« 中国・上海で期限切れの鶏肉を加工し供給し多くを日本へ輸出した事件について | トップページ | ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に »

2014/07/26

日本学術会議は真剣に「理化学研究所」と「小保方晴子」そして「早稲田大学」を、胆の底から糾弾を!

ハッキリ言って「声明」を出すだけなら、誰でもできる。
日本学実会議もそれなりに信頼と権威に軸足をおくなら、この度の一連のゴタゴタについて、その原因を形成した「早稲田大学」の研究体制および学位授与の審査能力と判断および決定力、次に善意としての「理化学研究所」の組織管理体制また研究計画の評価。
そして何よりも「小保方晴子」という軽率で阿呆を地で行くオンナをどう捉え踏みつけるのか。

日本学術会議は「論文関係者の責任明確」にと、寝言を述べるヒマがあるなら、ここまでの原因を形成した「早稲田大学」の責任も含め厳しく問い質し糾弾せねばならない。
何よりも「早稲田大学」が正規の教育研究機関なら、ここまでの問題は起きなかったであろうと考える。
その意味でも、「早稲田大学」は社会に対し責任を明らかにし取らなければならない。

引用開始→ 「研究全体が虚構の疑念」 論文関係者の責任明確に 日本学術会議
(産経MSN2014.7.25 14:30)

日本学術会議の大西隆会長は25日、STAP細胞問題に関して、筆頭著者となった理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーだけでなく、論文を作成した関係者も、関与に応じて責任を明確にするよう理研に求める声明を発表した。

声明は「研究全体が虚構ではないかという疑念を禁じ得ない。国の科学研究全体に負のイメージを与える」として、関係者の責任を明確にするよう求めた。

理研改革委員会(岸輝雄委員長)は6月、不正の再発防止策として、小保方氏が所属する発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の解体を提言した。これについて大西会長は「理研は防止する機会が何度もあったが漫然と見過ごした。提言に対する見解を早急に示すことが必要だ」と述べた。

また「理研が健全性を回復するために行う行動を支援する」として、再発防止のための援助を約束した。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

本当に反省しているなら「博士学位記」を自から進んで返上しろ!

引用開始→ 小保方氏「反省しております」 早大調査委の報告受け
(産経MSN2014.7.18 11:40)

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が早稲田大に提出した博士論文に対し、早大調査委員会が著作権侵害で11カ所の不正を認定したことについて、小保方氏は18日、代理人を通じて「早稲田大学の調査委員会のご報告をお聞きし、厳しいご指摘の点は厳粛に受け止め、反省しております」とのコメントを発表した。

早大調査委は、論文には11カ所の著作権侵害のほか、形式上の不備など15カ所の問題点があったと認定した。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

日本の科学研究を地に堕とした一原因は早稲田大学大学院であるとも言える

引用開始→ 小保方氏論文 「真剣味の欠如」 早大調査委員長
(産経MSN2014.7.17 22:12)

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の博士論文について不正を認定した早稲田大の調査委員長、小林英明弁護士は17日の会見で「データ管理のずさんさ、注意力の不足、論文作成に対する真剣味の欠如などがあった」と述べ、小保方氏の研究に対する姿勢を厳しく指摘した。

盗用を一部認定しながら、博士号の取り消しに該当しないとの判断には疑問の声も出ているが「学位の授与は法律行為であり、心情的におかしいと思っても取り消せない」と説明した。

早稲田大の鎌田薫総長は調査委の報告について「いま受け取ったばかり。対応はこれから考える」と厳しい表情。学位取り消しの判断について「最終的にどうするかは、われわれの側にある」とし、現時点では取り消す可能性も残っているとの認識を示した。

一方、小保方氏の代理人、三木秀夫弁護士は同日、調査委の報告について、小保方氏から「ありがとうございました」などとメールがあったことを明らかにした。小保方氏は安堵した様子だったという。三木弁護士は「報告書を尊重してほしい」と学位を取り消さないよう求めた。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

威迫が成功したのか、それとも同業としての「談合」が成立したのか?

引用開始→ 「ほっとした」と小保方氏の弁護士 博士号取り消されず
(産経MSN2014.7.17 20:22)

理化学研究所の小保方晴子氏(30)の博士論文に対する問題点を調べた早稲田大の調査委員会が「学位取り消しの規定には当てはまらない」とする報告書を公表したことについて、小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士は大阪市内で17日「厳しい結論を回避できてほっとしている」と話した。

三木弁護士は「学位取り消しなどの厳しい結論も想定された。最終的には報告書を受けた大学の結論を待つことになる」と話した。小保方氏にはメールで報告の概要を伝えており、「ありがとうございます」と返事が来たという。

また、現在理研での検証実験に参加している小保方氏にとって、今回の報告が「精神的な安定につながると思う」と述べた。調査委の聞き取りが体調に配慮した丁寧なやり方だったことも明らかにした。←引用終わり
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
© 2014 Microsoft

|

« 中国・上海で期限切れの鶏肉を加工し供給し多くを日本へ輸出した事件について | トップページ | ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国・上海で期限切れの鶏肉を加工し供給し多くを日本へ輸出した事件について | トップページ | ハマスは対イスラエル戦で負を「勝利している」と主張する ガザの死者1000人超に »