« 起業家を育てる環境形成や地域の決意を考えるヒント | トップページ | いよいよ狂う日本「クールジャパン機構」は博多のラーメン屋「一風堂」へ7億円投資! »

2014/12/09

衆議院議員総選挙の投票日前ですがNHKの世論調査では投票意志を示す数値は3%低下とか!?

どう影響するでしょうねぇ。
野党各党の為体も作用してか事前予測と徐々に乖離しつつあります。
その点で極めて興味深い展開になっています。

既に選挙後の「デフォルト」が予想される政党もあるようです。
また、最小候補数で終わっている極小政党擬きが政権党と同じく扱われ、終わった人物が偉そうに支離滅裂な主張を、丸眼鏡の奥から繰り出すのを見せられ聞かされると思わず笑い転げます。
日本は本当に原則平等ですねぇ、10年前に終わり前の選挙では完全に破綻してますけど。

師走の恒例風景になるのでしょうかねぇ。

引用開始→ 「投票に必ず行く」「期日前投票した」3ポイント低下
(NHKニュース2014年12月8日19時18分)

NHKの世論調査によりますと、今月14日に投票が行われる衆議院選挙について、投票に「必ず行く」と答えた人と、「期日前投票をした」と答えた人は、合わせて61%で、前回・おととしの衆議院選挙の同じ時期と比べて、3ポイント低くなっています。

NHKは、今月5日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは、1996人で、68%に当たる1348人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、1週間前に行った調査に比べ、1ポイント上がって47%でした。
一方、「支持しない」と答えた人は、2ポイント上がって38%でした。

今月14日に投票が行われる衆議院選挙について、投票に行くかどうか聞いたところ、
「必ず行く」と答えた人と、「期日前投票をした」と答えた人は、合わせて61%で、
前回・おととしの衆議院選挙の同じ時期と比べて、3ポイント低くなっています。
また、「行くつもりでいる」が前回の選挙の同じ時期より3ポイント高い28%だったほか、
「行くかどうかわからない」は7%、
「行かない」は3%で、ともに前回の選挙と同じでした。

今回の衆議院選挙に、どの程度関心があるか尋ねたところ、
「非常に関心がある」は26%で、
前回の選挙の同じ時期と比べて14ポイント低くなっています。
また、「ある程度関心がある」が46%、
「あまり関心がない」が21%、
「まったく関心がない」が3%でした。

投票にあたって最も重視することを、
6つの政策課題を挙げて尋ねたところ、
「社会保障制度の見直し」が30%、
「景気対策」が28%、
「財政再建」が12%、
「原発への対応」が9%、
「外交・安全保障」が8%、
「東日本大震災からの復興」が4%でした。

安倍総理大臣が、今回、衆議院の解散・総選挙を決めたことを評価するかどうか聞いたところ、
「大いに評価する」が6%、
「ある程度評価する」が25%、
「あまり評価しない」が37%、
「まったく評価しない」が27%でした。

安倍内閣の経済政策について尋ねたところ、
「大いに評価する」が6%、
「ある程度評価する」が42%、
「あまり評価しない」が31%、
「まったく評価しない」が14%でした。

安倍総理大臣が示した、消費税率の引き上げを1年半延期し、
平成29年4月に税率を10%に引き上げるという方針に、賛成かどうか聞いたところ、
「賛成」が28%、
「反対」が29%、
「どちらともいえない」が39%でした。

安倍内閣の外交・安全保障政策について尋ねたところ、
「大いに評価する」が11%、
「ある程度評価する」が42%、
「あまり評価しない」が28%、
「まったく評価しない」が11%でした。

今回の選挙で、自民・公明両党が衆議院の過半数の議席を獲得するのが望ましいと思うかどうか聞いたところ、
「望ましい」が22%、
「どちらかといえば望ましい」が29%、
「どちらかといえば望ましくない」が23%、
「望ましくない」が18%でした。

国会の中に、自民党に対抗できる勢力を持った野党ができることを、期待するかどうか尋ねたところ、
「大いに期待する」が32%、
「ある程度期待する」が37%、
「あまり期待しない」が18%、
「まったく期待しない」が7%でした。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ NHK世論調査 各党の支持率は
(NHKニュース2014年12月8日19時40分)

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、
自民党が38.1%、
民主党が11.7%、
維新の党が3.7%、
公明党が5.9%、
次世代の党が0.1%、
共産党が4.3%、
生活の党が0.3%、
社民党が0.9%、
「特に支持している政党はない」が26.3%でした。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« 起業家を育てる環境形成や地域の決意を考えるヒント | トップページ | いよいよ狂う日本「クールジャパン機構」は博多のラーメン屋「一風堂」へ7億円投資! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 起業家を育てる環境形成や地域の決意を考えるヒント | トップページ | いよいよ狂う日本「クールジャパン機構」は博多のラーメン屋「一風堂」へ7億円投資! »