« ノーベル平和賞 マララ・ユスフザイさんとカイラシュ・サティアルティさんが受賞! | トップページ | エール大学名誉教授 浜田宏一センセ 法人税減税を求めて吼える 消費税増税は潮目を観よと »

2014/10/12

超巨大台風19号 沖縄本島を通過し 現在 奄美大島を暴風雨に巻き込み北進中とのこと

被害が小さく少ない事を願っている。
間もなく、東へ進路を変え九州南部から四国を横断し近畿の南部へ上陸するようなコース取りをしているようだ。

気象庁によると海水温が比較的高い事もあり「台風19号」は依然強い勢力を保ち、時速15キロ程度の自転車並みの速度で移動しているという。
長い時間にわたり「暴風雨」に曝されるともいえる。

気象庁と各地の気象台は、早い時期に「非難情報」を出し、それを受け各自治体は驚く程早く「避難命令」を出している。
(これは、各地で大量降雨による土砂災害が発生し厳しく非難された事を受けた事への対抗措置として事前に講ずるためだろうが)

夜半以降、深夜から未明にかけては避難できないだろうから、それで良いのかもしれないが、判断は物凄く難しいと思わず考えてしまう。

引用開始→ 台風19号 沖縄・奄美暴風域に
(NHKニュース2014年10月12日13時07分)

大型で強い台風19号は、沖縄や奄美を暴風域に巻き込みながら北上しています。
九州南部でも12日は非常に激しい雨とともに非常に強い風が吹く見込みで、気象庁は暴風や高波などに警戒を呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、大型で強い台風19号は沖縄本島地方と奄美地方を暴風域に巻き込みながら、12日午後1時には鹿児島県の奄美大島の西、250キロの海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の北東側280キロ以内と南西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風の動きが遅いため、沖縄本島では11日朝から丸1日以上暴風域に入り続けています。
鹿児島県錦江町では12日正午前に30.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
また、九州南部には発達した雨雲がかかり、局地的に雨が強まっています。

台風は強い勢力を保ったまま、13日にかけて九州南部に接近し、その後、進路を東よりに変えて、西日本や東日本などに近づくと予想されています。

13日にかけての最大風速は奄美地方と九州、四国、それに近畿で30メートルから35メートル、沖縄で28メートル、東海で25メートルで、最大瞬間風速は35メートルから50メートルに達する見込みです。

沖縄・奄美や九州南部ではすでに猛烈なしけになっているほか、12日は九州から東海にかけての太平洋沿岸で猛烈なしけとなる見込みです。

また、九州南部では12日は1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るほか、13日は九州南部をはじめ、西日本から東日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

13日の昼にかけて降る雨の量はいずれも多いところで九州南部で400ミリ、四国で250ミリ、奄美地方と九州北部で200ミリ、東海で150ミリ、近畿で120ミリと予想されています。

さらに13日昼から14日昼までの雨量は、いずれも多いところで東海で300ミリから500ミリ、四国と近畿、それに関東甲信で300ミリから400ミリ、中国地方と北陸で200ミリから300ミリ、九州で100ミリから200ミリと予想されています。
気象庁は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水などに警戒するとともに今後、台風が近づく地域では早めに対策をとるよう呼びかけています。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« ノーベル平和賞 マララ・ユスフザイさんとカイラシュ・サティアルティさんが受賞! | トップページ | エール大学名誉教授 浜田宏一センセ 法人税減税を求めて吼える 消費税増税は潮目を観よと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノーベル平和賞 マララ・ユスフザイさんとカイラシュ・サティアルティさんが受賞! | トップページ | エール大学名誉教授 浜田宏一センセ 法人税減税を求めて吼える 消費税増税は潮目を観よと »