« 早稲田大学は英断を下し小保方晴子の「博士学位」取消し決定に踏み切り襟を正すか!? | トップページ | 「従軍慰安婦強制連行」でギャァギャァ騒ぎ立てた社民党福島瑞穂や民主党に共産党は責任をとれ! »

2014/08/09

「STAP細胞」研究不正で「理化学研究所・CDB」が全て否定される必要は無い!

理化学研究所・CDBは、何も「STAP細胞」研究だけに取組んでいるワケではない。
小保方晴子が「STAP細胞」研究で失態をみせ、笹井芳樹副センター長が自死したからと言って、CDBを解体したり解散する必要は全くない。

それなら、理化学研究所は一人の研究者の動向だけで全てが規定されてしまう個人商店に過ぎないという事になる。

そこまで日本の「先端生命科学研究」は稚拙ではない。
笹井氏を乗り越え、小保方を排除する研究能力を持つ人物が出てくる事だろう。
その時点まで足踏みするかも分からないが、それでも良いのではないか。
分かりもしない外野が騒ぎすぎである。
科学研究は手順に則り遅滞なく粛々と進められるのである。

引用開始→ 理研再生研 笹井氏研究室が存続、メンバー全員勤務希望
(神戸新聞NEXT 2014/8/9 07:10)

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長の死亡を受け、理研は8日、笹井氏が統括していた研究室について竹市雅俊センター長に統括役を兼務させ、存続させることを決めた。研究室のメンバー20人に意向を聞いた結果、全員が勤務継続を希望したという。

笹井氏の研究室は「器官発生研究グループ」と「ヒト幹細胞研究支援ユニット」。胚性幹細胞(ES細胞)を使い、世界で初めて脳の一部や目の網膜の立体組織を作り、他施設にも技術支援してきた。

理研によると、意向調査は竹市氏らが6日から実施。20~30代のメンバーが多く、笹井氏の自殺による動揺や不安の声は聞かれたが、臨床心理士らがケアに取り組み、8日まで連続して欠勤した人はいないという。

竹市氏の統括役兼務について、理研は「適任者で、センター長としてメンバーをサポートする責任もある」と説明する。ただ竹市氏は、STAP細胞論文問題を受けた理研改革委員会の提言でセンター長交代を求められており、一時的な兼務となる可能性もある。(金井恒幸)←引用終わり
Copyright 2014 神戸新聞社 All Rights Reserved.

|

« 早稲田大学は英断を下し小保方晴子の「博士学位」取消し決定に踏み切り襟を正すか!? | トップページ | 「従軍慰安婦強制連行」でギャァギャァ騒ぎ立てた社民党福島瑞穂や民主党に共産党は責任をとれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早稲田大学は英断を下し小保方晴子の「博士学位」取消し決定に踏み切り襟を正すか!? | トップページ | 「従軍慰安婦強制連行」でギャァギャァ騒ぎ立てた社民党福島瑞穂や民主党に共産党は責任をとれ! »