« フランスも当然とはいえ 「イスラム過激派」という実に困難な問題を抱え込んだものだ | トップページ | 情けない! 佐賀県知事選挙で樋渡の得票は「改革」と言やぁ支持を集め勝てると考えたか? »

2015/01/11

誰が発泡酒を仕掛け囃し立てたのか 日経も調子に乗って発泡酒を褒めちぎったのではないのか?

ビール系飲料の「デフレ要因」の一つは、
ビール擬きと考える「発泡酒ビール」じゃなかったのか?

それをベルギー産ビールだと言って、今は無き「ダイエー」が「ビール」の消費価格を下げると仕掛けたものの、余りにも不味く最初は誰も相手にしなかったのを、何やら4大ビール会社に働きかけ、酒税の低さを煽り立て、実に低質なビール擬き「発泡酒ビール」を流通させた犯人は誰だ。

その頃は、メディアも挙って「美味い」「安い」と煽り立てていたじゃないか。
そういう風にして、価格崩壊を招き、それをまた囃し立てていたのは誰だ?

キリンは、「ハートランド」と「一番搾り」で対抗、サッポロは「エビス」を守り抜き、サントリーは「プレミアモルツ」で、正統派の維持に取り組んでいた。
唯一ゼニゲバのバカ会社は素知らぬヅラだったが、他社の売れ行きを眺め最後はプレミアムシリーズに参入し、またもや価格競争を仕掛けている。
所詮は、「B級グルメ」のスポンサーではしゃぎ回る低次元会社だけの事はあるな。

ビール会社は、一般論としての寡占事業だから「当たり市場」へ対応し参入しないと、日経を始めとするメディアから叩かれる。こんな事を繰り返し今日に至る「デフレ」要因を形成したのだ。その反省も無く日本経済新聞は11日の朝刊「春秋」で、明治の頃に交わされた「ビール市場」を巡る一件を他人事のように紹介している。

まぁ、ビジネスで成功するには、上手く参入障壁を設ける事である。
それに加え、大切な事は「質を落とさず」だろう。
安くするには質を下げる事が不可欠だろう。
それで誰か上手くいったかな?
勿論、それで成功を手にした人も大勢いるのだけれど、取り残された側(者)は自己責任とは言え「塗炭の苦しみ」に沈没させられている。

その意味を考えるために、11日の「春秋」は役立つのではないか?

引用開始→ 春秋
(日本経済新聞2015/1/11)

ビール競争の歴史は古い。明治に入るや輸入品が広がり始め、横浜には外国人が相次ぎ醸造所を設けた。後にサッポロビールになる「開拓使麦酒醸造所」も参戦する。札幌にできた官営工場だ。「ぷはっとうまい 日本のビール面白ヒストリー」(端田晶著)に詳しい。

▼官営工場の売りは中川清兵衛という技師が本場ドイツで学んだ醸造技術だった。低温でじっくり発酵、熟成させ、「冷製麦酒」と銘打つ。効能書きも工夫するよう北海道開拓使長官、黒田清隆から指示があり、「胃を健やかにする」とうたった。本当は食欲増進くらいだそうだが商品の価値を上げたい一心だったのだろう。

▼意外なのは、技術に通じていた外国人経営の醸造所が成功しなかったことだ。米国人が創業した酒造場とドイツ人が興した醸造所は500メートルも離れていなかったため、互いに対抗意識を強め、安売り合戦に突入する。共倒れを防ぐため合併したが、仲たがいし最終的に倒産に至った。価格競争が不幸な結末の始まりだった。

▼ビール大手4社の今年の事業計画では、どこも独自製法や高品質原料の製品に力を入れる。高級ビールの競争は激しさを増す。問題は値段の戦いに陥らずに済むかどうかだ。日本のビールの歴史を振り返れば、技術を安売りしないことは草創期からの課題だった。各社の知恵やいかに。デフレから抜け出るためにも注目だ。←引用終わり
Copyright c 2015 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« フランスも当然とはいえ 「イスラム過激派」という実に困難な問題を抱え込んだものだ | トップページ | 情けない! 佐賀県知事選挙で樋渡の得票は「改革」と言やぁ支持を集め勝てると考えたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスも当然とはいえ 「イスラム過激派」という実に困難な問題を抱え込んだものだ | トップページ | 情けない! 佐賀県知事選挙で樋渡の得票は「改革」と言やぁ支持を集め勝てると考えたか? »