« 日本国政府はローマ法王とバチカン市国に事実誤認と強く抗議しろ! カトリックは打倒すべきだ! | トップページ | 朝日新聞は心にも無い事を無理して謝罪しなくて良いから日本国民の支持を失い潰れて消え去れ! »

2014/08/20

米国は、他国の領土領海で戦争を仕掛ける 決して米国本土を戦場にする事は無い だから嫌われる

米国は出張って他国を戦場にする。
それに関与しようとする者がいる。
時に民間軍事関係者であったり、自称ジャーナリストであったり、写真家であったり、自らの生命を賭して関与したがる。

しかしそれは戦争の当事者にされた者には、お気楽で脳天気な傍観外国人にしか見えない。
だから実際には目障りなのである。
気の良いヤンキーは、いろいろとアレコレ口を差し挟み指図したがる。
時に自らの経験値を自慢気に話たがり、環境条件の違う者にはオモシロくない。

米国がというか米軍が民間の傍観者を含め、各地で繰り返す失敗の素になる。

宗教に対し寛容であるべきだと思うが、
それは建前にしか過ぎず、オソロシイまでに自らの価値観を押しつけたがる。
結果は、強い反感を持たれ、あるいは憎しみに変わる事がある。

引用開始→ イスラム国、米国人の「処刑」映像を公開…米紙
(讀賣新聞2014年08月20日 09時25分)

【ワシントン=井上陽子】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは19日、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、米国人の男性ジャーナリストを「処刑」する映像を公開したと報じた。

米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は同日、この映像について「もし本物であれば、無実の米国人ジャーナリストの残忍な殺害にがくぜんとする」との声明を出し、現在、米情報機関が映像が本物であるかどうかを確認中だとした。

同紙によると、映像は「米国へのメッセージ」というタイトルで、投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された。男性はフリーランスのジャーナリストで、2012年11月から消息を絶っていた。映像では、イスラム国のメンバーが、男性の処刑は、オバマ大統領による空爆への報復だと述べている。また、映像には別の米国人男性がひざまづく様子もあり、メンバーが「この米国人の命はオバマの次の決断にかかっている」と述べている。←引用終わり
2014年08月20日 09時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« 日本国政府はローマ法王とバチカン市国に事実誤認と強く抗議しろ! カトリックは打倒すべきだ! | トップページ | 朝日新聞は心にも無い事を無理して謝罪しなくて良いから日本国民の支持を失い潰れて消え去れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本国政府はローマ法王とバチカン市国に事実誤認と強く抗議しろ! カトリックは打倒すべきだ! | トップページ | 朝日新聞は心にも無い事を無理して謝罪しなくて良いから日本国民の支持を失い潰れて消え去れ! »