« 仲井真弘多(現)知事の三選出馬を歓迎し熱く支持する! 沖縄の公明党は明らかに腐りきっている! | トップページ | 「STAP細胞」研究不正で「理化学研究所・CDB」が全て否定される必要は無い! »

2014/08/08

早稲田大学は英断を下し小保方晴子の「博士学位」取消し決定に踏み切り襟を正すか!?

自ら寄せ集めで無理矢理形成した早稲田大学大学院。
その権威を守るか、それとも「仕方が無い」と甘く考え惰性に流され「嘘を守り抜こうとする」か。あと2ヶ月ほどで結論を出さねばならない。

社会を欺き、世間から嘲笑され、都の西北は、やはり文字どおり「バカ田大学」である事を仕方無しとするか。

傲慢、傲岸、厚顔、恥知らず、日本の教育や研究能力についての信頼性を著しく傷つけ低下させた。
小保方晴子を生み出した事により、日本の科学研究の信頼を地に堕としめた。
これほど、これだけの恥辱はない。

早稲田大学は、教育研究体制を抜本的に見直し真摯に改革すべきではないのか。
弁護士同士で世紀の大談合が行われたのかどうか知る由もないが、社会というか世間の常識からも掛け離れた報告書を臆面も無く出し、それを黙って受け取り平気の平左を決め込める神経って、一体全体ナンなんだ。

何度も指摘するが、早稲田大学大学院が本来正しく機能していれば、小保方晴子は博士学位記など受ける事もできなかったのである。
それを引っ提げ理化学研究所へ任用される事も無かったのである。
既報によると、理化学研究所は応募者の小保方晴子を早稲田大学大学院で基礎研究を行ったと捉え博士学位記を信用し、様々な便宜を与え取り敢えず任用したのである。

最初の入口が間違っていたのであるが、もとよりその小保方晴子を生み出した早稲田大学大学院が余りにも無責任な研究体制で、基本的な研究指導能力すら保持していなかったのである。送り出す側の出口が腐りきっていたのである。

以前から指摘するように「仮説としてのSTAP細胞」は存在して良いのである。
それ自体に何の問題もない。

ただ、これを「STAP細胞」の作成に成功したと、「ネイチャー」へ投稿した事から問題が生じたのである。
「ネイチャー」は日本の理化学研究所を信頼し共著者として、世界的に著名な笹井芳樹氏の名前があり信用したという事だろう。
「STAP細胞」研究が「ネイチャー」に掲載されたで華々しい賞賛を浴びた。
小保方晴子は絶頂だった。
(その時、不正が暴露されるとは夢想もしなかったのだろう)

現代は高度なネット社会であり様々なIT技術が進化している。
時をおかず直ちに「詳細な反論」が提起された。
その主たるモノは、
 ① ネイチャー論文のとおりに再現実験を行っても再現できない。
  ② データ写真に改竄の疑義がある(具体例を示し指摘)。
  ③ 論文を構成する目的は米国政府機関の論文そのもので無断引用(盗用)している。
と、「STAP細胞」の根幹に関わる疑問と指摘が相次ぎ提起された。

後は、巷の素人を巻き込むワイドショーに発展した。
理化学研究所は内部調査を行い、小保方晴子が研究者としては余りにも未熟であったと事で基本的な過ちを犯したと厳しく断罪した。
それにより、理化学研究所の統治能力や研究能力を疑う声が相次ぐ事になり百家争鳴で言いたい放題に陥り収拾不能ともいえた。

しかし小保方晴子は代理人の三木秀夫弁護士による仕切りで、強引な反撃に出て
「STAP細胞はあります。200回以上作成に成功しています」と断言した。
周囲は「STAP細胞」は仮説の領域を出ないとの諒解が成立している時にであった。
小保方晴子は、自らの主張の根拠も明かさず恥ずかしくも無く断言した。
「それなら、本人に『再現実験』させるしかない」との空気が醸成された。
所管の下村文部科学大臣までもが理化学研究所の実験やその陣容あるいは人事に介入する異常事態となった。(当該事態は決して「韓国」を笑えない)

世界の研究者から、日本の先端科学研究に強い疑惑が向けられその信頼は地に堕ちた。
そして「世界の三大不正研究」の一つと断罪されてしまった。

一連の騒動は「夢想」「幻想」を「現実」と区別できない人材により、全くの夢幻世界(バーチャル)を現実(リアル社会)に無限拡大し錯覚や誤謬をあたかも存在するかの如く考え信じ切る特殊事情により形成され続けたともいえる。

下記引用によると、それらは研究界の「パンドラの箱」と表現している。
真に言い得て妙であるかと。

第一原因者の早稲田大学大学院が、この問題の発端を形成したと考える側として、
早稲田大学が採るであろう措置に注目している。
疑惑を払拭できるか、巷間で揶揄されるとおり単なる学位記販売業の「バカ田大学」かの選択を含め、全ては早稲田大学の手の内にある。

引用開始→ 笹井芳樹氏自殺の背景ーー小保方晴子氏が開けてしまった研究界の「パンドラの箱」
(現代ビジネス 8月7日(木)8時2分配信)

小保方氏を気遣った笹井芳樹氏
再生医療研究の第一人者である笹井芳樹氏が自殺、各界に衝撃が走った。

「STAP細胞を必ず実現させて下さい」

小保方晴子・研究ユニットリーダーに宛てた遺書には、そういった趣旨の言葉が残されていたという。

ノーベル賞候補の天才研究者と言われ、再生医療の分野で世界的な注目を集めてきた笹井氏は、理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターをリードしてきた。
小保方氏の研究が、ネイチャー誌に掲載され認知されたのも、STAP論文の責任著者のひとりだった笹井氏の存在が大きかった。

