« 東京の誇り 神宮外苑の景観と環境をを崩す「新国立競技場」の建設案には徹底的に反対する! | トップページ | アルバイト職とはいえ分別もあるべき歳のオッサンが、オモチャの「鉄人28号」を万引きし逮捕に »

2014/08/18

シリアで日本人がイスラム国の軍事組織に拘束されたと大騒ぎするな放っておけ

日本人がシリアで「イスラム国」の軍事組織に拘束されたと!
残念だが、最悪の事態を迎えても悲しむ必要はない。
なぜかと言えば「個人の意志で渡航したカネ儲け」なのだから。

ウヨウヨ珍民やら右のヒトも珍民リベラルで騒ぎたい左のヒトも、
カネ儲けだとかボランティアだとか言って、
自らの意志で紛争地域へ入り、囚われの身になったワケで、残念だが仕方がない。
別に取り立てて同情する必要もない。
国内で、交通事故やら、変質者により落命させられるヒトも多いのだから・・・・・

引用開始→ 拘束の邦人、千葉の湯川さんか 「民間軍事会社」代表
(東京新聞2014年8月18日 14時00分)

シリア北部アレッポで、同国やイラクで活動するイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に拘束されたと伝えられた日本人男性は、千葉市の湯川遥菜さんとみられることが十八日午前分かった。

インターネットの投稿動画サイト・ユーチューブで、「ハルナ・ユカワ」と名乗る男性が、過激派とみられる集団から尋問を受けている様子が公開されている。

ブログによると、湯川さんは今年一月、民間軍事会社「ピーエムシー(PMC)」を設立。イラクやシリアへの渡航を繰り返していたという。

シリアの活動家によると、男性はアレッポ郊外での戦闘により負傷し、侵攻してきた「イスラム国」のメンバーに拘束された。

外務省は、隣国ヨルダンの大使館に現地対策本部を設置するなどして、情報収集と安否確認を急いでいる。現時点で、身代金の要求や犯行声明は届いていないという。

【カイロ=共同】内戦中のシリア北部アレッポで拘束された男性は、シリアの反体制派武装組織「イスラム戦線」に同行していたとみられることが十八日分かった。組織の地区幹部が共同通信の電話取材に応じた。男性は残したパスポートから湯川遥菜さん(42)とみられる。地区幹部は男性が過激派「イスラム国」との戦闘を十五日に取材に行き、拘束されたと証言した。

シリア人権監視団(英国)のアブドルラフマン代表は共同通信に、イスラム国は過去の外国人拉致で身代金を要求、今回も要求する可能性が高いとの見方を示した。

地区幹部によると、湯川さんは七月二十八日、トルコ南部キリスの国境からシリアに入国し、「現場リポートを書きたい」としてイスラム戦線に同行。八月十五日にイスラム戦線の部隊とイスラム国の戦闘を、カメラを持ち取材に行き、戦闘に巻き込まれて拘束された。地区幹部の元に残した荷物にはトルコ航空の搭乗券の半券も含まれていた。

イスラム教スンニ派の過激派のイスラム国は、イスラム教の他宗派を激しく敵視し「背教者」として殺害するなどしているが他宗教への姿勢はあまり明確ではない。(東京新聞)←引用終わり
Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

引用開始→ 軍事会社設立、シリア入りも=拘束の湯川さん
(2014年8月18日(月)12時37分配信 時事通信)

シリアで拘束されたとみられる千葉市の湯川遥菜さんは東京都内に民間軍事会社「ピーエムシー」を設立し、3月ごろにもシリアに入国していたという。

登記簿などによると、湯川さんは今年1月、資本金300万円で同社を設立。ホームページ(HP)には「国際民間軍事業、国外警護、紛争地域等での護衛」などを行う「民間軍事会社」と記載し、湯川さんは同社のCEOを務めていた。

同社の顧問で元茨城県議の木本信男氏(70)によると、湯川さんは以前、米国や英国から軍事物資を輸入し、自衛隊に納入する仕事に携わっていたという。シリアに入ったのは、3月ごろに続き、2度目とみられる。

湯川さんは、3月ごろのシリアの様子と思われる画像や動画などをブログに掲載しており、6月30日にも「イラク分裂危機2014 最前線!」とする動画を公開していた。

木本氏は「7月初めに、日本にいる湯川さんに電話し、『危険なところには二度と行かないように』と注意したのだが。会社が新しく、紛争地域での人脈や実績を作りたかったのではないか」と話した。

同社の登記簿上の所在地にあるビル(東京都江東区)には18日午前、報道陣が集まったが、ビルの関係者は「(男性の会社の名前は)登録されていない」と話した。←引用終わり
Copyright (C) 2014 時事通信社
©NIFTY Corporation

引用開始→ 過激組織、スパイ扱い=「悲劇的な結末」と投稿-千葉の湯川さんか・シリア
(2014年8月18日(月)12時42分配信 時事通信)

【カイロ時事】内戦が続くシリアの北部アレッポで日本人男性を拘束した可能性があるイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の関係者によるとみられる投稿が17日、インターネット上で相次いだ。男性は「米国のスパイ」とみなされて拘束され、「悲劇的な結末」を迎えたなどと記載されている。

ツイッターでは、イスラム国メンバーとみられる人物が「米中央情報局(CIA)のために働く日本人スパイが拘束された。冒険好きな写真家のように振る舞っていたが、悲劇的な結末を迎えた」と書き込んだ。別の投稿には「スパイの名前はユカワ・ハルナ。警備会社の責任者で、写真家ではない」と記載された。

一方、シリア国内とみられる場所で「ユカワ・ハルナ」を名乗る男性が額から血を流し、ナイフを突き付けられる姿を映した映像が動画サイト「ユーチューブ」に掲載された。
関係者によると、この男性は千葉市の湯川遥菜さんとみられる。

撮影した集団に対し、男性は「日本人だ。仕事で来た。写真家だ」などと主張。集団が「なぜ武器を持っているのか」と聞くと「死亡していた兵士から取った」と釈明している。

在シリア日本大使館(内戦激化のためヨルダンで業務中)は、引き続き男性をめぐる情報の真偽や安否について情報収集を続けている。←引用終わり
Copyright (C) 2014 時事通信社
©NIFTY Corporation

引用開始→ 捕虜交換で邦人解放目指す シリア反体制派幹部
(2014/08/18 17:04【共同通信】)

【カイロ共同】シリア北部アレッポで拘束されたとみられる湯川遥菜さん(42)=千葉市=について、同国北部で同行していた反体制派武装組織「イスラム戦線」の地区幹部は18日までに、自分たちが拘束している過激派「イスラム国」戦闘員との「捕虜交換」の形で湯川さんらの解放を目指していると述べた。

ただ、イスラム国からは回答など明確な反応はないという。

内戦が泥沼化するシリアではイスラム国やイスラム戦線などの反体制派が入り乱れ、反体制派間の戦闘も発生、イスラム戦線もイスラム国の戦闘員を捕虜にしている。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2014 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

|

« 東京の誇り 神宮外苑の景観と環境をを崩す「新国立競技場」の建設案には徹底的に反対する! | トップページ | アルバイト職とはいえ分別もあるべき歳のオッサンが、オモチャの「鉄人28号」を万引きし逮捕に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京の誇り 神宮外苑の景観と環境をを崩す「新国立競技場」の建設案には徹底的に反対する! | トップページ | アルバイト職とはいえ分別もあるべき歳のオッサンが、オモチャの「鉄人28号」を万引きし逮捕に »