« ローソンは「成城石井」を買収し傘下に収め高級食品スーパー事業の展開へ | トップページ | 創造と消費の違いや産業と趣味の違いが分からないバカ教員が教えバカの拡大再生産が限りなく続く »

2014/10/01

MSが快適使用を目指す「WIN10」 1年後には発売へ! またカネが要るなぁ!?

改良版の「OS」が最初に出ると、いろいろ批判や評価が出るものだ。
その声を丁寧に拾う事で、次の製品開発に生きれば、素晴らしい事でもある。

「WIN XP」がそれなりに優秀だった事もあり、「WIN VIS」は最低の評価だった。そして満を持したように発売した「WIN7」も散々な評価と感情的なまでにイヤミを言われた。
それを受け、MSは起業の存亡に関わると「WIN8」へ改良し、更に「WIN8・1」をリリースした。

一度に何もかもできないが「WIN10」の開発に取組み、ほぼ目処を得たようである。
多くのニーズを酌み取り反映したという事だろう。
「OS」の開発は長期戦だ。それで多くの利用者の満足が高まり安全が強化されるなら良いのではないか。

引用開始→ 「ウィンドウズ10」公開、PCでより使いやすく
(日本経済新聞2014/10/1 8:01)

【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフト(MS)は9月30日、開発中の次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を公開した。法人市場を意識し、現行の「8」に比べて、パソコン(PC)での使い勝手を向上させた。10月1日から企業のIT(情報技術)担当者らを対象に試験版の提供を始め、外部の声を最終製品に反映させる。来年半ばをメドに発売する計画だ。

サンフランシスコ市内で開いたイベントで、OS担当のテリー・マイヤーソン上級副社長らが披露した。「ウィンドウズ9」ではなく、1つ飛ばして「10」にした理由について、同氏は「まったく新しい世代のウィンドウズ」の名称として「よりふさわしい」と述べた。

1日から提供する試験版は英語とポルトガル語、中国語のみで、日本語への対応時期は未定だ。30日のイベントでは、価格や販売手法は明らかにしなかった。

2012年10月に発売した「8」は、タブレット(多機能携帯端末)に対応させるため、タッチ操作がしやすい画面デザインや技術を採用した。ただ、PCでの使い勝手が悪くなったとの指摘を受け、翌年には改良版を出していた。

「10」では「7」までおなじみだった「スタートメニュー」が復活した。「8」で評判がよかった「ライブタイル」と呼ばれる機能を組み合わせた。複数のファイルやソフトをボタン1つで一覧表示したり、画面いっぱいに4分割表示したり、デスクトップPCでの利用を想定した新機能を盛り込んだ。

ウィンドウズはこれまで、PC・タブレット向けとスマートフォン(スマホ)向け、家庭用ゲーム機「Xbox」向けなど複数のバージョンがあったが、「10」ではこれらを一本化した。外部の開発者は1つのアプリ(応用ソフト)を作れば、すべてのウィンドウズ端末で利用できるようになる。←引用終わり
Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ローソンは「成城石井」を買収し傘下に収め高級食品スーパー事業の展開へ | トップページ | 創造と消費の違いや産業と趣味の違いが分からないバカ教員が教えバカの拡大再生産が限りなく続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローソンは「成城石井」を買収し傘下に収め高級食品スーパー事業の展開へ | トップページ | 創造と消費の違いや産業と趣味の違いが分からないバカ教員が教えバカの拡大再生産が限りなく続く »