする! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた | トップページ | 従軍慰安婦の「河野談話」検証に伴うその後 まさに正論なので記録のためにアップする! »