その笹井氏の死は、「STAP細胞が存在するかどうか」というところにまで膨らんだ疑惑の全容解明が難しくなったことを意味する。だが、解明の努力を怠ってはならない。

笹井氏の気遣いを受けた小保方氏は、再現へ向けての実験を続けなければならず、理研や大学を含めた研究界は、画像やデータの捏造や改ざん、剽窃の横行といった「研究最前線」の不正を正さねばならない。

理研のある研究者は、「研究者は不正をしない」という基礎研究の世界の性善説を覆し、論文も画像もデータも実験ノートも、すべて疑ってかからなくてはならなくなったという意味で、「小保方さんは、研究者が封印してきた様々なパンドラの箱を開けてしまった」という。

その箱の中身のひとつに、乱発される博士学位がある。

小保方氏の早稲田「博士学位」は取り消されない
疑惑に包まれた小保方論文は、ネイチャー誌に発表されたものだけではない。今年3月、2011年に彼女が早稲田大学大学院に提出した博士論文にも疑惑が浮上、早稲田大学では調査委員会を設置、調査を続け、7月17日、その報告書を発表した。

酷評だった。

「信憑性は著しく低く、博士学位が授与されることは、到底、考えられない」

小保方氏の論文には、序文を含め大量のコピー&ペーストがあったのを始め、実験画像の盗用、意味不明の記述などがあり論文の体をなしていなかったという。

しかし、報告書は「学位取り消しの該当性は認められない」と、結論づけた。「論文は間違って草稿を提出したもので、真正な論文が別途存在する」として、後に提出された論文を認めたのだった。

調査委員長が小林英明弁護士で、他の調査委員は名前を明らかにされていない4人の教授。腰が引けている印象で、しかも、取り消さない理由として、「(博士号取得者の)社会的関係の多くを、基礎から破壊することになる」としており、最初から「不正の事実は指摘するが、博士学位は取り消さない」という結論が決まっていたかのようだ。

小保方氏が所属した早大大学院・先進理工学研究科の教授は、次のように解説した。

「コピペの横行、画像の盗用は、指導教授によって多少の違いがあるものの、博士論文に蔓延していることは、誰しも気が付いています。それが小保方問題で図らずも表出してしまった。本来、これを機に研究・教育現場を抜本的に解決すべきなのに、封印の方向に走っている」

もちろん、報告書は最終結論ではない。

先進理工学研究科の教授、准教授、講師など100名前後が集まって、報告書を参考に作成された「執行部案」を議論。それをもとに、9月末までには鎌田薫総長が最終決定を下すことになる。

しかし、たたき台となる報告書が、鎌田総長を始めとする大学上層部の“意向”を入れたもので、「そこには文部科学省の思惑も加味されている」(前出の早大教授)というのだから、小保方氏の博士学位を取り上げることは、現段階の想定では、なかろう。

笹井氏の自殺は、「性善説」をとる研究最前線の慣習が背景に
既視感がある。

私が、医師や研究者の論文に関心を持つきっかけは、製薬会社・ノバルティスファーマの薬事法違反事件であり、その取材過程で知り合った岡山大学薬学部の2人の教授が、臨床試験や論文で横行する不正を赤裸々に語ってくれた。

それを、本コラムで「データ改ざん、不正論文が次々発覚! 製薬業界と大学『癒着の構図』に切り込んだ2人の岡山大学教授の闘い」(2014年2月13日)と、題して配信した。

興味深かったのは、森山芳則薬学部長、榎本秀一副薬学部長の2人が、その実態に気付くきっかけは、大学院生の博士論文に疑問を感じたことだった。

調査した結果、実験も研究もろくに行わず、他人の論文を繋ぎ合わせただけのコピー論文が、博士号取得者を量産したい教授に指導された院生たちによって量産されていた。

調査結果に驚いた森山教授らは、2012年3月、それを報告書にまとめて森田潔学長に提出したものの、同月末、学長は森山部長を呼び出してこう伝えた。

「この問題は、これで終わりにしたい。これ以上、騒がないで欲しい」

疑惑の封印である。

背後に「研究の闇」を感じた両教授は、院生だけでなく大学病院長や教授らの論文も精査、28本もの不正論文が見つかった。

内部告発する両教授と、それを押しとどめようとする学長らの争いは続き、今年に入ってから民事刑事の争いに発展している。

早稲田大学の小保方論文疑惑を封印しようとする動きも同じだろう。論文不正が博士学位だけでなく、教授らにも波及、収拾のつかない事態になるのを怖れている。

だが、笹井氏の自殺は、他人のデータや論文は疑うのではなく信ずるところ始まる「性善説」に依り、精査しないという研究最前線の“慣習”がもたらしたともいえよう。

しかし、「パンドラの箱」は開いてしまった。画像やデータは改ざんされ、論文は盗用されるという現実を踏まえ、大学や理研などの研究最前線は、今後、不正が発覚すれば、それを指摘、論文の撤回、学位の取り消しといった厳しさを持つべきだろう。

でなければ、時間が経って、この問題が忘れられた頃、不正をもとにした研究がまかり通り、持ち上げられ、STAP細胞のような騒動が、再来するかもしれない。伊藤 博敏←引用終わり
Copyright (C) 2014 KODANSHA
Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

|

« 仲井真弘多(現)知事の三選出馬を歓迎し熱く支持する! 沖縄の公明党は明らかに腐りきっている! | トップページ | 「STAP細胞」研究不正で「理化学研究所・CDB」が全て否定される必要は無い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仲井真弘多(現)知事の三選出馬を歓迎し熱く支持する! 沖縄の公明党は明らかに腐りきっている! | トップページ | 「STAP細胞」研究不正で「理化学研究所・CDB」が全て否定される必要は無い! »