« 「中国の住宅バブルは弾ける」予測はどこまで正確か!?願望は実現するか?その結果と損失は? | トップページ | 大学入試の改革案 真剣に取り組む時期かと 世界で競争し闘える日本人材の長期的育成を! »

2014/12/29

消息不明のエア・アジア機はスラバヤ海の海中深くに沈んだ可能性があるという!?

よく分からない、全く分かりません。
しかし海流がぶつかり合う地点の海溝に墜落したとすれば、海流の圧力を受け続け機体の部品や遺留品が浮上する事は無いのかも知れない。

この種の事故を想定しているのかどうかすら分からない。

おそらく時間の経過、あるいは消息不明になった時の飛行高度などを考えると、悲しいですが生還はあり得ないでしょう。
図らずも事故に巻き込まれ落命された皆様の「御霊に、安らかにお眠り下さい」としか申し上げる言葉がありません。

一日も早い原因究明(想定でも仕方無し)を行い、安全対策を講ずべきかと考えます。
度重なるマレーシア機の事故という事で、ネット上では「陰謀説」などが流布されていますが、その種の事を今の時点で議論してみても大きな意味は得られないと考えます。
それより大切な事は、ご遺族へのケアが何より優先される事ではないかと。
またLCC各社も運航の安全総点検を自主的に為すべきではないですか。
安全を軽視した「安ければ善い」という時代は終わりを告げるべきです。

引用開始→ 不明エアアジア機、「海底に沈んだ可能性」と捜索当局
(AFP=時事/AFPBB News 2014/12/29 1300)

【AFP=時事】(一部更新)乗客乗員162人を乗せてインドネシアのスラバヤ(Surabaya)からシンガポールへ向かう途中で消息を絶ったエアアジア(AirAsia)機について、インドネシア当局の捜索責任者は29日、機体は海底に沈んでいる可能性が高いとの見解を示した。

記者会見で、この捜索責任者は「われわれが得た座標と、墜落地点が海上だとの推定から、機体は海底にあることが推測される」と説明した上で、「これは初期の推定結果であって、捜索を続ける中で変わる可能性もある」と述べた。

インドネシア当局は海底からの機体の回収に必要な潜水艇などの装備を所有していないため、捜索協力を申し出た英国やフランス、米国から借りる方向で調整中という。

行方が分からなくなっているのはエアアジアのエアバス(Airbus)A320-200型機で、28日、悪天候のため航路変更の許可を求めた後に消息を絶った。マレーシアの航空会社の航空機が消息を絶ったのは今年3度目。←引用終わり
【翻訳編集】AFPBB News
c 2014 MicrosoftMicrosoft

|

« 「中国の住宅バブルは弾ける」予測はどこまで正確か!?願望は実現するか?その結果と損失は? | トップページ | 大学入試の改革案 真剣に取り組む時期かと 世界で競争し闘える日本人材の長期的育成を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「中国の住宅バブルは弾ける」予測はどこまで正確か!?願望は実現するか?その結果と損失は? | トップページ | 大学入試の改革案 真剣に取り組む時期かと 世界で競争し闘える日本人材の長期的育成を! »