« 理化学研究所「STAP細胞」は再現できないと想定しつつ3月まで検証継続 マッ、いいかな!? | トップページ | 日本航空はMRJ32機の導入表明を行う! 飛べ日本の翼 日本の空を! »

2014/08/29

欲張りで懲りないロシア 実りの秋を前に いよいよウクライナへ本格侵攻を始めるか

国際社会が言おうが、ウクライナとロシアは一体なんだから、手放すものかと云う事に表明だ。
ウクライナも中々だけれど、ロシアも中々だ。
既に、モルドバがウクライナに倣って、ロシアからガスを買うのを止め、EUから買う事に転換すると発表したりしている。

ここがミソで、ウクライナもモルドバもEUからガスを買う(供給を受ける)って言ってみたところで、EUのガスは全てロシアのものだ。
ロシアはEUと包括協定を結びガスを大量供給している。
そのガスを、一旦EUが輸入し、逆流させてウクライナやモルドバへ供給する方法らしい。

ウクライナ危機が始まった最初、ロシアはウクライナへのガス供給を停止すると発表した。
「ロシアは、聞きしに勝る酷い事をするなぁ」と思っていた。
識者が教えてくれた事を言えば、
「そんなの関係ない」の一言だった。
でぇ、EUが買い入れたガスを逆流させて供給するって。
しかも、その単価はロシアから供給を受ける単価より「安い」って。
もうこれはオドロキそのものだった。

でも、ロシアの事だからEUへのガス供給を停止するとどうなるのだ!?
素朴に考えた。
それはできないのだと!
なにせ、ロシアのガス開発はEUの手によるため、EUがロシア内に強力な権益を持っており、その売却益でロシア経済は回っているのだから、EUへのガス供給を停止すれば、ロシアは自らの首を絞める事になる。
それって、石油産油国の経済構造と殆ど変わらないなぁと考える。

ウクライナを力尽くでねじ伏せない限り、ロシアの覇道も覇権も守れないから、ウクライナ東部へ本格的に武力侵攻する以外に途は残されていないのかも知れない。

引用開始→ ロシア軍1000人侵入か ウクライナ大統領「東部戦況が悪化」
(日本経済新聞2014/8/28 23:07)

【モスクワ=田中孝幸】ウクライナのポロシェンコ大統領は28日、同国東部ドネツク州での親ロシア派武装勢力との戦況が急速に悪化していると明らかにした。「ロシア軍の侵入が起こっている」とも明言し、同日から予定していたトルコへの外遊の中止を発表した。

ロイター通信によると北大西洋条約機構(NATO)軍当局者も同日、千人を超えるロシア軍部隊がウクライナで活動しているとの見方を示した。

親ロ派は新たにロシア側から大規模な支援を受け、反転攻勢を強めているもようだ。ウクライナ軍当局者は同日、東南部の港湾都市マリウポリ市周辺にロシア軍と親ロ派が迫っていると語った。同市が奪回されれば、戦況は一気に親ロ派優位に傾く可能性がある。

ドネツク州の親ロ派最高幹部は28日に放映されたロシア国営テレビのインタビューで、ロシア軍の現役兵士が義勇兵として政府軍との戦闘に参加していることを認めた。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 理化学研究所「STAP細胞」は再現できないと想定しつつ3月まで検証継続 マッ、いいかな!? | トップページ | 日本航空はMRJ32機の導入表明を行う! 飛べ日本の翼 日本の空を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 理化学研究所「STAP細胞」は再現できないと想定しつつ3月まで検証継続 マッ、いいかな!? | トップページ | 日本航空はMRJ32機の導入表明を行う! 飛べ日本の翼 日本の空を! »