« 神奈川県の土木行政の無作為と無責任 ナニを考えているのか | トップページ | 「二千円札」を忘れないため 流通量についての記事を遺しておこう »

2014/08/03

中国の工作員? アカラ・シモジモこと下地幹郎が沖縄県知事選挙に出るという!

どこまでも足を引っ張るクソ野郎だなぁ!
テメ~のようなクズが生きている事だけで、どれだけ国益を害しているって事か分かってんのか?
いつまでも「汚澤逸漏」の草履取りでもしてろよ!

急遽無の無能政治乞食のオバカが、諦めきれずに彷徨い出やがって。
石垣の空港利権くれてやったんだから、温和しく黙って死にやがれ!
普天間の「下地島」移転は無いんだよ!
「下地島」は戦略的に別の使い方があるんだよ。
政治乞食のバッキャロォ~には分からないんだろうがな。

とにかく、これ以上「沖縄の政治」を混乱させるんじゃぁネェよ!
テメ~がグッチャグッチャ言い始めてから、沖縄の保守層はずっと掻き回されてきたんだ。
中国のスパイっていうか工作員じゃないのか? そうだろう!
恥を知れよ!「ハジ」を! テメ~のアカラヅラが知事のヅラかよ!?

引用開始→ 沖縄知事選、下地元郵政改革相が正式に出馬表明
(讀賣新聞2014年07月31日 20時42分)

11月16日投開票の沖縄県知事選で、前衆院議員の下地幹郎しもじみきお・元郵政改革相(52)が31日、那覇市内で記者会見し、正式に出馬表明した。

知事選では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設の是非が焦点となる見通し。下地氏は会見で、「問題に終止符を打つためには、県民に判断してもらうのがいい」と述べ、当選した場合は、半年以内に辺野古移設の賛否を問う県民投票を実施し、結果に従って対応する考えを示した。

知事選を巡っては、現職・仲井真弘多なかいまひろかず氏(74)が3選を目指して出馬する意向を表明。辺野古移設に反対する翁長雄志おながたけし・那覇市長(63)も立候補の意向を固めている。←引用終わり
2014年07月31日 20時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« 神奈川県の土木行政の無作為と無責任 ナニを考えているのか | トップページ | 「二千円札」を忘れないため 流通量についての記事を遺しておこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県の土木行政の無作為と無責任 ナニを考えているのか | トップページ | 「二千円札」を忘れないため 流通量についての記事を遺しておこう »