« コラコラコラムは [元祖 宗家]表記を加えます! | トップページ | 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた »

2014/07/03

お騒がせ「STAP細胞」ネイチャー論文捏造事件とその後そして実証実験について考える

本当に「お騒がせ」という以外に言葉はない。
素人にはカラクリが分からない。
しかし、科学研究とその研究結果を論文にまとめ成果として発表する過程で、思惑で捏造されるのは、規範を知る側としては許容しがたく、全く受け入れられない。

かなり怪しく、いくつもの疑問に小保方は全く答えず話にならない。

それでも小保方が検証に参加させよとワガママでゴネ、遂に、それなら監視下の下でさせれば良いという流れになった。
テンネンに付き合わされるのも、どうかと思うが、責任は十分に取らせなければならない。
世紀の大発見か、世紀の大嘘だったか、正視に耐えるか、正視に耐えないか、間もなくだ。
ここまでは、辣腕の三木秀夫弁護士がチカラワザを行使したという事だろう。なんとまぁヤクザな事柄かと受け止める。

ネイチャーは、小保方の「STAP細胞論文」全体を取り下げ撤回したと発表している。

コマッタちゃんのテンネンは「がんばります」と言ったらしい。
テンネンは一体全体、何を頑張るというのか!?

オバカ多関連の興味深い記事を3本引用しておく。

引用開始→ STAP論文を撤回=英ネイチャーが発表-小保方氏は存在主張
(2014年7月2日(水)21時5分配信 時事通信)

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが1月末に発表したSTAP細胞論文2本について、英科学誌ネイチャーは2日、撤回を発表した。論文は生後間もないマウスの細胞を弱酸性液に浸すだけで万能細胞になるとしたが、理研は実験画像の捏造(ねつぞう)などの不正行為があったと認定し、著者らに撤回を勧告。小保方氏も同意していた。

生物学の常識を覆し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)より早く簡単に作れる万能細胞として世界的な話題となったSTAP細胞は発表から5カ月で白紙に戻り、学術的成果として認められなくなった。

小保方氏ら著者は同誌電子版に掲載された撤回文で、理研調査委員会が認定した不正以外にも論文2本で5項目の間違いがあったことを明らかにして謝罪。「全体として研究の信頼性が損なわれ、現象が疑いなく実在するとは言えない」と説明した。

同誌は編集部や論文を事前審査する専門家が「致命的な問題を発見できなかった」と認め、チェック体制の強化に取り組んでいると表明した。

論文2本は、STAP細胞の作製法に関する主論文とSTAP細胞が胎児の全身の細胞だけでなく胎盤にも変わるとする副論文。

一方、小保方氏はSTAP細胞が存在するとの主張を変えておらず、所属先の発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)で11月末まで自ら検証実験を行う。CDBでは4月から共著者の丹羽仁史プロジェクトリーダーらも実験を続けている。←引用終わり
Copyright (C) 2014 時事通信社
©NIFTY Corporation

引用開始→ 小保方氏、別の研究室で単独・監視下の検証実験
(讀賣新聞2014年07月02日 21時39分)

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)は2日、小保方晴子ユニットリーダーが参加して、STAPスタップ細胞の有無を確かめる検証実験の計画を発表した。

小保方氏は、4月から実験を行っている理研チームには参加せず、別の実験室を使って、原則、独りで実験を行う。

実験は主に5段階に分かれる。小保方氏は論文の手順に沿って、様々な細胞に変化する「多能性」の目安となる遺伝子の働き方や、マウスに移植して腫瘍ができるかなどを確かめる。理研は、11月末までに第1段階をクリアできない場合は、その時点で実験を打ち切るとした。理研チームによる6月までの実験では、STAP細胞は、作製できていないという。

実験の透明性を確保するため、〈1〉理研指名の外部研究者が実験に立ち会う〈2〉実験室をカメラ2台で24時間監視する〈3〉細胞の培養機器に鍵をかける〈4〉入退室を電子カードで管理する――などの措置をとる。←引用終わり
2014年07月02日 21時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 小保方氏「がんばります」…検証実験始まる
(讀賣新聞2014年07月02日 13時51分)

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが参加して、STAPスタップ細胞の有無を確かめる検証実験が2日、理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)で始まった。

実験自体は4月から、センターの研究者らによって行われているが、難航しているため、理研が小保方氏の参加を求めた。参加は11月末までの予定で、理研は今夏に中間報告、来春に最終報告をまとめると説明している。

小保方氏はこの日午前10時55分頃、タクシーでセンターに出勤。実験が行われる建物の前で、タクシーを降り、運転手に頭を下げた後、すぐに建物内に入った。理研は取材時の混乱を防ぐためとして、小保方氏に対する質疑などは認めなかった。

小保方氏は今後、体調が許す範囲で出勤を続け、STAP細胞の作製を試みたり、細胞の性質を調べたりする実験に参加する。理研は実験の透明性を確保するため、監視カメラで原則24時間、実験の様子を記録するなどの措置をとる。同日午後には、検証実験の具体的な進め方について記者会見を開く予定だ。

小保方氏代理人の三木秀夫弁護士は同日朝、報道陣に「今朝、小保方氏と電話で話した。『がんばります』と、前向きな様子だった」と語った。←引用終わり
2014年07月02日 13時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

「思い込み」と「錯誤」そして「混濁」、
綺麗さっぱり「洗い落とされる」事が重要かと眺めています。
この半年にわたる大騒動で、珍民ともいえる多数の皆さんが口角泡を飛ばし参戦され、泰山を鳴動させました「ネズミ一匹」では。
「がんばります」って、何を「がんばる」のか?
「がんばれば」何かを得る事ができるような案件じゃないですが。
言葉の揚げ足をとるつもりは毛頭ありませんが、
「粛々と『追証』し、存在を『証明』したいと思います」じゃないのかな。

|

« コラコラコラムは [元祖 宗家]表記を加えます! | トップページ | 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コラコラコラムは [元祖 宗家]表記を加えます! | トップページ | 小保方の「STAP細胞論文」は科学雑誌「ネイチャー」の信用性にも悪影響を与えた »