« 日本学術会議は真剣に「理化学研究所」と「小保方晴子」そして「早稲田大学」を、胆の底から糾弾を! | トップページ | 北朝鮮は懲りずにミサイルを発射! »

2014/07/27

ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に

パレスチナの人は、正確な情報を持たないために都合のよい安易な情報を信じ、落とさなくてよい「生命」を無駄にしている。

欧州連合の某国の病院で療養中のパレスチナ人の知人からのメールを受信した。

原因は社会の情報伝達基盤だ。
パレスチナというよりハマスに完全支配されたガザの民は「ハマス」以外の選択肢がない事で、救いようのない状況と考えられる。

正確な情報伝達は安定した社会を維持する必須条件だ。

イスラエルによるガザ攻撃は正義がない。
一方でハマスによるイスラエル攻撃も正義など一欠片もない。

憐れなのは、自らの故郷を捨てられず自らの意志で国籍を離脱し国際社会への難民にもなれないパレスチナとりわけガザの民である。

武力を用いた戦争に勝つことも重要だが、
できれば「時間と歳月」をかけた「机上(外交)の戦争」で勝つことの方が重要なのだ。
そのことをハマスは理解すべきである。
ハマスは知性が無い、個人が持ち運べる程度の武器を掲げて単純に武力を誇るのは、単なるアホ~でしかない。

いま現在、イスラエルがその気になれば「ガザのハマス」だけではなく「ガザの民」をも根絶やしにする事くらい簡単である事を弁知する事だ。
ハマスがゲリラ集団でないのなら、イスラエルにそうさせないように「妥協」を図り「統治」しなければならない。

引用開始→ ガザの死者1000人超える 休戦で遺体収容進む
(日本経済新聞2014/7/27 0:00)

【ドバイ=久門武史】パレスチナ自治区ガザの保健省は26日、イスラエルが軍事作戦を始めた8日以降の死者数が千人を超えたことを明らかにした。26日朝からの休戦開始後に、砲撃が激しかった地域で捜索が進み、がれきの下から100人以上の遺体を収容した。ロイター通信が伝えた。

ガザからの報道によると、住民は生活物資の確保を急いだ。イスラエルは休戦中もガザで、ハマスがイスラエル侵入用に掘った地下トンネルの破壊作戦を続けるとしている。AFP通信はイスラエル軍が26日朝の休戦入り直前にガザ南部を空爆し、子供11人を含む20人が死亡したと伝えた。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 日本学術会議は真剣に「理化学研究所」と「小保方晴子」そして「早稲田大学」を、胆の底から糾弾を! | トップページ | 北朝鮮は懲りずにミサイルを発射! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本学術会議は真剣に「理化学研究所」と「小保方晴子」そして「早稲田大学」を、胆の底から糾弾を! | トップページ | 北朝鮮は懲りずにミサイルを発射! »