« 小保方晴子の代理人・三木秀夫弁護士はあくまでも「駄賃を寄越せ」と談合ゴネ得を狙うだろう! | トップページ | 福島瑞穂は参議院議員を辞めろ! ブラック企業追究とか逃げ回らず 国家と国民に謝罪せよ »

2014/08/13

政府専用機は「B777-300」に決定 30%は日本製なんだから当然の事と考える!

現在の政府専用機(B747-400)が退役時期を迎える。
新しい機種選定を進めた結果、B777-300が選定された。
30%が日本製という点も含め様々な事由を考慮すれば当然の結果と受け止める。

近距離用の政府専用機の調達も同時に進めるべきと考える。
周辺国への閣僚(特に外務・防衛など)出張に民間定期便も良いが、政府専用機の活用を考慮すべきである。
それには何よりも開発中の「MRJ」が適している。
政府は真剣に検討すべきである。

引用開始→ 政府専用機の後継、B777に
(2014年8月12日(火)15時44分配信 共同通信)

政府は12日、皇室や首相の外国訪問などに利用している政府専用機の後継機種を、米大手航空機メーカー・ボーイングの「777―300ER」にすると発表した。同日開いた政府専用機検討委員会で正式決定した。政府専用機の機体整備を担う企業には全日空を選んだ。これまでは日本航空が請け負っており、全日空への委託は初めて。

後継機は2機体制で運用し、2019年度に導入される。

政府は後継機種の条件として
(1)米国東海岸へ直行可能
(2)貴賓室や執務室、機密情報をやりとりする通信機器と随行員などの座席の確保
(3)将来にわたり国内で機体整備ができる機種―を挙げていた。←引用終わり
Copyright (C) 2014 共同通信社
©NIFTY Corporation

|

« 小保方晴子の代理人・三木秀夫弁護士はあくまでも「駄賃を寄越せ」と談合ゴネ得を狙うだろう! | トップページ | 福島瑞穂は参議院議員を辞めろ! ブラック企業追究とか逃げ回らず 国家と国民に謝罪せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小保方晴子の代理人・三木秀夫弁護士はあくまでも「駄賃を寄越せ」と談合ゴネ得を狙うだろう! | トップページ | 福島瑞穂は参議院議員を辞めろ! ブラック企業追究とか逃げ回らず 国家と国民に謝罪せよ »