« スコットランドの独立投票 日本人は全くの部外者ながら成り行きは興味深い | トップページ | 民主党の新執行部人事ですが、ア~ァ、昔の名前で出て来ます! »

2014/09/16

山口淑子(大鷹淑子)さん山口洋子さん 続けて惜しい二人の貴重な人材を亡くした

人は誰しも重ねる歳には勝てないのだから、仕方が無いとはいえ、何かどこか惜しい気持ちが・・・・・
それなりに時代を表徴されたお二人だった。

ただただ、心からご冥福をお祈り申しあげます。

引用開始→ 山口洋子さん死去 「よこはま・たそがれ」の作詞家、直木賞作家 男女の性愛濃密に
(夕刊フジ2014.09.16)

15日、77歳で死去していたことが明らかになった作詞家で直木賞作家の山口洋子(やまぐち・ようこ)さん。「よこはま・たそがれ」の大ヒットで一躍スターとなった歌手、五木ひろし(66)にとって、独特の歌唱スタイルをも生み出すきっかけとなったのが山口さんだった。五木は恩師の死に「もう一度詞を書いていただきたかった…」と絶句した。

山口さんは6日未明、呼吸不全のため東京都内の病院で死去。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は妹、安原多恵子(やすはら・たえこ)さん。

京都女子高を中退、東映ニューフェースとして女優デビュー。19歳で、東京・銀座に高級クラブ「姫」を開業。映画スターや作家、スポーツ選手が通う人気店となった。

クラブ経営の傍ら作詞を始め、1971年に五木が歌った「よこはま・たそがれ」が大ヒット。体言止めを多用した歌詞が評判を呼んだ。五木とのコンビで「夜空」「千曲川」などのヒット曲のほか、中条きよし(68)の「うそ」や石原裕次郎さんの「ブランデーグラス」も手掛けた。

80年代には小説の執筆を始め、85年に「演歌の虫」と「老梅」で直木賞受賞。クラブでの体験をヒントに、男女の濃密な恋愛や仕事に命を懸ける男たちを描いた。エッセイストとしても活躍し「あなたのセックスわたしのセックス」など男女の性と向き合った著書を多く残した。野球ファンとしても知られる。

実力はありながら、鳴かず飛ばずだった五木は70年、オーディション番組「全日本歌謡選手権」で10週勝ち残り、グランドチャンピオンになったことをきっかけに、審査員だった山口さんのプロデュースで、キックボクシング・ジムだった野口プロモーション(野口修社長)と契約。

拳を握りながら、腰をふる独特の歌唱スタイルは、同じ事務所のキックボクサー、沢村忠のファイティング・スタイルから生まれたという。山口さんとの出会いがなければ今の五木はなかった。

五木は「僕を世に送り出してくれた“生みの親”。こうして歌っていられるのは山口さんのおかげ」と声を振り絞り「今は『ありがとうございました』の言葉しか見つからない。歌手を続ける限り、感謝の気持ちで歌い続けたい」と語った。

「豊かな感性感じられた」
音楽評論家・反畑誠一さんの話 「豊かな感性が感じられる歌詞だった。とりわけ男女の関係を色濃く描いた作品が多く、現実味を帯びていた。東京・銀座のママとして、男性と女性がいる現場を具体的に見聞きしたことが生かされたのではないか。体言止めでつづった「よこはま・たそがれ」など、歌詞には独特のアイデアが見られた」

「もっと書いてほしかった」
山口さんが作詞した「もう一度逢いたい」で日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を獲得した八代亜紀(64)の話 「最近はお会いできていなかったのですが、昭和の時代を一緒に歩ませていただいた先生でした。非常に女心を巧みに表現される方で、歌う上で非常に勉強になりました。とても素晴らしい歌詞を書かれる先生でしたので、もっともっと書いてほしかったです」←引用終わり
Copyright © 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

引用開始→ 李香蘭、山口淑子さんをしのぶ 2つの祖国で苦悶の94年間
(夕刊フジ2014.09.16)

今月7日、94歳で亡くなった元参院議員で女優の山口淑子(やまぐち・よしこ、本名・大鷹淑子=おおたか・よしこ)さん。旧満州のスター李香蘭として知られ、昭和とともに激動の人生を歩んだ彼女は、祖国日本と、生まれ育った中国のはざまで苦しみ続けていた。

山口さんは7日午前、心不全のため、東京都千代田区の自宅で死去。元秘書で千葉県市川市議の寒川一郎氏(78)が最後に会ったのは8月中旬。「大変だけど頑張れ」と激励された。

戦時中「李香蘭」として日中で活躍。終戦を上海で迎えた彼女は、日本に協力した中国人として死刑になりそうになったが、日本人であることが証明され、国外追放処分となった。

寒川さんは中国での出来事が忘れられない。宿泊地だった上海競馬場の近くのホテルで「外へ出て眺めでも…」と誘ったが、「昔、そこで銃殺されそうになった場所だから出ません」と話した山口さん。「今でもあのときの山口さんが目に浮かびます」と寒川さん。

演劇評論家の石井啓夫氏は、劇団四季のミュージカル「李香蘭」での記者会見が強く記憶に残る。舞台は中国人の群衆が「殺せ、殺せ、李香蘭を殺せ」と叫ぶシーンから始まるが、山口さんは胸が締め付けられる思いで耐えていたという。

「主演の野村玲子さんに『私の重荷を半分ぐらい背負ってくださっているので気持ちが少し軽くなりました』と話す山口さんに、その苦しみの深さを感じました。本当の意味で昭和の歴史が終わったということでしょうね」と石井氏。

また一人、昭和の記憶が失われた。←引用終わり
Copyright © 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« スコットランドの独立投票 日本人は全くの部外者ながら成り行きは興味深い | トップページ | 民主党の新執行部人事ですが、ア~ァ、昔の名前で出て来ます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スコットランドの独立投票 日本人は全くの部外者ながら成り行きは興味深い | トップページ | 民主党の新執行部人事ですが、ア~ァ、昔の名前で出て来ます! »