« 北朝鮮の子ブタ・金正恩に重病説が流れている! 果たしてどこまで正確なのか タメにするネタか? | トップページ | 「御嶽山噴火」日本は火山国なんだ! »

2014/09/27

宇沢弘文先生のご逝去を悼み 深甚より「ご冥福をお祈り申しあげます」

昨日、報じられ宇沢先生のご逝去を知りました。
心より、ご冥福をお祈り申しあげます。

日本経済新聞は春秋で宇沢先生を碩学としています。
まさに碩学でありました。
米国から戻られた新進気鋭の頃は、日本の経済学を論じる「泰斗」でありました。
宇沢先生が繰り出される、その議論から多くを気づかされ、学ばせて頂きました。
人をご覧になるとき熱い心をお持ちになる方でした。
数々の御礼を込めて「ありがとうございました」。

引用開始→ 春秋
(日本経済新聞2014/9/27)

 この碩学(せきがく)にして人前であがることがあった。86歳で死去した経済学者の宇沢弘文さんが1983年に文化功労者になり、昭和天皇に招かれて話をしたときである。「ケインズがどうの、だれがどうした」。そのうち自分でもわけが分からなくなってしまったのだという。

▼すると天皇が身を乗り出してきた。「キミ。キミは経済、経済と言うけれども、要するに人間の心が大事だと言いたいんだね」。その言葉に電撃的なショックを受け、目がさめた思いがした、と本紙の「私の履歴書」で振り返っている。人間の心を大切にする経済学は、宇沢さんの研究を貫く芯になったテーマでもあった。

▼公害問題にのめり込み、水俣では水俣病の研究、治療に尽くした医師・原田正純さんと親交を結んだ。重篤な患者が原田さんを見るとじつにうれしそうな顔をして、はいずって近づこうとする姿に感動した。経済の繁栄と一人ひとりの生活の落差を目の当たりにし、解決の道を探るための経済理論づくりを進めたのである。

▼米国で研究生活を送ったのは平和運動、ベトナム反戦運動が盛んなころだった。ともに運動に関わった同僚が知らぬ間に大学を解雇されたりした。知人に連れられてよく集会に行き、歌のうまい女子高校生に感心した。のちに日本でもよく知られたフォーク歌手のジョーン・バエズである。人間臭さにも満ちた生涯だった。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 北朝鮮の子ブタ・金正恩に重病説が流れている! 果たしてどこまで正確なのか タメにするネタか? | トップページ | 「御嶽山噴火」日本は火山国なんだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮の子ブタ・金正恩に重病説が流れている! 果たしてどこまで正確なのか タメにするネタか? | トップページ | 「御嶽山噴火」日本は火山国なんだ! »