« オスプレイの整備拠点を陸上自衛隊木更津駐屯地で受け入れると森田健作 千葉県知事! | トップページ | 小笠原諸島沖の領海へ海保の巡視船を増派する、と国土交通省! »

2014/11/03

中国船による小笠原諸島沖合(領海)での「さんご密漁」は海上警備発動で「警告」すべき段階だ!

日本は、世論を気にし過ぎる。
明らかに領海内で、組織的密漁(強奪)が堂々と繰り広げられているのを眺めているだけか。
検挙し裁判にかければ、オバカ裁判官が「無罪」判決を出し釈放する。
こんな馬鹿な事を繰り返していると、国家主権だのとか言ってみたところで「画に描いた餅」に過ぎない

中国人はヒトとしての教育が無いのだから、口で説いて理解するワケじゃ無い。
「馬耳東風」なのだから、躰で覚えさせないと理解しない。
この程度の阿呆を制御し統治しなければならぬのだから、ある意味では「中国の政府」にも同情するが。
それはアマエらの宿痾なんだから。
教育制度も整備できず、阿呆の拡大再生産しかアタマにない、狂惨党の政策結果なんだから、他国へ侵入し他国の海洋資源を強奪する者を処罰する責任を問われるのは当たり前だ。

中国の漁民ほど頭の悪い強欲で強情なのはいない。
「他人の嫌がる事はしない」「他人のモノは盗まない」、これはヒトとしての基本なんだ。

引用開始→ 中国サンゴ船団、日本の海上警備挑発か 専門家「単なる密漁と思えぬ」
(産経新聞2014.11.3 10:00)

200隻以上に膨れあがった小笠原・伊豆諸島沖での中国のサンゴ密漁船団について、専門家からは「単なる密漁目的ではなく、日本の海上警備態勢への挑発ではないか」といった見方が浮上している。

小笠原諸島沖で今秋増加した中国漁船によるサンゴ密漁は、中国近海での採取禁止や沖縄周辺での海上保安庁の警備強化が背景にあるとみられる。海保の佐藤雄二長官は「一獲千金を狙った違法な操業だ」と述べ、中国公船の航行が常態化している尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での海洋権益拡大に向けた動きとは別との認識を示す。

ただ、小笠原諸島沖では約30年前にも台湾漁船によるサンゴの密漁が横行した時期もあったが、古参のサンゴ販売業者は「今回は船団が異常に多い。取り合いになって行き帰りの燃料代が回収できないリスクもあるのに…」と船団の急増に首をかしげる。

東海大の山田吉彦教授(海洋政策)も「数十隻ならまだしも、200隻以上に増えれば単なる密漁目的とは考えにくい」と指摘。中国漁船が領海に侵入し、島から見える距離まで大胆に近づいている状況などから「日本の海上警備態勢への挑発の意味合いもあるのでは。現状を国際世論に訴え、中国側にサンゴ密漁をやめさせるよう圧力をかけるべきだ」と話している。

漁業関係者の間では、小笠原諸島沖で中国漁船が領海侵入を繰り返すことで、尖閣諸島の領海警備態勢に揺さぶりをかける狙いを指摘する向きもある。←引用終わり
c2014 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

|

« オスプレイの整備拠点を陸上自衛隊木更津駐屯地で受け入れると森田健作 千葉県知事! | トップページ | 小笠原諸島沖の領海へ海保の巡視船を増派する、と国土交通省! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オスプレイの整備拠点を陸上自衛隊木更津駐屯地で受け入れると森田健作 千葉県知事! | トップページ | 小笠原諸島沖の領海へ海保の巡視船を増派する、と国土交通省! »